[CML 006713] Re: 見かけの時系列で錯覚させられたか? 38度線外延島砲撃事件

毛利正道 mouri-m at joy.ocn.ne.jp
2010年 11月 28日 (日) 23:39:20 JST


■確かに、日本メディアのほとんどは、11月28日からの黄海での米韓合同軍事演習について、
北朝鮮による延坪島砲撃への対抗措置として行われるかのように報じています。
韓国の中央日報は、合同軍事演習に米原子力空母「ジョージ・ワシントン」を参加させることは、
24日に決められたと報じています。

<毎日>米韓:合同軍事演習、黄海で始まる 朝鮮半島は緊張状態
    【ソウル大澤文護、延坪島(ヨンピョンド)(韓国西方)・西脇真一】北朝鮮による韓国領・延坪島砲
撃事件の対抗措置となる米韓合同軍事演習が28日午前6時(日本時間同)、朝鮮半島西方の黄海上で始まっ
た。
http://mainichi.jp/select/world/news/20101128k0000e030016000c.html

<日経> 米韓合同軍事演習始まる 北朝鮮の挑発抑止狙う
   【ソウル=山口真典】米国と韓国は28日、朝鮮半島西側の黄海上で合同軍事演習を開始した。北朝鮮によ
る延坪島(ヨンピョンド)砲撃を受けて、米原子力空母「ジョージ・ワシントン」や韓国軍のイージス艦「世宗
大王」などが参加。
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381959FE0EAE2E2E78DE0EAE3E3E0E2E3E2E2E2E2E2E2
E2

<時事通信>米韓が合同軍事演習=緊張の中、空母黄海へ―北朝鮮砲撃に対抗
  【ソウル時事】北朝鮮による延坪島砲撃事件を受け、米韓両軍は28日、黄海で合同軍事演習を開始した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101128-00000015-jij-int

<北海道新聞・共同通信>28日から米韓合同軍事演習 黄海、北朝鮮反発(11/26 19:36)
  【ソウル共同】米韓両軍は28日から4日間の日程で、韓国西方の黄海で米原子力空母ジョージ・ワシント
ン(約9万7千トン)やイージス艦などを投入した合同軍事演習を実施する。北朝鮮の韓国・延坪島砲撃を受け
た事実上の対抗措置で、北朝鮮の動きをけん制し、新たな武力挑発を抑止するのが目的だ。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/international/261961.html

<中央日報>
米空母「ジョージ・ワシントン」、日本から西海に
2010年11月25日08時26分 / 提供:中央日報
 李明博(イ・ミョンバク)大統領とオバマ米大統領は28日から西海(ソヘ)で開かれる韓米合同軍事訓練に
米空母の「ジョージ・ワシントン」を参加させることにした。両国首脳は24日午前に30分間の電話会談を行
い、北朝鮮軍による延坪島(ヨンピョンド)攻撃を計画された挑発と規定した後、北朝鮮制裁を強化して両国合
同軍事訓練の強度を高めることで意見がまとまったと金姫廷(キム・ヒジョン)青瓦台(チョンワデ、大統領
府)報道官が伝えた。
http://news.livedoor.com/article/detail/5162693/

■ ■しかし、11月28日から、黄海で米原子力空母「ジョージ・ワシントン」も参加する米韓合同軍事演習
が
行われることは、今回の北朝鮮砲撃より以前に決められていたことです。

■計画は、8月5日に発表されています。(真偽がはっきりしていない)韓国哨戒艦沈没事件に対する
対抗措置だったのです。

米原子力空母、黄海で軍事演習参加へ 中国反発の可能性2010年8月6日11時51分
  【ワシントン=村山祐介】米国防総省のモレル報道官は(8月)5日の定例会見で、韓国哨戒艦沈没事件を
受けた米韓合同軍事演習の一環として、米海軍原子力空母ジョージ・ワシントンを数カ月以内に黄海での演習に
参加させる方針を明らかにした。
http://www.asahi.com/international/update/0806/TKY201008060082.html
http://www.jiji.com/jc/p_archives?id=20100806165042-9701705&rel=m

■9月9日の記者会見でもこの計画が確認されています。
米国防総省、空母ジョージ・ワシントン黄海演習確認
http://www.wowkorea.jp/news/Korea/2010/0910/10074660.html

