[CML 006258] 東本さんはなぜ間違えるのか(1) 「定義がわからない」

maeda akira maeda at zokei.ac.jp
2010年 10月 31日 (日) 13:09:41 JST


前田 朗です。

10月31日

昨日は台風が迫り、湘南線や京葉線の電車が止まる中、王子の無防備地域宣言運
動でピースゾーンのオーランド諸島の話をしてきました。台風に負けずに9条を
守り、活かすために土佐山田の松尾酒造の「春夏秋冬・9条酒」を持ち込んで
(笑)。

以下、長文失礼。

<1)主な関心事項>

さて、昨日、私は「東本さんの、ひたすら事実誤認、あくまでも虚偽、でまかせ
の詭弁、ぐにゃぐにゃの屁理屈を基本とする馬鹿げた牛の涎の如き投稿について
は、さらに明らかにしておくべきことがあるので、続きは後日」と書きました。

しかし、東本さんの誤謬をあげつらっていても、そこから得られることはあまり
ありません。

むしろ、東本さんの投稿を素材として、私たちが陥りやすい誤謬、しばしば犯し
てきた過ちについて考えてみることが必要です。

そこで、件名を「東本さんはなぜ間違えるのか」に変えました。今回から全部で
4回の予定です。すべてをとりあげようとすると、30回にも40回にもなって
しまいます。それでは誰も読んでくれませんので、重要且つわかりやすいポイン
ト4つを選んでみます。東本さんは私たちであるかもしれません。

<2)東本さんからの挑戦>

*時間のない方はここは飛ばして、次の3の「3分でわかる、東本さんが間違え
る理由」に移ってください。

最近のやり取りの中で、東本さんが、あたかも前田が東本さんに難癖をつけ始め
たかのようにほのめかしています。私が東本さんを揶揄したり、茶化したりした
のは事実ですが、先に難癖をつけてきたのは東本さんです。そこから確認してみ
ましょう。

8月17日に東本さんは、下記の投稿で私を批判しました。

http://list.jca.apc.org/public/cml/2010-August/005217.html

この投稿は間違いだらけで、およそ話になりません。そこで、私は、8月20
日、次の投稿をしました。

http://list.jca.apc.org/public/cml/2010-August/005242.html

これに対して、東本さんは一切返答していません。しかも、いつもは連日のよう
に投稿していたのに、8月27日まで、ひとつも投稿せず、奇妙な沈黙を続けま
した。理由は不明です。

私はaml時代から東本さんの長文の投稿に多大の疑問を感じていました。やが
て、検証されていない事実を元に次々と議論を展開しているので、読む必要がな
いと判断しました。ですから、たいていは読まずに捨てていました。

しかし、私を批判した投稿には応答する必要がありますので、きちんと読み、そ
して反論しました。その後は他の投稿も時には読むようにしました。やはり多く
の間違いに気づきました。このため9月以後、私は東本さんに対する忠告、警
鐘、批判を始めたのです。ところが、東本さんはひたすらわが道をゆく方ですか
ら、批判は通じません。そこで揶揄し、茶化す戦術を採用しました。

東本さんの一見すると「硬質」な文体と対比して読んでもらったほうがわかりや
すいからです。

<3)3分でわかる、東本さんが間違える理由>

上記の投稿で東本さんは次のように書いています。

*
*************************************

しかし、花崎さんの民衆思想家及び民衆思想の定義は次のようなものです。

「民衆思想家は実践を通じての問題解決を優先し、社会的政治的文化的活動の通
信物やパンフレットに、そのつどの必要に応じて文章を書いたり語ったりして
も、本を書いて自分の思想を述べることに主眼を置いていない」(『田中正造と
民衆思想の継承』「第9章 瓢鰻亭 前田俊彦」p167)

(一段落省略)

花崎さんはいうまでもなく「本を書いて自分の思想を述べることに主眼を置」い
ている作家、思想家です。花崎さんの上記の定義に従えば、花崎さんが自らを民
衆思想家の位置に布置させることはありえません。

*
**************************************

以上で1分です。

この文章の誤りについて考えてみてください。「民衆思想家は***である」と
なっているので、なるほど「定義」の一種であることは間違いありません。しか
し、これは民衆思想家の特徴を示したひじょうにゆるやかな定義に過ぎません。
外延も内包も明示していません。

次のように言い換えてみましょう。

「魚は泳ぐものであり、トンボのように空を飛ぶものではない」

誰でもすぐに気づくはずです。

第1に、トンボは空を泳ぐものです。「泳ぐ」という言葉の多義性。

第2に、タコもクジラもワニも北島康介も水の中を泳ぐものです。では、北島康
介を釣り上げて刺身にして良いのでしょうか。

以上で2分です。

東本さんは、概念定義ということを理解していないのです。

「AはBである」という命題が正しいとしても、それが定義であるとは限りませ
ん。少なくとも、「すべてのAはBである」という全称肯定命題が成立する必要
があります。しかも、「BはAである」という命題が成立するかどうかも要検討
です。

この程度のことはもちろん東本さんも知識として持っているのですが、実際の認
識・判断過程においては、基本を忘れて次々と過ちを犯してきたのです。

このために東本さんは、ご自分が敬愛するはずの民衆思想家の花崎さんを、「民
衆思想家ではない」と断定してしまったのです。

以上で3分です。



CML メーリングリストの案内