[CML 006697] Dナビ通信 Vol.1(2010.11.28)

NPO法人セイピースプロジェクト mail at saypeace.org
2010年 11月 28日 (日) 12:45:31 JST


 NPO法人セイピースプロジェクトの今岡と申します。

 この度、セイピースプロジェクトは、私どもが管理・運営しております「D-
Navi 東アジアから軍縮平和を目指す総合情報サイト」をより多くの方々に知っ
てもらい活用していただくために、約1ヶ月ペースで、この間の情勢認識や基地
関連情 報などをまとめたメーリングリスト「Dナビ通信」を皆さまに配信するこ
とに致しました。皆さまの研究活動や運動にとって少しでも有意義な情報が配
信できれば幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        Dナビ通信 Vol.1(2010.11.28)
    ―毎月発行!Dナビの最新記事をメールで紹介―

              published by SAY-Peace PROJECT
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「Dナビ通信」は、セイピースプロジェクトDナビWTによる
最新の基地情報やDナビの最新記事の情報をお知らせするメールマガジンです。
          (本体サイトのURLはこちら→http://d-navi.org/)

<目次>‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■この間の注目すべき動き
■新特集・記事の紹介
 ○特集「沖縄から安保を問う」
 ○インタビュー記事「沖縄の「基地依存経済」とは何か」(京都府立大学教
授・川瀬光義さん)
 ○スタッフ記事「沖縄に基地がいらない6つの理由」
■この間の興味深い新聞記事の紹介(最近の基地関連情報から)
■原子力艦船寄港情報
■編集後記


┏┓‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
┗■ この間の注目すべき動き
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 この間では沖縄県知事選と尖閣諸島問題が注目されます。
 沖縄県知事選は現職の仲井真弘多氏と前宜野湾市長の伊波洋一氏による事実上
の一騎打ちとなっています。
 県外移設を主張する仲井真氏と、県内移設反対・グアム移転を主張する伊波氏
が拮抗しています。

 基地問題に対するスタンスはもちろん、経済の問題を含めた沖縄社会の将来像
をめぐって選挙が闘われています。
 そして選挙を通じて問われているのは、沖縄に基地負担を押し付けてきた本土
政府と市民であることを忘れてはなりません。

 そして9月の尖閣諸島沖での中国漁船の衝突事故から続く「尖閣諸島問題」
が、新防衛大綱の改定で盛り込まれると思われる自衛隊の増強に関連付けられ
ていることも見逃せません。
 陸上自衛隊の南西諸島配備を現在よりも倍増させるという案も出されています
(11月21日)。

 「中国・北朝鮮の脅威」や「抑止力」を媒介として東アジアにおける軍事的緊
張を高める方向に進むのか、それとも軍縮を通じた協調的な安全保障を目指す
のか、日本社会がいま問われているといえるのではないでしょうか。

┏┓‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
┗■ 新特集・記事の紹介
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
▼新特集:「沖縄から安保を問う」 (http://d- navi.org/node/1436)
 28日に迫った沖縄県知事選。私たちは「沖縄基地問題」を改めて問い直す岐路
に立っています。
 沖縄に基地は必要なのか。沖縄の人々が求めてきたものは何だったのか。
 そして、本土に今何が問われているのか。
 沖縄問題の「本質」を探っていきます。

◆スタッフ記事:「沖縄に基地がいらない6つの理由」
 沖縄経済は本当に基地に依存しているのか? そもそも軍隊は住民は守るのか?
 様々な観点から基地必要論を徹底批判します。

◆インタビュー記事:「沖縄の「基地依存経済」とは何か 〜脱基地経済に向け
て〜」(http://d- navi.org/node/1427)
 基地必要論の例としてよく挙げられるのが「沖縄経済は基地に依存している」
という議論です。
 しかし「基地経済」形成過程や内実はあまり理解されていないのではないで
しょうか。
 本インタビューでは、普天間問題と経済の関係について、京都府立大学教授・
川瀬光義さんにお話を伺いました。

┏┓‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
┗■ この間の興味深い新聞記事紹介(詳しくはhttp://d- navi.org/node/3)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◆沖縄タイムス
【県知事選】「関心ある」計9割超 「投票に行く」96%(11月22日)
 選挙戦は終盤に入り、県民の注目度が日増しに高まっている。
 有権者の関心度をはかる質問項目で「大いに関心がある」は52%で「少しは関
心がある」40%、あわせると9割を超えた。
 事実上の一騎打ちで県政のトップを選ぶ知事選の投開票に向け、ムードが高
まっていることが伺える。
 投票行動では「必ず行く」80%、「できれば行きたい」16%を加えると96%に
達する。

◆北海道新聞
【道空自】日米訓練終了 住民「うるさいという感覚ない」関心低下に懸念も
(11月19日)
 航空自衛隊千歳基地で19日に終わった在日米軍再編に伴う日米共同訓練は、今
回で4回を数えたが、反対運動は盛り上がらなかった。
 市民団体は関心が薄れることを懸念している。