■また、以下の記事によれば、11月28日からの演習は、
砲撃前から予定していたものを、「予定通り行う」ものです。

<AFP>米韓、黄海で合同軍事演習 空母も参加
 【11月24日 AFP】北朝鮮が韓国の延坪(Yeonpyeong)島を砲撃し韓国側に死傷者が出ているなか、米韓両国は
24日、黄海(Yellow Sea)で海軍合同演習を予定通り実施すると発表した。
 在韓米軍によると、合同軍事演習は28日から12月1日までの4日間、黄海沖で米軍の空母も参加して行われる。
在韓米軍は、軍事演習は北朝鮮による「いわれのない砲撃」が起きる以前から計画されていたと説明する一方
で、抑止力として地域の安定に貢献する米軍の存在感を示す機会になるとしている。
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2776635/6509881

■また、下記記事でも、前原外相は、中国外相に「もともと予定されていた」と述べた、と報じられている。
中国、経済水域の米韓演習に反対 電話会談で日中連携確認
 前原誠司外相と中国の楊潔チ外相は27日午後、北朝鮮による韓国砲撃をめぐり電話で会談した。砲撃に対す
る事実上の対抗措置として28日から黄海で実施される米韓合同軍事演習に関し楊氏は「中国の排他的経済水域
(EEZ)内での演習に反対する」との立場を示した。前原氏は事態の拡大防止に向け中国の影響力行使を要
請。両氏は緊密に連携することを確認した。日中外相の協議は砲撃後初めて。
   軍事演習について前原氏は「もともと予定されていた。北朝鮮がさらなる行動を起こさないようにリー
ダーシップを発揮してほしい」と強調。

■日本のメディアの体たらくぶりが明らかだと思います。

■このように見てくると、23日の砲撃は、28日からの
米韓演習に対する対抗措置であった可能性があります。
この米韓演習はすごくでかい規模であり、
これに対抗して演習をせざるを得ない北朝鮮にとって
大変な負担であることは間違いないところです。

むろん、だからと言って、民間人の住む島を攻撃してよいとは
到底言えませんが、追いつめられた北朝鮮が、窮鼠猫をかむ、
窮余の一策で砲撃した可能性は否定できません。

==================================================
毛利正道   mouri-m at joy.ocn.ne.jp
                 http://www.lcv.ne.jp/~mourima/
〒394-0028岡谷市本町2-6-47 信州しらかば法律事務所
tel0266-23-2270 fax0266-23-6642 携帯090-4096-7065
==================================================

-----Original Message-----
From: cml-bounces+mouri-m=po31.lcv.ne.jp at list.jca.apc.org
[mailto:cml-bounces+mouri-m=po31.lcv.ne.jp at list.jca.apc.org] On Behalf Of T. kazu
Sent: Thursday, November 25, 2010 10:33 PM
To: cml at list.jca.apc.org
Subject: [CML 006654] 見かけの時系列で錯覚させられたか? 38度線外延島砲撃事件


ni0615と申します。

先ほどNHKを見て居りましたら、
キャスターが次のような主旨を述べていました。

「中国政府は28日からの米韓合同演習を、
 北朝鮮の暴走に対する国際世論の強い意志だと思って、
 シッカリと受け止めた上で、態度を決めて欲しい」

というような。(これが私の誤解でしたら御指摘ください)

〜〜〜〜〜〜

私自身は、北朝鮮の荒っぽいやり方、戦争主義者の暴走にあきれ返っています。
ですから私も報道に流されて、
28日から始まる米韓合同演習は、23日の砲爆撃に対しての「オバマの怒り」などの
結果だと思い込んでいました。
おそらく皆さんも、北朝鮮に厳しい意見を持つ人も、米韓両政府に厳しい見解を持つ人も、
同様に受け止めている人が多いのではないでしょうか?

ところが、「待てよ!」
ちょっと時系列が気になったのです。

28日から始まる予定の「米韓合同演習」は、いったいいつから準備が始まったのでしょうか?
米原子力空母に数隻のイージス艦が出動、米軍の動員規模はいかほどでしょうか?
韓国海軍、空軍の規模はいかほどでしょうか?

そんな大規模な動員を伴う軍事演習が、
23日に決定して28日から行なえるはずは有りません。
「米韓合同演習」のスケジュールは23日には準備どころか、Goサインがでていた。
そうでなければ28日に始めることはできません。

北の砲撃が金正日の事前の承認による計画的なものだったとすれば、その計画の前提は、
23日の「韓国軍射撃演習」と28日からの「米韓合同演習」がパッケージとして
スケジュール決定済みだったということです。



北朝鮮のターゲットは、この「米韓合同演習」だったという可能性はないでしょうか?
私たちはもしかすると、

見かけの「時系列」によって、
「原因」であるものを「結果」として誤読させられている、ということはないでしょうか?

拝





CML メーリングリストの案内