[CML 005509] Re: 小野洋子の言葉

Keyko Sato j-y-k-s at mx3.nns.ne.jp
2010年 9月 4日 (土) 23:52:51 JST


萩谷さん、田口さん

コメント有難うございました。

戦争を遂行する人たちは利害だけで一致できるけど、私たちは、利害よりも崇高なこ
とを考えているのでしょうか?

いろんな考え方の人がいて、それを全部は理解出来ないかもしれませんが、そういう
考え方もあることを、受け容れることは必要でしょう。

ただ私は、戦争を遂行しようとする人たちが、どんな人間もお金の前には屈服するだ
ろう、暴力にはひるむだろう、人間に対する辱めに屈服するだろうと考えていること
を許せないのです。

私はハリー・ポッターの世界を信じていて、武器やお金や名誉より、愛や友情や勇気
の方が勝つと単純に信じているのです。

戦争をなくすには、自分の命を守るために人の命を犠牲にしようとする人たちがいな
くなればよいと単純に思っているのです。

私のメーリングリストの名前の氏名を逆転させていますが、本当はこれは良くないと
思っています。変えるのもめんどうなのでそのまま使わせてください。

最近、山崎淑子さんという日本人の方(アメリカの9・11事件のとき、アメリカに
いて、アメリカの法律の共謀罪で、彼らの不利な情報を所しているかもしれないとい
う理由で二年間も監獄に入れられていた)が、日本人としての誇り・人間としての誇
りを動画で語っているのですが、私はPC技術が未熟で動画を見れません。

みなさん、時間がありましたら、「ほくと未来ネットワーク」のブログにも載っていま
すので、開いて見てください。感動すると思います。

私が小野洋子に感動したのは、人間の尊厳についてとても大切に思っているからで
す。

   佐藤袿子


----- Original Message ----- 
From: "田口" <hantenno at m10.alpha-net.ne.jp>
To: "市民のML" <cml at list.jca.apc.org>
Sent: Saturday, September 04, 2010 9:49 AM
Subject: [CML 005499] Re: 小野洋子の言葉


> 萩谷さん、ありがとうございます。
>
> >  ヨーコ・オノですか (いまはもう小野洋子ではないでしょう)
>
>  日本式名前の人が自分の名前をひっくり返して姓の前に
> 個人名を持ってくることに私は反対しています。オノさん
> ご自身も 「ヨーコ」 を前になさっているのでしょうか。
>  マイケル:ジャクソンは日本に来ても 「ジャクソン:マイケル」
> にはしません。外国や英語の中で姓と名の順序を変える
> 日本人が多ございます。欧米人に対する協調か、分かりやすく
> してあげようという思いやりでしょうか。劣等感か植民地根性か
> サルマネかもしれない。
>  毛沢東も蒋介石も英語の中で姓名の順序は変わりません。
>  まともな順序に戻す人が少しずつ増えているようです。マンガの
> 神様の手塚 治虫さんの名前が中学校の某英語教科書で
> ちゃんと Tezuka Osamu になっていました。拍手。
>  オノさんと話せる機会があったら名前の話をしとうございます。
>
> >  私はあの人を評価はしないので、いささか憎まれ口もきこうかと思ったが
> > (^^)、それは別問題なので、省きます。
>
>  文字での対話にこのニコニコ印や (笑) 印を用いるのも
> 一つの方法ですね。
>
> >  戦争を遂行する者は早く結束するが、反対するものは議論ばかりしていて、結
> > 束しないというのは、その通りです。
>
>  「戦争になったら自分の子ども達は確実に死ぬ」 と分かって
> いる時には、親たちは一糸乱れずに協調して即 反対行動に
> 出ると私は思いますよ。戦争も原発も他人事と思っている人が
> 多いんでしょう。とにかく一筋縄では行かない問題ですね。
>
> >  オノ・ヨーコさんは、どれくら議論しているんだろうか・・・
> >  私としては、議論は、やるからには、なるべくなら遊びのように楽しくやりた
> > いものだと、自戒をこめて、提案したいと思います。
>
>  全く同感です。 「議論」 という言葉の意味に問題があると私は
> 見ています。二人が楽しく仲良く果実を得る共同作業の意味に
> とりたいのですが、現実にはどうも時々ののしってやりこめ合う
> 勝負事と思っている人が多いと感じています。だから私は 「対話」
> を使うようにしています。他によい言葉がありますかね。
>  ちなみに 「戦争絶滅 受け合い法案」 というのをご紹介します。
> ご存じのかたは少なくないとは思いますが。80年くらい前に
> デンマークの軍人さんが考え出したそうです。
>
>
> 戦争絶滅受合法案
>
> 「戦争行為の開始後又は宣戦布告の効力の生じたる後、
> 十時間以内に次の処置をとるべきこと。即ち下の各項に
> 該当する者を最下級の兵卒として召集し、出来るだけ早く
> これを最前線に送り、敵の砲火の下に実戦に従わしむべし。
>
> 一、国家の元首。但し君主たると大統領たるとを問わず、
>    尤も男子たること。
> 二、国家の元首の男性の親族にして十六歳に達せる者。
> 三、総理大臣、及び各国務大臣、並びに次官。
> 四、国民によって選出されたる立法部の男性の代議士。
>    但し戦争に反対の投票を為したる者は之を除く。
> 五、キリスト教又は他の寺院の僧正、管長、その他の
>    高僧にして公然戦争に反対せざりし者。
>
> 上記の有資格者は、戦争継続中、兵卒として召集さるべき
> ものにして、本人の年齢、健康状態等を斟酌すべからず。
> 但し健康状態に就ては召集後軍医官の検査を受けしむべし。
> 以上に加えて、上記の有資格者の妻、娘、姉妹等は、
> 戦争継続中、看護婦又は使役婦として召集し、最も砲火に
> 接近したる野戦病院に勤務せしむべし。」  (以上)
>
>  文語で分かりにくいところがありますが、結局、戦争を
> すると決めたら天皇と総理大臣と政治屋を二等兵にして
> 最前線に送り込めということです。最大宗教団体の会長も。
>
> 追伸  萩谷さんには関東大震災のことでご返信して
> 或るお話を申し上げたかったのですが、資料の整理が
> 出来ておらず失礼してしまいました。すみません。気長に
> 待っとってください。  田口
>
>
>
>



CML メーリングリストの案内