[CML 005942] ナヌムの家上映会の御礼

motoei motoei at jcom.home.ne.jp
2010年 10月 13日 (水) 07:31:55 JST


                                     2010.10.12
 韓国強制併合100年イベント、ナヌムの家上映会の御礼

10月10日は雨も上がり、多くの方のご来場をいただきました。
ナヌムの家上映の他、民族舞踊、詩の朗読、合唱等も好評でした。
映画では既にお亡くなりになっているハルモニも多く登場されていました。
ハルモニたちの塗炭の苦しみに耐えてきた歴史を、
生の声でお聞きすることができました。
ハルモニの意志・遺志「二度とこのような事を起こしては行けない、
その為にこの歴史を後世に伝える」その訴えは観客の心に浸みました。
 日本は毎年米政府に「思いやり予算」2000億円を組んでいながら、
アジアの被害者とその国民に対して、誠実に対応していません。
ソウルに建設予定中の「戦争と女性の人権博物館」などは
本来ベルリンにユダヤ記念館があるように、
東京の地に建設し歴史教育に役立たせるべきでしょう。
 韓国強制併合100年の集会を機会に歴史を今日に生かすため
、今後もみなさんと一緒に行動していきたいと思います。
率直なご意見等をぜひお寄せください。
本当にありがとうございました。
ナヌムの家上映実行委員会一同
    連絡先 埼玉県平和資料館を考える会 048−686−7398
                                         motoei at jcom.home.ne.jp 



CML メーリングリストの案内