[CML 006679] Re: 報道をめぐって  「米 苦肉の軍事演習」?

T. kazu hamasa7491 at hotmail.com
2010年 11月 27日 (土) 01:01:10 JST



ni0615です。
 すきま解説を狙う東京新聞の記事は、テレビによる同じことの「繰り返し」すなわち情
報操作から、いくらか解放してくれるかもしれません。
 
>韓国側の射撃訓練に反撃する形で、北朝鮮が攻撃に出ることを予測するのは不可能
ではなかったはずだ。
>大統領がみせた「激怒」には、攻撃そのものへの怒りばかりではなく、北朝鮮に対す
る米国の油断への悔恨が込められ思いたかもしれない。
>今回、韓国との合同軍事演習を決めたのは北と国内強硬派の突き上げに対する苦肉
の策ともいえる。

 とはいえ、腰の坐らぬ指導者のポピュリズムどうしが喧嘩腰で対峙すれば、交渉の道は
開かれにくく戦争への可能性がいっそう大きくなる、そんな危険性に怯えねばなりません。

2010年11月25日東京新聞朝刊3面「核心」です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(引用開始)

=========
米 苦肉の軍事演習
=========

北朝鮮砲撃
北朝鮮による韓国.延坪島への砲撃を受け、米国は二十八日に延期もささやかれていた
韓国との合同軍事演習に踏み切る。朝鮮半島の緊張がさらに高まる可能性があるが、北
朝鮮、米国内双方から「圧力」を受け、下手に身動きが取れないオバマ大統領にとってギ
リギリの判断だったようだ。(ワシントン・岩田仲弘)

(写真)23日、米ホワイトハウスで、関係閣僚から朝鮮半島情勢について説明を受けるオ
バマ大統領、(右端)=ホワイトハウス提供

軍縮優先で対策後手
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■油断
 米東部時間二十三日未明(日本時間同日午後)。オバマ大統領は側近から北朝鮮によ
る砲撃の報告を聞いて激怒したという。
 砲撃の予兆がないわけではなかった。
 当日の午前と午後、北朝鮮は自らが領海内だと主張する島近くの黄海上で韓国軍が実
施した射撃訓練に対し、抗議文や中止を求める通知文を送付していた。韓国側の射撃訓
練に反撃する形で、北朝鮮が攻撃に出ることを予測するのは不可能ではなかったはずだ。
 さらに、北朝鮮がウラン濃縮施設を既に稼働させたとみられることについて、ゲーツ米国
防長官は今月二十一日、訪問先のボリピアで記者団に「知らなかった」と明らかにした。
 施設は外部から特徴がとらえにくく、内部まで把握するのは極めて困難だとはいえ、米国
の情報収集能力の限界を露呈したともいえる。
 大統領がみせた「激怒」には、攻撃そのものへの怒りばかりではなく、北朝鮮に対する米
国の油断への悔恨が込められ思いたかもしれない。
 
国内強硬派突き上げ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■正当化
 北朝鮮は二〇〇九年四月、オバマ大統領がプラハで「核なき世界」構想を表明したまさに
その時、弾道ミサイルの発射実験を強行。それ以来、大統領は北朝鮮への姿勢を硬化させ
ていた。
 だが、現実には北朝鮮の核開発問題への対応は後手に回った。
 米保守系シンクタンク・ヘリテージ財団の、ブルース・クリンナー上級研究員は「大統領は、
ロシアとの(戦賂核弾頭の配備数を制限する)新核軍縮条約批准を優先し、北への対応が
遅れた」と批判。その理由として「『核なき世界』演説などによるノーベル平和賞受賞を正当
化するためだ」と指摘する。
 下院外交委員会共和党トツプのイリアナ・ロスレーティネン議員はオバマ政権の姿勢を「弱
腰」として北朝鮮をテロ支援国家に再指定するよう要求してきた。来年一月から与野党が逆
転する新議会で同議員は委員長就任が有力視される。大統領も、こうした強硬派の意見を
無視できなくなりつつある。

