[CML 006691] ★驚き!!検察審査会の独立した行政権行使による国民の人権侵害については、内閣は責任を負わないということ。

中田妙佳 gukoh_nt at yahoo.co.jp
2010年 11月 28日 (日) 02:02:28 JST


  中田です。

 

 いつもメールを送らせていただきありがとうございます。

(重複おゆるしください)



<以下転送歓迎>

昨日の私から送らせていただいた検察審査会のメールに引き続き関連して、新しい次の情報が入りました。

●「検察審査会」に関する事項について、国会から議員情報としてtwitterが入りましたので、お知らせいたします。



27日(土)夜に入りましたtwitterで、森ゆうこ民主党議員の連続のつぶやきを下記にご紹介いたします。

(下→上への順で、つぶやきが、新しくなります)



★たいへん「検察審査会」という法律について、その重要な驚きの内容と、問題点に、まさに今焦点が当てられ始めている。

そのダイナミックな国会での動きがtwitterから伝わります。この27日の部分をぜひお読みください。



<貼り付け開始>

*****************************

 moriyukogiin  



●  訂正:三権分立は何のためにあるのか。権力の分散、チェックアンドバランスによって国民の基本的人権を守るためにある。

一昨日の予算委における、仙谷法務大臣との議論で明らかになったことは、検察審査会の独立した行政権行使による国民の人権侵害については、内閣は責任を負わないということ。



続き ? 



●仙谷大臣でした。訂正します。“@TairadaHiroshi: 民主党議員までもが「仙石」と間違える始末にウケてもうたw RT @moriyukogiin: 三権分立は何のためにあるのか。権力の分散、チェックアンドバランスによって国民の基本的人権を守るためにある。

続き



●仙石大臣との議論をもう一度整理し、質問趣意書を提出して法改正を促すか。議員立法で改正するか。本来の立法府の機能を取り戻すために活動を開始しよう! ?



続き   



●昨夜、自民党の先生方から、検察審査会などという怪物がどうしてできたのか、との質問を受けた。いや、先生方も賛成したはず(-。-; 裁判員制度に気を取られ、検審の僅かな法改正に、誰も気づかなかった。不覚であった。だが、不覚であったでは済まされない。早急に法改正が必要だ!続き     



 続き



●三権分立は何のためにあるのか。権力の分散、チェックアンドバランスによって国民の基本的人権を守るためにある。一昨日の予算委における、仙石法務大臣のと議論で明らかになったことは、検察審査会の独立した行政権行使による国民の人権侵害については、内閣は責任を負わないということ。?     



続き



●検察審査会法に裁判所の「所在地」におくとあるだけで、どこが所轄なのか、国家行政組織法など他の法律の何処にも記載がない。つまり、三権のどれにも属さない、いわば、第四権力である。第四権力はその権限行使についてどこからもチェックされない。三権分立の外にある。三権分立の目的は?続  



続き 



●昨日の予算委で「検察審査会は違憲ではないかと」と質問。その後、与野党を超えて、多くの議員から趣旨に賛同、早期に法改正すべき、と声をかけられた。全ての行政組織は法律にその所轄が明記されている。つまり、最終的に内閣がその行政権行使の責任を負う

ー憲法65条、66条。しかし検審は 



貼り付けおわり)

 


CML メーリングリストの案内