[CML 005922] Re: ■内田樹氏の著書『街場のメデイア論』--ちょっと横槍

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2010年 10月 11日 (月) 09:37:13 JST


前田 朗です。
10月11日

平野さん

ありがとうございます。

> 
>  前田さんの本も幾つか読ませて貰いました。良い本だと感じて読みもしまし
たし、
> 本の大切な役割は、本の主張することを単純に信じさせることではなく、その
文章を
> 読むことで、某かの契機を戴くことかなぁ、と思ってます。
> 


つい先日、高校時代の友人から、もっと普通の人が読めるような本でないと、と
忠告を受けたところです。学術書の場合には研究者を読者に想定しているので仕
方がないのですが、平和運動や市民運動の現場でたたかっている人に読んでほし
いと思って書いた本が、読みにくいとしたら、失敗ですね。文章力だけの問題で
はなく、運動にかかわるスタンス自体の問題なのかな、などと反省中です。

飲み屋の与太話だろうと、やっつけ本だろうと、多くの読者に受け入れられる新
書の書き手に、少しは学んだほうがいいのですが、なかなか難しいものです。

それから、今回のやり取りを読み返してみましたが、茶々入れなら軽い茶々だけ
にとどめておけばよかったのに、東本さんの気分を害する書き方になっていたよ
うです。3秒間だけ反省(笑)。

ではまた。







CML メーリングリストの案内