 今回は千歳で初めての大規模訓練で、8〜19日の期間中に模擬空中戦が6日間、
計9回あった。
 1回の訓練で離着陸した戦闘機は日米合わせて9〜16機で、1日当たりの離着陸
回数は18〜52回。
 いずれも過去に千歳で行われた訓練の中で最多となった。

 だが、目立った反対運動は6日に千歳市内で行われたデモ以外になかった。
 同市の60代男性は「千歳は自衛隊機と旅客機が飛び交うのが当たり前。米軍の
訓練だから、特別にうるさいという感覚はない」と話した。

◆東奥日報
【米軍再編】米軍の訓練移転で18自治体が連絡協(11月24日)
 日米両政府が2006年5月に合意した在日米軍再編ロードマップ(行程表)に基
づき、沖縄県の米軍嘉手納基地などから地元の航空自衛隊基地に訓練が移転さ
れた18自治体が24日、地域住民の安全確保で連携するため、東京・平河町で連絡
協議会を発足させた。

 18自治体は、訓練移転先の千歳(北海道)、三沢、小松(石川県)、百里(茨
城県)、築城(福岡県)、新田原(宮崎県)の6基地に関係する市町。

◆神奈川新聞
【神奈川】池子住宅地区で複数の米軍ヘリ上空を旋回飛行、騒音に苦情も(11月
9日)
 9日午後4時ごろ、米軍機とみられる複数のヘリコプターが米軍池子住宅地区
(逗子市、横浜市金沢区)の上空を旋回飛行しているのが確認された。
 逗子市には「ヘリの音がうるさい」「かなり低空飛行している」など計10件の
苦情が市民から寄せられた。

 同市基地対策課は約20分間にわたり、複数のヘリが同地区上空を旋回している
のを確認。同課がヘリ飛行の事実確認を照会したところ、在日米海軍司令部
(横須賀市)は「答えられない」と話したという。同課は「市内でこうしたヘリ
の騒音苦情の例はなく、騒音が続くようであれば対応を考えたい」としている。

◆中国新聞
【米兵犯罪】米軍の交通裁判 軍属を有罪認定(11月18日)
 岩国市内の市道で9月7日に米海兵隊岩国基地の軍属女性(32)が横断中の男
性=当時(66)=を乗用車ではね、死亡させた事故で、同基地は18日、米軍の
交通裁判が同日開かれ、軍属女性が衝突回避の注意義務を怠ったとして有罪認定
されたと発表した。 

 同基地によると、交通裁判は日本の行政処分に似ている。女性は基地の交通規
則に反して罪を認めたという。
 女性は9月7日からの4ヶ月間、通勤時を除いて自動車運転の権利を制限され、
安全講習の履修が義務付けられる。裁判記録は遺族に提供される予定。 
遺族は「通勤の運転が認められるのなら処分なしと同じ。命が軽く扱われてい
る。納得できない」とのコメントを出した。

┏┓‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
┗■ 11月の原子力艦船寄港情報
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◆横須賀
・11月1日〜24日 ジョージ・ワシントン(104,178トン) 8:25(1
日)〜7:29(24日) 休養、補給・維持
・11月5日〜12日 オリンピア(5,763トン) 14:11(5日)〜9:44(12日) 
休養、補給・維持
・11月19日 ハワイ(7,800トン) 12:00〜12:32 補給・維持
・11月21日〜 ハワイ(7,800トン)

◆佐世保
寄港なし

◆ホワイトビーチ
・11月1日 ハワイ(7,800トン) 14:14〜14:38 補給・維持
・11月5日 ハワイ(7,800トン) 10:23〜10:37 補給・維持
・11月18日 ヒューストン(5,744トン) 10:19〜10:41 病人の移送

↓詳しくは
http://d-navi.org/node/1005

┏┓‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
┗■ 編集後記
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 この度、Dナビ通信第1号を発行いたしました。
 今後も最新の基地情報や原子力艦船の寄港情報など、Dナビならではの情報を
発信してまいります。

 さて、28日の沖縄県知事選の投開票がいよいよ間近に迫っています。
 伊波・仲井真両候補が激しく争い、未だ予断を許さない状況にあります。
 今回の選挙において、戦後65年間、基地負担を強いられ続けてきた沖縄県民が
どのような判断を下すのか。沖縄の声を日米両政府と本土の市民はどのように
受け止めるのか。
 「D-Navi」は、本土から「沖縄に基地はいらない」の声を大きくしていく一助
となっていきたいと思います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇会員募集中!!
 私たちの活動は会員の皆さんからの会費収入・カンパによって成り立っています。
 活動の趣旨に賛同してくださる方は、ぜひご支援をよろしくお願いします。

○賛助会員(会費:半期5000円)
 セイピースプロジェクトの活動に賛同していただける個人の方(知識人、
ジャーナリストの方など)や団体の方(NPO・NGO、行政、市民団体の方など)
にお勧めしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇「Dナビ通信」への感想・要望または配信停止等はこちらへ
 mail at saypeace.org
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:NPO法人セイピースプロジェクト
住所:東京都世田谷区砧2−11−14 京利アパート3C
TEL/FAX:03-6802-4231 MAIL:mail at saypeace.org
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




CML メーリングリストの案内