■妥協
 とはいえ、アフガニスタン、イラクの「二つの戦争」を終えないまま、新たな軍事行動に踏み
切ることはコスト、リスクともに大きい。ビクター・チャ元米国家安全保障会議アジア部長は北
への軍事力行使について「決してよい選択肢ではない」と指摘する。
 今回、韓国との合同軍事演習を決めたのは北と国内強硬派の突き上げに対する苦肉の策
ともいえる。
 軍事演習は国内外で米国の「強い決意」をアピールし北の新たな挑発を抑止する意思を示
せる。反面、過去に何度も実施してきた実例がある。米国は北朝鮮が再度の攻撃に出る可
能性は薄いと計算しているとみられる。
 米国は表向き「悪行に見返りなし」(クロ一リー米国務次官補)と強硬姿勢を示すが、将来的
には「交渉に戻るほかない」(チャ氏)のが現実。北の瀬戸際戦術を前に手詰まり感は強く、
合同演習にも妥協の色彩が漂う。

(引用終了)



----------------------------------------
> Date: Fri, 26 Nov 2010 12:49:38 +0900
> From: maeda at zokei.ac.jp
> To: icti-ml at freeml.com; cml at list.jca.apc.org; civilsocietyforum21 at yahoogroups.jp; muboubi at peace.cside.to; vaww-net-jm at list.jca.apc.org
> Subject: [CML 006667] 韓国・延坪島への砲撃事件の報道をめぐって
>
> 前田 朗です。
> 11月26日
>
> 知人から転送されてきたメールの再転送です。
>
> あらゆる軍隊の廃止を、あらゆる軍事力行使反対、という立場の私にとっては、
> 「どちらが先に砲撃したか」は、さほど重要ではないのですが、日本では、「北
> 朝鮮が一方的に砲撃してきた」といった報道が圧倒的です。「誤報に近い情報操
> 作」の疑いがあるので、下記をご覧ください。
>
> *だからといって、朝鮮側の砲撃が正当であるという主張ではありません。こう
> 書いておかないと、ばかげた難癖をつけてくる人がいるので追記しておきます
> (笑)。
>
>
>
> > 差出人:
> > > 日時: 2010年11月26日 00:24:12JST
> > > 宛先:
> > > 件名: 砲撃は韓国が先だった 23日モスクワRT動画
> > >
> > > みなさまへ (多数の市民の方たち、一部国会議員、メディアに同信させて
> いただきます)
> > >
> > > 25日に辞任した韓国防衛相の辞任理由は、時事通信によれば、
> > > http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101125-00000150-jij-int
> > > <北朝鮮軍による韓国・延坪島への砲撃事件で、責任を取ったとみられる。
> (時事通信)>
> > >
> > > というのですが、北朝鮮による砲撃事件でどうして韓国の防衛相が辞める必
> 要があるのでしょう?
> > > (ならばロバート・ゲーツは何度も辞めねばなりません。) まったく理屈
> に合いません。
> > > 私たちはこのように操作された情報の中で暮らしていることがまたもよく分
> かります。
> > > 海外の市民のブログからやっと真相を得るような日々―新聞購読をやめるべ
> き時かもしれません。
> > >
> > > 下記の3つの日付けに注目してください。 また「ごく普通の訓練」でないこ
> とも。
> > > 戦争規模の動員に近いような、こんな大規模演習を、その昔戦争をした相手
> 国に
> > > 毎月すぐ近くでやられたら、日本もさぞ恐いことでしょう。
> > > さとう
> > > =======================
> > > 2010/11/25 A新聞第一面「降り注ぐ砲弾 住民悲鳴」より
> > > 「...韓国軍は23日、「護国訓練」と呼ばれる定例訓練の2日目に入っていた。
> > > ....毎月やっている、ごく普通の訓練だ。だがその約4時間後、北朝鮮から
>> > > 砲撃が始まった。.....だが韓国軍の訓練は予定通り進み、周辺海域に向け
