[CML 005886] 検察官が悪いと言うだけでは?

.SEKIGUCHI ryugan-myoue at kne.biglobe.ne.jp
2010年 10月 8日 (金) 21:18:10 JST


今晩わ

昨今、検察が悪い、警察の取り調べがひどいというニュースがありますが、
根っこは、構造的なものだと考えます。

自供の証拠化

判決に際して証拠説明に代えて証拠の標目で足りる、

とした戦時特別立法がまだ残っているからです。

以下をご覧下さい。

 ○峰崎直樹参議院議員提出「証拠の標目及び特信情況に関する質問」

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/168/syuh/s168114.htm

それに対する政府答弁

 http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/168/touh/t168114.htm
 
更に内田教授論考

 http://www.seihokyo.jp/08.07.30gogaiPDF.pdf
 
もっと詳しくは
 
○久岡康成 立命館大学法学部教授の論文
 「大正刑訴法と供述を採録した書面」
 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/law/lex/07-6/hisaoka.pdf
 
 
取り調べの可視化で済む話ではありません。

胆になる、この二点を改正する運動が今こそ求められています。 

関口明彦 拝



CML メーリングリストの案内