[CML 006091] 10/25 (月)草の根援助運動 秋の連続学習会 「世界とのつながりを横浜から考える ー APEC と、横浜の NGO の取り組みからー」(転載) 

skurbys at yahoo.co.jp skurbys at yahoo.co.jp
2010年 10月 23日 (土) 01:32:00 JST


紅林進です。
   
  下記学習会のご案内を転載させていただきます。
   
  (以下、転載)
   
  ★草の根援助運動 秋の連続学習会★
     「世界とのつながりを横浜から考える 
               ーAPECと、横浜のNGOの取り組みからー」

===================================

 11月13・14日に、横浜でAPEC首脳会議が開催されます。APECは、アジア
  太平洋地域の経済成長を目的に、貿易・投資の自由化・円滑化、経済技術
  協力等を推進する経済フォーラムです。
しかし、市民の立場からは、APEC横浜が何をもたらそうとしているのか、
  わかりにくいという声も聞かれています。
そこで、P2秋の連続学習会では、横浜で行われるAPECが、私たちの生活
  とアジア太平洋の国々との間にどのような経済関係をもたらそうとするのか、
  知る機会にしたいと思います。
 一方で、横浜には長年、東南アジアを中心に経済開発とは異なる地域開発
  を行ってきたNGOがいくつもあります。それらのNGOの取り組みを通して、
  私たちと世界とのつながり、先進国にいる私たちの責任、そして、持続可能な
  社会とは何かを、皆さんと一緒に考えたいと思います。

【第一回】10月25日(月)19:00ー21:00
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「APECって何 ー横浜で何が決まるのか?ー」
 ◆講師:山浦康明 (NPO日本消費者連盟 事務局長、
           「いらない!APEC」横浜民衆フォーラム、実行委員会事務局)
 ◆内容:APECという言葉が耳には入ってくるものの、どんなことが横浜で議論
        され決まるのか、日本とアジアの国でどのような経済成長を描こうと
        しているのか、私たちの生活にはどのような影響を与えるのか、
        といった点についてはわかりにくいところがあります。APECの基礎
        情報・注目点・問題点について、お話頂きます。

【第二回】11月予定
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
パネルディスカッション
「横浜のNGOの取り組みをから持続可能な社会を考える(仮)」
 ◆パネリスト:市内代表的NGO2団体(交渉中)、草の根援助運動

<各回とも>
場所:かながわ県民活動サポートセンター
地図 http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/02/0051/center/access.html
  【横浜駅中央西口、きた西口徒歩5分 TEL: 045-312-1121(代)】
資料代:(各回)500円
事前のお申し込みは必要ありません。

【お問い合わせ】
特定非営利活動法人 草の根援助運動
(People to People Aid :P2)
235-0036 横浜市磯子区中原1-1-28 3F
TEL: 045-772-8363 FAX: 045-774-8075
E-mail: office at p2aid.com 
  URL: http://p2aid.com
  Twitter:p2aid_jp 
  
-----------------------------------------------------------------
草の根援助運動(P2)は1990年に、日本のODA(政府開発援助)の
変革の必要性に気づいた市民によって創設されました。
南のNGOや住民組織とともに持続可能な地域開発、国内における
開発教育や政策提案活動などをおこなっています。
 

 
---------------------------------
Get the new Internet Explorer 8 optimized for Yahoo! JAPAN


CML メーリングリストの案内