[CML 006004] Fw: 本日中=心ある学識者・文化人のみなさまへ/広河隆一よりお願い

TERAO Terumi teraoter at mint.ocn.ne.jp
2010年 10月 16日 (土) 19:35:58 JST


 寺尾です。

環境行政改革フォーラムのML[eforum]から転送します。
広河隆一(DAYS JAPAN編集長)さんからの
緊急要請です。

重複して受信された方には大変申し訳ありません。
御手数をお掛けしますが削除してくださることでお許しください。

転送・転載歓迎。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 以下転送 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■いつも私たちを支えていただいている皆様へ、ご賛同のお願い。

中国電力がいよいよ山口県上関町の田の浦で、上関原発建設の
ための埋め立て工事を強行し始めました。

私たちは急遽「上関原発建設中止を求める、ジャーナリスト・
言論文化人の会」を設け、緊急の工事中止呼びかけを、政府と
中国電力に向けて行いたいと思っております。

この緊急声明は、10月17日(日)には、政府と中国電力と、
そして各メディアに送る予定です。

文面の現在案は以下の通りです。呼びかけ人として、現在
週刊金曜日の平井康嗣編集長と私DAYS JAPAN編集長の
広河隆一が手分けして作業を行っています。

ご賛同いただける方は、お名前を掲載させていただきたいと
思いますので、至急ご返事を頂ければ幸いです。(Eメールで
ご返信いただく場合は、件名に「上関原発反対声明」と
お書きください)

連絡先 E-mail: hirokawa at daysjapan.net fax: 03-3322-0353

2010年10月15日 広河隆一

この文は、15日現在の案です。



内閣総理大臣 殿
経済産業大臣 殿
(株)中国電力 殿

「上関原発建設中止を求める、ジャーナリスト・
             言論文化人の会」の緊急声明。

私たちは、山口県上関町田の浦に、中国電力が上関原発を
建設しようとして、いよいよ埋め立て工事に乗り出したことを
知り、いてもたってもいられず、工事の中止を求める緊急
声明文を準備しました。

上関原発が建設されようとしている田の浦は、希少動物の
宝庫として知られています。生物多様性のモデル地区と
言われるこの地域は、瀬戸内海でも珍しく自然海岸が
残されてきた地域でもあります。そのためここには多くの
天然記念物や希少生物が息づいています。原発に最も近い、
対岸の祝島の漁民は、30年間近くも建設に反対し続けて
きました。それは子孫に豊かな自然を残したいという
思いからのことです。
私たちが失おうとしている自然は、取り返しのつかない
ものです。

しかも今中国地方で、原発建設を強行しなければ電力が
不足するという報告もありません。
この一帯が地震帯であることも、私たちが反対する理由の
一つです。
ひとたび事故が起これば、それは上関町だけの問題ではなく、
山口県、そして中国地方から四国・九州・関西にまでまたがる
広域の問題となることは、25年前に起こったチェルノブイリ
原発が実証しています。

中国電力には、田の浦の埋め立てをすぐに中止し、自然と
未来を破壊する原発の建設計画を放棄するように求めます。
政府には、原発推進政策を直ちにやめて、自然エネルギー
推進政策をとるよう求めます。

呼びかけ人
広河隆一(DAYS JAPAN編集長)
平井康嗣(週刊金曜日編集長)
池田香代子(翻訳家)
賛同人:
皆様の名前を並べさせていただきます。







CML メーリングリストの案内