[CML 006138] 命がけで撮った映画は叫ぶ

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2010年 10月 26日 (火) 18:53:20 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 特に福岡市周辺にお住まいの方に転送をお願いします。
 
 
 和歌山県太地町で行われているイルカ猟の実態を隠し撮りで撮影し、その実態
を世界に知らせた「ザ・コーブ」は、人種差別に基づく反日映画だと右翼が騒い
だことでかなり話題になりました。
 
 「ザ・コーブ」は第82回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞しまし
たけれど、実はもう一本のドキュメンタリー映画と最後まで受賞を争いました。
 
 その映画とは、ビルマ(ミャンマー)の軍事政権の圧政に苦しみ、それに抵抗
して立ち上がる民衆の姿を克明に記録した
 
「ビルマVJ 消された革命」
http://burmavj.jp/

です。

 内容は「ザ・コーブ」をはるかに上回ります。

 2007年9月に起こったビルマの仏教僧による大規模な民主化要求デモを、
ハンディカメラで隠し撮りしながら、軍や警察、その協力者の監視の目をかいく
ぐって、撮影し、それをインターネットで世界に配信したVJ(ビデオジャーナリ
スト)の組織「ビルマ民主の声」の姿を追います。
 
 撮影しているところを軍や警察に見つかったら、その場で射殺されるか、問答
無用で逮捕され、拷問にかけられ、死体になって川に浮かぶという恐るべき状況
下で、本当に命がけで撮影した映画です。VJたちの緊張感が伝わってきます。

「ビルマの現実を見てくれ!」

とこの映画は叫んでいます。
 
 この映画は、福岡市の
 
 KBCシネマ
 http://www.h6.dion.ne.jp/~kbccine/
 
 で1週間の期間限定で上映されています。10月29日までです。
 
 この映画では、2007年9月27日に、デモを撮影中のジャーナリスト長井
健司さんが、ビルマ国軍兵士によって射殺された瞬間が写されます。銃口を長井
さんの頭に向け、至近距離で発砲するのがはっきりと見えます。

 なお、この映画の映像を撮影したVJたちの多くは、後に逮捕され、終身刑を宣
告されて投獄されています。
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
 


CML メーリングリストの案内