[CML 006089] Fw: シン首相宛日印原子力協力についての手紙

TERAO Terumi teraoter at mint.ocn.ne.jp
2010年 10月 23日 (土) 01:10:23 JST


寺尾です。

内藤さんからの賛同要請を転送します。

「今度の手紙は、被爆者、被爆地を気持を中心に何故、
日印原子力協定に反対するかをインドの首相に伝える
というものです。
 多くの方々の賛同(とりわけ広島、長崎の方)、
よろしくお願いします。内藤雅義」

とのことです。

賛同される方は、氏名 所属ないし肩書を記入し
件名を「シン首相宛日印原子力協についての手紙」として
内藤さん( lwyrmn at sa2.so-net.ne.jp )にお送りください。

重複して受信された方には大変申し訳ありません。
御手数をお掛けしますが削除してくださることでお許しください。

転送・転載歓迎。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 以下転送 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

件名: [abolition-japan][00722] シン首相宛日印原子力協力についての手紙
差出人: NAITO Masayosi
送信日時: 2010/10/22 12:53
宛先: [abolition-japan]

皆さま

昨日お送りしたインドのマンモハン・シン首相宛の手紙です。
今日現在までの賛同者と英文を以下にお示しします。

賛同の方は
私宛に
氏名 所属ないし肩書を付して賛同をお送り下さい。

なお、標題に「シン首相宛日印原子力協についての手紙」を残して下さい。
(メール検索のためです。)

月曜日朝11時まで受け付けますので、よろしくお願いします。

内藤雅義

(以下手紙)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−

マンモハン・シン首相 殿
 
 
 私達は、被爆地、広島、長崎を含む被爆者をはじめ、
日本国内で核兵器廃絶に向けて運動をしているものです。
 貴職は、今回の来日にあたり、日印原子力協定についての
日本政府首脳と協議されると思います。私達は、インドが
国産施設を含め、全てのインド国内の原子力関連施設を
IAEAの保障措置下に置き、今後核兵器燃料を製造しない
との意すらなされないような、日印原子力協力締結に
強く反対するものです。

 シン首相、あなたは、広島、長崎へ行かれたことが
あるでしょうか。また、被爆者の体験を直接聞かれたことが
あるでしょうか。
 広島、長崎に投下された原爆は、現在、世界に配備している
多くの核爆弾から見れば、小さな核爆弾でした。それでも、
広島と長崎の街を瞬時に破壊し、多くの人々を生きたまま
焼き尽くし、そして、街を放射能で汚染したのです。原爆は、
人々を無差別に殺しただけではありませんでした。戦争が
終わった後も、放射能の影響により、被爆者を苦しめ続け、
殺し続けました。ケロイド、白血病、白内障、癌、そして、
様々な病気が被爆者の体を繰り返し襲ったのです。更に、
恋愛、結婚、妊娠、出産、そして学業、就職、人生の
あらゆる場面で原爆が被爆者の心と体に影を落とし続け、
被爆者を苦しめ続けたのです。
 被爆者の体験から言えること、それは、人類と核兵器が
共存できないということです。
 私達は、この原点から訴えるものです。
 
 インドは、核兵器の廃絶に努力してきた歴史があります。
ジャワハラル・ネルー首相は、当初から、道徳的、政治的、
戦略的な理由から核兵器に強く反対し、その保有を
「人道に対する罪」とするように要求していました。また、
ラジブ・ガンジー首相は、1988年6月8日に
国連総会において、核抑止をテロリズムの究極の表現である
と訴え、核兵器の廃絶を強く訴えました。

 確かに、インドが繰り返し訴えているように、
核拡散防止条約(NPT)は不平等条約です。しかし、
インドの現在の有り様をみていると、核兵器の保有が
権威であるかのように思っているように思われてなりません。
如何に先制不使用戦略をとるとしても、被爆者の体験から
見れば、核兵器の保有は、決して権威ではなく、非道徳
そのものです。

 インドは、原子力供給国グループにおけるNPT外の
インドに対する原子力協力の特例措置を認めるガイドラインの
改訂に当たり、核実験の凍結を再確認しています。しかし、
核実験をしないという約束をしていないばかりではなく、
自国産の核物質を核兵器の生産に回さないための
国際原子力機関による保障措置にすら同意していません。
このような状況下で、インドが今後、一切の核兵器を
製造しない確約がないままに、日本がインドに対する核技術の
協力を進めることは、パキスタン、イスラム諸国をはじめとする
世界の各国に、被爆国である日本がインドの核兵器の開発に
協力する側に回ったと受け止められるでしょう。
 それは、核兵器の被害はたいしたことがないと受け止められか、
日本にとって核兵器の廃絶よりも経済的利益の方が重要だと
受け止められることにつながります。
 その様なことは、核兵器廃絶を訴えてきた被爆国の国民として
到底容認することはできません。

 このような事情を踏まえれば、何故、日本において、
被爆地を中心に日印原子力協力に対する反対が強いかが
おわかりいただけると思います。
 私達は、以上の点から、もし、日印原子力協力の締結を
希望するのであれば、少なくとも核兵器用核物質を生産せず、
国産のものを含め、全ての施設を国際原子力機関の
保障措置下に置いた上で、ジャワハラル・ネルー首相や、
ラジブ・ガンジー首相がされたように、核兵器廃絶の先頭に
立たれることを強く求めます。
 
