[CML 005830] Re: 都政シンポの報告

higashimoto takashi taka.h77 at basil.ocn.ne.jp
2010年 10月 4日 (月) 10:44:14 JST


大津留さん、昨日の都政シンポのご参加ご苦労さまでした。そして、同シンポのツイッター中継とブログでの
ご報告ありがとうございました。

■「ポスト石原・福祉と環境の東京へ!」シンポ報告(大津留公彦のブログ2 2010年10月3日)
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-ae31.html

私は先にも述べましたように同シンポの第2部「フロアからの発言・質疑応答・討論」(14:50〜16:30)で来
年春にさし迫った次期都知事選を市民としていかに取り組むべきか。また、同シンポ参加者から具体的な
都知事選候補者の言及などももしかしたらあるのではないか、とひそかに期待していたのですが、そういう
ことはなかったようで少し残念です。シンポでもその他の集会などでも一般的にそうですが、「フロアからの
発言」などと謳い文句にはあっても、その発言者はあらかじめ予定されていることが多く、また、予定され
た時間帯を坦々とこなしていく、というのがふつうの会議の進行の常ですから、そういうこともありえるかな、
とは一面では思っていましたが、来年春にさし迫った都政の変革を願うシンポがそうした「ふつうの会議」
の常を超えることはなかった、という点でも少し残念です。

しかし、大津留さんのツイッター中継が終わった後のシンポの最後の最後のまとめのところで進藤兵事務
局長は大津留さんの「派遣村代表の福祉の湯浅誠氏を都知事候補に」という発言通告に応える形で同知
事選候補者問題に触れ、「知事候補は知名度で選ぶのではなく政策が必要。今は無名でも押し上げる事
が出来る。皆さんでよく話し合って欲しい」旨の発言をされたのですね。

同シンポで都知事選候補者の問題が具体的な話柄に上らなかったとしても、その心は、同シンポ参加者
の間に伏流のような思いとして共通して感じられた思いではなかったでしょうか。その意味でも同シンポは
大変意義のあるものだった、と私は思います。

伏流としての人々の思いは必ず本流となって溢れ出します。その伏流を本流に架け橋するのは今度は
「東京。をプロデュース供廚僚佝屬箸いΔ戮でしょうか。私は前回の都知事選のときに誕生し、市民と政
党との懸け橋の役割を果たそうとした「東京。をプロデュース供廚了屬亡待したいと思います。しかしな
がら失礼を顧みずいえば、前回都知事選のときは活動を開始する時機を逸していたように思います。同
プロデュースが活動を本格的に始めようとしたのはすでに政党が選挙戦の陣構えを整えてしまった後だ
った。遅きに失した、というのが私の岡目八目の認識です。だから「共同」を実現させることはできず、結
果として一方の反石原候補を推すだけのカタチになってしまった・・・・

そういう反省を含めて私は「東京。をプロデュース供廚亡待したいのです。


東本高志@大分
taka.h77 at basil.ocn.ne.jp
http://blogs.yahoo.co.jp/higashimototakashi


----- Original Message ----- 
From: "kimihiko ootsuru" <kimihiko_ootsuru at yahoo.co.jp>
To: "市民のML" <cml at list.jca.apc.org>; <cskml at yahoogroups.jp>; <wsfj at list.jca.apc.org>; <labor-members at list.jca.apc.org>; 
<katteren2010 at freeml.com>; <civilsocietyforum21 at yahoogroups.jp>; <jk-selfgovernment-net at yahoogroups.jp>
Sent: Sunday, October 03, 2010 10:43 PM
Subject: [CML 005827] Re: 10/3 (日)「 2011 年都知事選 都政改革の新ビジョン ポスト石原・福祉と環境の東京へ!」シンポジウム


> 紅林さん 各位
>
> 今日の都政シンポの報告です。
> 具体的な都知事候補の名前は出ませんでした。
>
> 大津留公彦
> 「ポスト石原・福祉と環境の東京へ!」シンポ報告http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-ae31.html



CML メーリングリストの案内