[CML 006247] 林 博史さん「戦犯裁判はいかに 行なわれたか」「東アジア平和・人権・宣言」実行委員会の企画・連続インタヴュー講座

maeda akira maeda at zokei.ac.jp
2010年 10月 30日 (土) 14:21:12 JST


前田 朗です。

10月30日

転送・転載歓迎

「東アジア平和・人権・宣言」実行委員会の企画・連続インタヴュー講座

「ダーバン宣言の東アジア版をつくろう――日本の植民地主義を問う」第8回

韓国併合100年、ダーバン宣言9周年の2010年に始め、宣言10周年の
2011年秋に <ダーバン宣言の東アジアNGO版>を作成するために、継続
的な取組みの中で宣言案の準備・見直しを進め、行動計画その他の準備を進めて
いくという趣旨で、本年7月より2011年9月8日(ダーバン宣言10周年)
に向けて、さまざまなテーマの連続講座を開催行動計画の作成をすすめるため
に、呼びかけ人へのインタヴューを行ない、その記録を中心に作成していきま
す。第8回は歴史学者の林博史さんに、私がインタヴューします。

11月20日(土)午後2時開会、1時半開場、

青山福祉会館

〒107-0062 港区南青山2丁目16番5号

http://www.city.minato.tokyo.jp/sisetu/hukusi/kaikan/aoyama/index.html

参加費(資料代含む):500円

林 博史さん「戦犯裁判はいかに行なわれたか」

林博史さん:関東学院大学教授。日本の戦争責任資料センター研究事務局長。主
な著書に『華僑虐殺――日本軍支配下のマレー半島』(すずさわ書店)、『裁かれ
た戦争犯罪――イギリスの対日戦犯裁判』(岩波書店)、『沖縄戦と民衆』(大月
書店)『BC級戦犯裁判』(岩波書店)『戦犯裁判の研究―― 戦犯裁判政策の形成
から東京裁判・BC級裁判まで』(勉誠出版)『沖縄戦が問うもの』(大月書店)
など多数。

東アジア歴史・人権・平和宣言実行委員会

http://easiahhpa.exblog.jp/

事務局:八王子市宇津貫町1556 東京造形大学前田研究室

* ***********************************

これまでの記録

第1回 7月18日(日)夜、牛込箪笥地域センター

徐 勝さん(韓国併合100年に際して日本植民地主義を徹底解剖するために)

第2回 9月4日(土)午後、新宿区立戸塚地域センター

金 栄さん(在日朝鮮人から見た日本の植民地主義)

第3回 9月7日(火)夜、新宿区立戸塚地域センター

上村英明さん(ダーバン宣言って何だ?――植民地主義と人種差別の歴史的責任を
問う)

第4回 9月25日(土)午後、青山福祉会館

崔 善愛さん(「在日」を生きて)

第5回 10月9日(土)夜、青山福祉会館

中原道子さん(女性国際戦犯法廷10年)

第6回 10月23日(土)夜、青山福祉会館

宋 連玉さん(脱帝国のフェミニズムを求めて)



CML メーリングリストの案内