[CML 006705] 本日 立川駅北口で延坪(ヨンピョン)島砲撃戦問題で情宣行動

hansenbira2008-allmail2 at yahoo.co.jp hansenbira2008-allmail2 at yahoo.co.jp
2010年 11月 28日 (日) 17:34:59 JST


テント村の大洞です。本日立川駅北口で情宣行動。そのときに
私用されたビラです。早速、議論をふっかけてきた年配の女性
もいました。今、積極的に街頭に出る必要があります。

以下はビラの転載

日本は軍事力の強化ではなく、東アジアの平和構築に乗り出せ
!

―― 延坪(ヨンピョン)島砲撃戦を軍拡に利用するな!――


 11月23日、韓国西方沖の延坪島で、北朝鮮軍と韓国軍の間で
砲撃戦が起こり、韓国軍の兵士2人と民間人2人が死亡、兵士16
人、民間人3人の計19人が重軽傷を負う事件が発生しました。
朝鮮戦争の停戦以来、陸上への砲撃は初めてと言います。民間
人の住む陸上に向け砲撃を行った北朝鮮の行動は非難されて当
然の行為です。
しかし、この事件をきっかけに、北朝鮮への敵対感情が煽られ
、日本の軍事力が強化されていくことに、私たちは強く反対し
ます。

●最終的には北朝鮮との対話以外に、解決方法はない!
 この海域では、今年3月にも韓国の哨戒艦沈没事件がありま
した。哨戒艦沈没事件は、その後の普天間基地の移設先を巡る
日米合意で、日米安保と沖縄の米軍基地が必要であることの根
拠とされました。私たちは、今回の砲撃事件が、また同じよう
に日米安保の強化や自衛隊の増強に利用されていくことに反対
します。さっそく横須賀の米海軍基地から米空母ジョージワシ
ントンが韓米合同軍事演習のため出撃しました。私たちは、軍
事同盟や各国の軍事力を強化することは、かえって北朝鮮を追
い詰め、戦争の危険を高めることにしかならないと考えます。

まずは事態を冷静に捉え、対立をいたずらに煽ったりせず、緊
張状態がこれ以上、拡大しないように対処することが必要です
。朝鮮半島での全面戦争は、各国政府も含め、誰も望んでいま
せん。そうであるならば、結局は北朝鮮と最終的に対話してい
く以外に、問題を解決する方法はないのです。

●日本は東アジア全体での平和構築を目指せ!
 北朝鮮は、これまでも核実験や「テポドン」を発射したり、
いわゆる「瀬戸際外交」を展開してきました。しかし、その目
的はつねに米国との平和条約の締結にありました。朝鮮戦争を
完全に終了させ、米国に北朝鮮を軍事侵攻しないと約束させる
ことが、北朝鮮の最大の狙いでした。なぜなら、それが北朝鮮
の現在の体制の保証となるからです。そのために、北朝鮮は米
国との直接交渉を要求してきました。これまでもジュネーブ枠
組み合意や、6カ国協議など、米国との直接対話の可能性が広
がるときに、北朝鮮は軟化してきたのです。

  今回、北朝鮮が過激な行動に走ったのは、米国が「核開発を
停止しない限り6カ国協議には応じない」と無視を決め込んで
いるからです。東アジアでの平和を考えたときに、朝鮮戦争を
終結させる米朝間の平和条約の締結ということ自体は不可欠な
条件です。日本が米国を説得して、米国の北朝鮮敵視政策を転
換させ、米朝の平和条約を皮切りに、朝鮮半島の非核地帯化な
ど、東アジア全体での平和構築に乗り出していくべきです。「
平和国家」を標榜するなら、こういうときこそ制裁ではなく対
話を訴えていくべきです。(10.11.28)


  立川自衛隊監視テント村
  立川市富士見町2−12−10−504   TEL042−
525−9036

メールtento72 at yahoo.co.jp
ホームページhttp://tentomura.web.fc2.com/



−*−*−*−*−*−*−*−
立川自衛隊監視テント村・立川反戦ビラ弾圧事件元被告
大洞俊之
HP http://www.geocities.jp/solea01/


CML メーリングリストの案内