[CML 005914] 2人のパレスチナ人が殺され4家族が家を失う(from CPT)

Yasuaki Matsumoto y_matsu29 at ybb.ne.jp
2010年 10月 10日 (日) 21:09:35 JST


みなさまへ(転送歓迎)  松元@パレスチナ連帯・札幌

いつも情報をありがとうございます。

「和平」をもてあそぶ政治ゲームを尻目に、イスラエルは占領の抑圧をパレスチナ人の生存の全局面で急ピッチに押し付け続けています。つい先日、PIEF(パレスチナ・イスラエル・エキュメニカル・フォーラム)の事務局長ユセフ・ダーヘル氏も次のように述懐しています。

…懲罰は続き…NAKBAは続く…ごまかしも続く…そして世界は沈黙し…この不公正を守る…ことパレスチナ人となると人権はゴミ箱に打ち捨てられている…。あなたはこれを何と呼ぶだろうか?



ヘブロンでまた2人のパレスチナ人が殺され家屋が破壊されました。下記にきのう配信されたCPTのリリースを拙訳しましたので紹介します。(英文は下記に)松元

==========



CPTネット

2010年10月9日

ヘブロンで2人のパレスチナ人が殺され4家族が家を失った



 10月8日の金曜日早朝、イスラエル国防軍(IDF)によって2人のパレスチナ人が殺されたというニュースを受けてCPTメンバーはヘブロン地域のジャバル・ジョハールへ行った。CPTメンバーが着いたときは、その付近はIDFによって非常線が張られていたが近くのパレスチナ人の家の屋根へと案内された。そこから彼らがちょうどモスクの後ろで重機を動かしているのが見えた。三階建てのアパートのビルが破壊されたと地元の人は言っていた。 殺された2人は、ハマース軍事部門のカッサム旅団のメンバーのようだ。CPTメンバーは、彼らが4週間前にキリヤット・アルバ入植地近くの4人のイスラエル人入植者の死にかんして嫌疑があると訴えられていたと聞かされた。CPTメンバーが屋根から見ていると、パレスチナ人の若者たちのかなりの群集がその破壊された家屋から一人の犠牲者の死体を通りに運び出した。そのからだはモスクへ、ついでヘブロンのアリア病院へ運ばれようとしていた。二人目の死体は、CPTメンバーが見えないところへ運ばれた。約 一時間後に若者たちが戻ってきたとき、破壊されたアパートの通りに面したところはイスラエル国境警備警察によって立ち入り禁止になっていた。たくさんの石やブロックがイスラエル兵に向けて投げつけられタイヤが燃やされた。イスラエル兵は、音響手榴弾と催涙ガスで応酬した。IDFは、家屋破壊を完全に為し終えてから重機を移動しその場所から徐々に引き上げていった。国境警備警察は、最後に立ち去った。そこでCPTメンバーは破壊された家屋のそばへ行った。そこには、全部で約30人4家族の家があった。IDFは、男たちを拘留し何人かを逮捕した。ニュース・リポートは、目隠しをされ手錠をされて壁に向かって座らされている何人かの男を放映している。女性と子どもたちは、近くの商店に避難していた。私たちが知っている国連当局者は、それらにかんする声明を出すこともできたはずだった。 CPTメンバーは、破壊と蹂躙をこの目ではっきりと見た。地階には羊と山羊たちがいて、地面に動物の死体が散らばっていた。カーテンと寝具は、鉄骨の残骸にからまってひっかかりコンクリートは破壊されていた。上階の部屋は、いくつかの家具も残っていて新婚夫婦用のスイートルームが準備されていた。 その家の女たちが途方に暮れて佇んでいるあいだ、100人以上のパレスチナ人の男たちや子どもたちが家屋の残骸を前にして黙って立っていた。「どうぞ今日ここで起こったことを世界に知らせてください」と彼らはCPTメンバーに頼んだ。別の女性が大声で叫んだ。「私たちが、これに値する何をしたというの?!」 そう言って、彼女は破壊された建物を絶望的に見つめていた…。========CPTnetSaturday 9th October 2010Al Khalil (Hebron) Two Palestinians killed, four families made homeless.Early on Friday morning 8th October CPTers went to the Jabal Johar districtof Hebron in response to news that two Palestinians had been killed by theIsraeli Defense Force.When the CPTers arrived, the area was cordoned by the IDF, but the CPTerswere invited to the roof-top of a nearby Palestinian apartment block. Fromthere they could see heavy machinery at work just behind a mosque, and theywere told by local people that a three-storey house had been demolished.The two dead men were thought to be members of Al Qassam, the military wingof Hamas. CPTers were told that they had been accused of being responsiblefor the deaths - four weeks ago - of four Israeli settlers near the KyriatArba settlement.While the CPTers watched from the roof-top a large crowd of Palestinianyoung men carried  the body of one of the victims from the site of thedemolished house, and down the street. They understand that the body wastaken to a mosque, and then to the Alia Hospital in Hebron. A second bodywas removed out of the sight of the CPTers.When the young men returned about an hour later, there was a stand-off withIsraeli Border Police in the street below the apartment. Many stones androcks were thrown at the Israelis, and tyres were burned. The Israelisresponded with percussion grenades and later with tear-gas.When the IDF had completed work on the demolished house, they removed theheavy machinery, and gradually withdrew from the area. The Border Policewere the last to leave. The CPTers then went to the site of the demolishedhouse. It had been home to four families: about thirty people in all. TheIDF had detained the men, and some were arrested. A news report shows someof the men blindfolded and hand-cuffed, sitting against a wall. Women andchildren were taken to a nearby shop. A UN official known to the team wasable to take statements from many of them.CPTers could clearly see the devastation. There had been sheep and goats inthe basement, and dead animals were lying on the ground. Curtains andbedding hung from the tangled wreckage of iron re-inforcing rods and brokenconcrete. An upper room had been ready for a bridal suite, and some of thefurniture was still in place.More than a  hundred Palestinian men and boys stood in silence in the rubbleof the houise, while women whose home it was stood nearby, bewildered."Please tell the world what has happened here today," they asked a CPTer.Another woman yelled out: "What have we done to deserve this?" while shedesperately watched the destroyed building.------------------------------------パレスチナ連帯・札幌 代表 松元保昭〒004-0841  札幌市清田区清田1-3-3-19TEL/FAX : 011−882−0705E-Mail : y_matsu29 at ybb.ne.jp振込み口座:郵便振替 02700-8-75538 ------------------------------------


CML メーリングリストの案内