[CML 005895] Re: ■内田樹氏の著書『街場のメデイア論』--ちょっと横槍

maeda akira maeda at zokei.ac.jp
2010年 10月 9日 (土) 11:35:48 JST


前田 朗です。
10月9日

萩谷さん

>もっとよく考えて書いてある文章を読みたいものです。
>この程度の人間の書くものを安直に新書にして乱発するのだから、まさしく日本
>の出版界はだめ。これって内田さんのことじゃない! ま、そんな気持 でした。
>  
>

「新書」って、そういうものだと思えば腹も立たないのではありませんか。

「むさくるしい日本」とか、「壁のバカ」とか、「国家の珍格」とか、思いつき
の殴り書き、呑み屋の与太話がベストセラーになるのですから、「新書」とその
読者の「日本的文化水準」は、その程度のものだということです。

でも、「日本の出版界」は「新書」だけで成り立っているわけではないので、出
版界全体をダメと決め付ける必要もないでしょう。

もちろん、新書にも時にはスグレモノがありますから、砂金探しのつもりになれ
ば十分楽しめます。

                



CML メーリングリストの案内