[CML 006038] ■可視化議連会議「Ust(動画)の撮影録画」/10/10/15

中田妙佳 gukoh_nt at yahoo.co.jp
2010年 10月 19日 (火) 01:29:20 JST


中田です。



メールをいつも送らせていただきありがとうございます。



<重複おゆるしください>

------------------------------

 ■可視化議連会議・Ust(動画)の撮影録画/10/10/15のご紹介です。

 可視化議連が政権交代における、唯一の名残りだ!!と私も思います。



特捜検察の不正なでっち上げで、犯罪を作っていく体質は、戦前の特高の昔話ではありません。村木事件で、騒がれていますが、これは特殊なことではないのです。

現実に今も脅かし、暴行まがいのことが、行われていく警察・検察のすがたを、わたしたち国民は、きちんと知らされなければ、いや国民は知るべきであると思っています。日本国憲法で保障されている主権者として、その責任は、自覚することが、今こそ求められていると思います。

いつ何時、自分の身に降りかかってくるかもしれない「冤罪」です。そしてまた、いつでも権力の裁量でわが身に冤罪は起こりうるということを肝に銘じる。

それは冷静に自分の想像力を、働かせる能力が、今、国民に求められているのだと思います。

<転送転載歓迎>

■民主党国会議員の中で、可視化議連の方たちが、今話を進められていて、Ust(動画)の撮影録画が、許可されています。

原口一博・前総務大臣の、在任時のたいへんな情報公開の活躍があって、今回の一連の動きは今も議員に残っているといえます。皆様下記の可視化議連会議の様子。「動画」をぜひご覧くださいと、お伝えいたします。

特に会議で、大阪の弁護士さんが提示された録音テープの刑事の取り調べの声を、聞くと震えあがります。

ブログ「つむじ風」さんの記事から、ご紹介させていただきます・

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/

(貼り付け開始)

************************************************************************* 

2010-10-18

可視化議連が政権交代における、唯一の名残だ!!

例に漏れず、少々長い動画だが、 
編集なしの情報は真実に最も近い情報だ!!


☆☆☆ 阪府警の恫喝任意取調べの
真相も明かされる!!-動画20分過ぎ- ☆☆☆

 101015可視化議連


http://www.ustream.tv/recorded/10204122


民主党そのものには、もはや幻滅を禁じえない状況であるが、『可視化議連』には救いを感ずる。とりわけ、座長の川内議員は良い。委員会質問も堂々たるものだが、マスゴミはスルーする。

 

とにかく、マスゴミは狂っているから、情報の取り柄がない。

この動画によると、検察審査会の可視化も視野に入るという、当然のことだ、とにかく、今は衆人環視でないと、闇の勢力は何を画策するか知れない。大体悪党は人の目を盗んで悪事をしでかすものだ。相場は昔から変わらない。と言うことは、可視化を恐れるものは、皆悪党と思って間違いない。

嘆かわしいことだ。

陰徳と言う言葉がある。良いことは陰に隠れて為すものだ。と言うことだ。今は、まるっきり逆だ。

それだけ、世の中は狂っている。悪が主体で、善が押し込められている。まさしく、末法の様相だ。

別に、宗教的な意味で『末法』と言っているのではない。善悪が逆転しているという、単純な意味だ。

水が下から、上に流れている。そんな感じだ。 

。。

 遅ればせながら、 吉田繁実弁護士に対する懲戒請求を18日付で投函した。勿論、本名でだ。請求棄却になるかも知れないが、叫びだ。鬨の声だ。既に、十数通は請求されているようだ。



 戦いであるから、仕掛けなければ勝てない。座視しているだけでは、不十分だ。レジスタンスは不服従の戦法

もあろうが、ここでは遊撃も少しは必要だ。機先を取る、『枕をとる』のささやかな参戦だ。

(貼り付けおわり)

 

 

















CML メーリングリストの案内