               2010年10月 日

  インド・パキスタン青少年と平和交流を進める会
            (代表 森瀧春子)
  大久保 賢 一(日本反核法協事務局長)
  小笠原 公 子(フェリス女学院大学)
  核兵器廃絶をめざすヒロシマの会
  (共同代表 青木克明 岡本三夫 河合護郎 森瀧春子)
  川 崎   哲(ピースボート共同代表)
  佐 藤 大 介
   (ノーニュークスアジアフォーラムジャパン事務局長)
  設 楽 ヨシ子(ふぇみん婦人民主クラブ共同代表)
  須 田   稔(立命館大学名誉教授)
  高 原 孝 生(明治学院大学教授)
  田 中 煕 巳(日本原水爆被害者団体協議会事務局長)
  朝 長 万左男
   (核兵器廃絶・地球市民集会ナガサキ実行委員長)
  土 井 桂 子(日本基督教団西中国地区常置委員)
  内 藤 雅 義(日本反核法律家協会理事)
  西 尾   漠(原子力資料情報室共同代表)
  伴   英 幸(原子力資料情報室共同代表)
  フィリップワイト(原子力資料情報室国際担当)
  藤 本 泰 成(原水爆禁止日本国民会議事務局長)
  松 井 和 夫(反核医師の会事務局長)
  山 口 幸 夫(原子力資料情報室共同代表)
  湯 浅 一 郎(ピース・デポ代表)
  

(英文)
The Hon Dr Manmohan Singh
Prime Minister of India

Dear Prime Minister,

We are people of Japan, including Hibakusha and other
people from Hiroshima and Nagasaki, the sites of
the atomic bombings, who are working for the abolition
of nuclear weapons.

We expect that during your visit to Japan you will
discuss with Japanese Government Ministers the proposed
nuclear cooperation agreement between Japan and India.
Under the current circumstances, in which India has not
agreed to submit all its nuclear facilities for
International Atomic Energy Agency (IAEA) safeguards and
has not even agreed to end production of fissile material
for nuclear weapons, we strongly oppose any such nuclear
cooperation agreement between our countries.

Mr Prime Minister, we wonder if you have ever visited
Hiroshima and Nagasaki, or whether you have heard directly
from Hibakusha about their experiences.

The atomic bombs dropped on Hiroshima and Nagasaki were
small compared to most of the nuclear weapons now deployed
around the world. Nevertheless, they destroyed the cities
of Hiroshima and Nagasaki in an instant. They burnt alive
tens of thousands of people and contaminated the cities
with radioactivity. The atomic bombs not only killed
indiscriminately, but after the war was over they continued
to torment and kill people exposed to the radiation.
Keloids, leukemia, cataracts, cancer and all sorts of other
diseases assailed the bodies of the Hibakusha. In addition,
the atomic bombs cast a shadow over all aspects of
the lives of the Hibakusha, creating continued suffering
for them, both mental and physical: in love and in marriage,
in pregnancy and in childbirth, and in their study and work.

Based on the experiences of the Hibakusha we can
unequivocally affirm that nuclear weapons and human beings
cannot coexist. This is the starting point for our appeal.

India has a history of striving for nuclear disarmament.
>From the beginning, Prime Minister Jawaharlal Nehru
strongly opposed nuclear weapons on moral, political and
strategic grounds, calling their possession "a crime
against humanity". Also, Prime Minister Rajiv Ghandi
in his address to the UN General Assembly on 8 June 1988
appealed strongly for the abolition of nuclear weapons,
calling nuclear deterrence "the ultimate expression of
the philosophy of terrorism".

It is true, as India has repeatedly pointed out, that
the Nuclear Non-Proliferation Treaty (NPT) is an unequal
treaty. However, looking at India now, one cannot help
thinking that India believes prestige derives from
the possession of nuclear weapons. India might have
adopted a nuclear no-first-use strategy, but seen from
the perspective of the experience of the Hibakusha,
the possession of nuclear weapons is by no means
a source of prestige. Rather, it is the epitome of
immorality.

India reaffirmed its moratorium on nuclear testing when
the Nuclear Suppliers Group (NSG) amended its guidelines
to allow a special exemption permitting nuclear
cooperation with India, which is not a member of the NPT.
However, India has not promised never again to conduct
a nuclear test. Nor has it agreed to IAEA safeguards that
would prevent it from using domestically produced material
to produce nuclear weapons. Under these circumstances,
given that India has not promised not to produce nuclear
weapons in future, if Japan were to proceed
with cooperation on nuclear technology with India, this
would be interpreted by other countries, including
Pakistan and other Islamic countries, as meaning that
Japan, the victim of nuclear weapons, is cooperating in
India's development of nuclear weapons.

This in turn would lead either to the interpretation
that the damage caused by nuclear weapons is not so great
after all, or that Japan places a higher priority on
economic benefits than on nuclear abolition.

This is intolerable for the citizens of the country
which suffered the atomic bombings, who for all these
years have been appealing for the abolition of nuclear
weapons.

In view of these circumstances, we believe you will
understand why there is so much opposition in Japan,
in particular from Hiroshima and Nagasaki, to nuclear
cooperation between Japan and India.

Based on the above comments, if India wishes to
conclude a nuclear cooperation agreement with Japan,
it must at the very least cease production of nuclear
material for weapons, including from domestic sources,
put all its nuclear facilities under IAEA safeguards,
and, following the lead of Prime Ministers Jawaharlal
Nehru and Rajiv Ghandi, stand in the forefront of
moves for nuclear abolition.

... October 2010




CML メーリングリストの案内