[CML 005842] 講演案内<歯科医からみた電磁波障害>

peace-st at jca.apc.org peace-st at jca.apc.org
2010年 10月 5日 (火) 05:56:38 JST


野村修身です。

このお知らせはいくつかのメーリングリストに投稿します。
転載を歓迎します。ダブって見ていられる方には申し訳ありません。

前回(2010年6月開催)が好評であったので、歯科医から見た電磁波障害
に関する講演会を再び開催します。どなたでも参加できますので、お誘いあわ
せてお越しください。
                    _____________________________________________
                   NOMURA; Osami, Dr. Eng. : peace-st at jca.apc.org
                   電磁波問題市民研究会・代表
                   http://www.jca.apc.org/tcsse/index-j.html
                    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
<歯科医からみた電磁波障害(第2回)>
日時:2010年10月23日(土) 13時半(13時10分開場) 〜16時半
場所:東京芸術劇場大会議室
交通:JR/東京メトロ・丸の内線/東武東上線/西武池袋線「池袋駅」2b出入口前
講師:藤井佳朗・歯科医師(新神戸歯科)
資料代:1000円
参加申込:不要(当日会場へお越し下さい)
主催:電磁波問題市民研究会
http://www.jca.apc.org/tcsse/index-j.html
電話047−406−6608(大久保)

電磁波過敏症など、環境中の電磁波被曝が引き起こす症状の改善に取り組んできた、藤井佳朗・歯科医師が、実際の診療の様子を撮影したビデオを上映しながら講演します。前回紹介されていない症例や、歯科材料によるアレルギーについても話します。

<講師への相談に対する注意>
※電磁波による健康問題を抱えており、講師に相談を希望される場合、スカートではなく動きやすいズボンを着用ください
※簡単な診断のために、意図的に携帯電話の電波を曝露させていただく場合があります
※電磁波障害は未知の部分が多いため、すべての発症者について診断ができるとは限りません。
※時間の関係で、すべての方への個別対応は出来ない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

<講師の略歴>
1985年、愛知学院大学歯学部卒業。89年、同大学院修了。2009年、国際鍼灸電気治療大学フェロー認定(ニューヨークにて)。日本医用歯科機器学会理事。生涯健康学会理事。
歯のかみ合わせを調整する「咬合治療」により、不定愁訴(慢性の腰痛、頭痛など)、顎関節症、アトピー性皮膚炎、リウマチなど全身の様々な疾患を治療。実業団女子駅伝などスポーツ選手の治療にも取り組んでいる。約10年前から電磁波の影響で健康問題が出ている患者の存在に気付き、診療方法を追求してきた。
著書:『歯科からの医療革命』『携帯電話は体に悪いのか?』(ともに現代書林)ほか。



CML メーリングリストの案内