[CML 006116] (訂正)「拝外テロ」と戦争のプロトコール=頑張れ日本!全国行動委員会(1)

T. kazu hamasa7491 at hotmail.com
2010年 10月 25日 (月) 15:52:04 JST


([CML 006106] に日付など重要な誤りがありましたので訂正投稿です。申し訳ありません。長いので(1)(2)に分けました。)

ni-0615と申します。よろしくお願い致します。
転載、引用はご自由にどうぞ

 
*******************************************************************
「拝外テロ」と戦争のプロトコール=頑張れ日本!全国行動委員会(1)
*******************************************************************

 
  当CNLの投稿の中で「国を愛する人たちと平和主義者は連帯しよう!」と
呼びかけられている、その連帯の対象になってる人たちが参加している運動の
ことです。
 
・田母神俊雄=水島総の「頑張れ日本!全国行動委員会」は、10月2日に主催
者発表2.600人(当初は主催者発表1500人であった)のデモを行なったという。
・翌日の10月3日、「頑張れ日本!全国行動委員会」に加盟している「幸福実
現党」が新宿で主催者発表5000人(この団体は5〜10倍は平気でいう)のデ
モを行なったという。
・10月16日、六本木から元麻布の中国大使館へ向けた主催者発表3,200人(警
視庁発表1,800人のデモが行なわれた。前後に「幸福実現党」独自デモが行な
われてないところをみると、この日は幸福実現党の動員が合流したものと思わ
れる。
10月16日のデモでは、日の丸以外の旗やプラカードは禁止された。そうして、
全員が「日の丸」を持つよう要請された。
・10月23日には四国高松で、「幸福実現党」を中心に「頑張れ日本!全国行動
委員会」主催者発表300名(この団体は5〜10倍は平気でいう)のデモが行な
われた。
 
■「頑張れ日本!全国行動委員会」
http://www.ganbare-nippon.net/
■チャンネル桜
http://www.ch-sakura.jp/
■日本会議
http://www.nipponkaigi.org/
■幸福維新の志士となれ
http://blog.goo.ne.jp/hps777/
http://blog.goo.ne.jp/hps777/e/a22eb935ca035c0acc1a40f2dd39ef00
■中野雄太
http://nakano-yuta.hr-party.jp/2010/10/103.html 
 
   
  そんなデモの集会で配られたビラが問題になっています。
 
 
  10月16日、みなさんご承知のとおり、2人の青年が果敢にも「頑張れ日本!
全国行動委員会」デモの正面に反排外主義のバナーを掲げて座り込みました。
 
  ふたりは右翼に暴行を加えられ、そのうえすぐさま警備の警察に排除され、
あたかも事態は何も動かなかったように見えましたが、数日たってじわじわと
ある波紋が浮き彫りになって来ました。
 
  それは、げんざいの尖閣衝突事件に事寄せた拝外主義の元凶が、少数で暴
れている「在日特権を許さない会」でも「排害社」でもなく、田母神俊雄=水
島総の「頑張れ日本!全国行動委員会」だということが露わになってきたこと
です。わたしたちは、この間ずうっと「在日特権を許さない会」や「主権回復
を目指す会」の乱暴に眼を奪われてきましたたが、実はツボはそこにはなかっ
たのです。
 
  10月16日から猛然と起こった中国での激しい「反日デモ」は、10月3日上野
そして10月10日の秋葉原での、金友隆幸「拝害社」による中国人旅行客へのい
やがらせが引き金と思われていましたが、決してそれだけではなかったのです。

  排外テロのプロトコールは、「穏健な行動」を表面上呼びかけているチャ
ンネル桜社長にして「頑張れ日本!全国行動委員会」幹事長の、水島総が書い
ていたのです。
 
(全国行動委員会なんてまるで新左翼のような名前をつけるところはファシス
トの模倣?)
 
 
  さて前述の2人の青年は、右翼には倒されたり蹴られたり、麻布署に任意
という名の強制連行されたり、さんざんな目にあったのですが、
        http://livingtogether.blog91.fc2.com/
  16日にアップした青年達のグループによる論文の後編には、次のような一
節があります。 
 
>>
  一例として「頑張れ日本! 全国行動委員会」(田母神俊雄や「チャンネ
ル桜」の水島総などを中心に組織された新興の保守団体)発行の「月刊国民新
聞」とやらを見てみましょう。この新聞を「頑張れなんたら」はビラとして渋
谷の街頭で配っていたのですが、大筋では、中国共産党がこの釣魚台/尖閣問
題を機に、民間人をあやつって、あるいは民間に政府の特殊部隊をまぎれこま
せて、いっきょに日本を侵略しようとしている、といったことが書いてありま
す。しかしだからといって、またウヨはとんでもない被害妄想をまきちらして
いるなと、笑ってもいられません。そのなかには、中国本土からの「侵略」に
あわせて、在日中国人が「戦闘」を開始し、原発が破壊され、飲み水には毒が
混入され、放火や略奪がおこるなどという、とんでもない流言がふくまれてい
ます。90年前の関東大震災において、こうした悪質な流言をつうじて朝鮮人虐
殺が煽り立てられたことを、つよく連想させられます。そして、前編(歴史編)
でとりあげたように、いまだ虐殺ではないにせよ、在日中国人への実際の迫害
は実際に起きているのです。
<<
 
  後段にあります
  「在日中国人が「戦闘」を開始し、原発が破壊され、飲み水には毒が混入
され、放火や略奪がおこるなどという、とんでもない流言がふくまれています。
90年前の関東大震災において、こうした悪質な流言をつうじて朝鮮人虐殺が煽
り立てられたことを、つよく連想させられます。」
        ↑
これ、とっても重要な指摘です。
 
  17日に秋葉原でやりたい放題した連中の「シナ人への怒り」も、こうした
拝外テロ教唆が刷り込まれていると見るべきです。
 
  「拝害社」デモ参加者や「頑張れ日本!」デモ参加者は、イザという時に
は、在日中国人、在日韓国朝鮮人、そして反日サヨクを「狩り」するために、
竹槍もった自警団になるのでしょうか?
 
  <叩き落された人々の死体が東京湾などに累々と浮かぶ。原発やダムの近
くにも死体の山。>劇画のコンテだとこうなります(笑)
 
 
        ここまでお話すると、
        ネットでは必ずといっていい、「大向こう」が入ります。
 
        「成田屋〜っ」でも、
        「成駒屋〜っ」でもありません。
 
        ここは歌舞伎座ではありませんから(笑)。
 
        「でぇ、ソースは?」
 
        
  なんとそれは、チャンネル桜のサイトにありました。怪しげなビラの筆者
は、何を隠そう、「頑張れ日本!全国行動委員会」幹事長にしてチャンネル桜
社長の水島総、その人だったのでした。
 
        ちゃんと電子活字になっていました。
        チャンネル桜>水島総のページ>「日本国民には国防の義務がある」
        http://www.ch-sakura.jp/mizushima/index.html
        http://www.ch-sakura.jp/mizushima/1418.html
 

(2)につづく

ni0615拝

 		 	   		  


CML メーリングリストの案内