[CML 006006] ■『検証・ライブドア事件〜ホリエモンの最終弁論〜』

中田妙佳 gukoh_nt at yahoo.co.jp
2010年 10月 16日 (土) 22:17:06 JST


中田です。



いつもメールを送らせていただきありがとうございます。



急なお知らですみません。

うっかりしていて、もう始まってしまいましたが、よろしければ、どうぞ。

(重複おゆるしください)



■下記ニコニコ生中継をおしらせいたします。



マスメディアの情報を検証する材料として、よろしければご視聴ください。

1部・2部の2時間放送です。



*******************************************************************

2010/10/16(土) 開場21:50 開演 22:00 番組ID:検証・



ライブドア事件〜ホリエ?モンの最終弁論〜 

1

0月16日(土)の夜10時から、『検証・ライブドア事件〜ホリエモンの最終弁論〜』を
お送りします。

2006年1月、東京地検特捜部による六本木ヒルズのライブドア本社への家宅捜索
によって幕を開けた、いわゆる「ライブドア事件」。

ニッポン放送の敵対的買収、エイチ・エス証券の副社長の「自殺」、
粉飾疑惑と上場廃止、メディアの過熱報道、「国策捜査」疑惑、株式市場の混乱
と株価の暴落など、政財界、メディア、国民を巻き込んだ、歴史的重大事件となりました。

「カネで買えないものはない」の発言で、拝金主義の象徴とされたホリエモンこと、
堀江貴文「被告」は、1審、2審で懲役2年6月の実刑判決を受け、2010年10月現在、
最高裁に上告中。

しかし、問われた罪が何であったのかについては、実は、あまり知られていませ
ん。証券取引法や企業の会計基準など、きわめて複雑な法理論。何が罪とされ、
どのように裁かれるのか。年内にも最高裁の判断が示されると言われるなか、
番組では、ライブドア事件を改めて検証します。

出演は、『ヒルズ黙示録―検証・ライブドア』(朝日新聞社)の著者としても
知られる気鋭のジャーナリスト・大鹿靖明氏(AERA)をはじめ、元検事の郷原信郎氏、
会計評論家にして執行猶予中の元公認会計士・細野祐二氏、そして堀江被告の主任弁護人の弘中惇一郎氏。
もちろん、ホリエモンこと、堀江貴文氏本人も登場します。
番組の司会は田原総一郎氏がつとめます。

■ライブドア事件とは何であったのか、堀江貴文「被告」の「最終弁論」は?
判決直前(?)の検証番組にご期待ください。

出演(敬称略)

司会:田原総一朗




大鹿靖明(AERA)
郷原信郎(元検事)
弘中惇一郎(堀江貴文主任弁護人)
細野祐二(会計評論家)
堀江貴文

番組では、「ライブドア事件」に対して、ご意見・ご質問を募集します。
番組ページにある、メール投稿フォームから送ることができます。

Twitterをご利用の方へ
本番組の共通ハッシュタグ、♯niconama_talk をご利用ください。




 ***********************************************


CML メーリングリストの案内