>> > > 射撃が続いた。午後2時34分、突然、大延坪島の北方から砲弾が降り注いだ。
>> > > =======================
> > > ブルース・ギャグノン「オーガナイジング・ノーツ」2010/11/23
> > > ―「韓国が最初に砲撃した」―
> > > http://space4peace.blogspot.com/2010/11/south-korea-fired-first-shots.html
>
> > >
> > > 韓国は北朝鮮との今回の砲撃事件において最初に砲撃したことを認めた(*)。
> > > しかしながらその砲撃は軍事訓練の一貫であり北朝鮮に向けたものではなか
> ったと述べている。
> > >
> > > (*http://www.youtube.com/watch?v=O33sfN00oDk&feature=player_embedded#!
>
> > > 11/23  モスクワRT: 
> > > ’第二次朝鮮戦争? 韓国、北朝鮮との騒乱において最初に砲撃したこ
> とを認める’)
> > >
> > > 米軍と韓国軍は7月以来、実質毎月、北朝鮮に向けた攻撃的な軍事戦争ゲー
> ムを行っている。
> > > タカ派の(ジョージ・W・ブッシュが好んだようにボマー・ジャケット<空
> 軍爆撃手用
> > > 革ジャンパー>を着た。)李大統領が率いる韓国人たちが、朝鮮半島での緊
> 張の増大を誘発する
> > > 米国人たちにより拍車をかけられているので、この事件が起こるのは時間の
> 問題であった。
> > >
> > > Hoguk 訓練と呼ばれるこの特異な戦争ゲームは、70,000人の韓国軍、600台
> のトラック車両、90機の
> > > ヘリコプター、50隻の戦艦、500機の航空機を参加させた。米軍は第31海兵
> 隊遠征隊と第7空軍を
> > > その陸と空での軍事演習に派遣している。北朝鮮指導部は、これが海軍艦隊、
> 空軍、陸地演習を含む
> > > 大規模な韓米合同演習であるという事実を引き合いに、この軍事演習を北朝
> 鮮を攻撃するための訓練と
> > > みなしている。
> > >
> > > 李大統領はこれ以前、北との統一会談を一時停止し、米国が韓国およびアジ
> アのこの地域中で
> > > 軍事基地を拡大しつつある、まさにその時に(北への)強硬発言を加速させ
> た。
> > >
> > > 私の心中では、韓国は米国がそうするように指示していなかったならば、決
> して北朝鮮領土の
> > > このような近くに第一砲撃を行わなかっただろうということに何の疑いもな
> い。
> > >
> > > 考えるべきもうひとつの重要な要素は、韓国のKim防衛相が最近おこなった、
> 朝鮮半島に核兵器を
> > > 「再配備」するよう米国に求めた発言である。この種の危険な話しは北朝鮮
> を怒らせ恐れさせた
> > > に違いない。
> > >
> > > 世界はこれ以上オバマと国防総省への幻想に苦しむべきではない。米国はグ
> ローバルな戦争を
> > > 生むため海外に出かけている。今は世界からの批判だけが米軍を止めること
> ができる。(終)
> > >
> > > =================
> > >
> > > 原発関連記事を掲載:http://www.anatakara.com/petition/eggshell-nukes.html
>
> > > 米国内の原発は卵の殻 / ニューヨーク州の原子炉周辺で母乳から検出され
> るストロンチウム90
> > >
> > > =====================
> > > (同信先:一部メディアと、メール送信制限のない連絡先を持つ一部の議員
> に送信させて頂きます。
> > > 肩書き省略しています)
> > > 菅直人議員、岡田克也議員、枝野幸男議員、福島みずほ議員 重野安正議員、
> 阿部知子議員、
> > > 横路孝弘議員、横光克彦議員、海江田万里議員、渡辺喜美議員、江田五月議
> 員、柿沼正明議員、
> > > 玄葉光一郎議員、小宮山洋子議員、園田康博議員、長妻昭議員、亀井静香議
> 員、小沢鋭仁議員、
> > > 鉢呂吉雄議員、藤井裕久議員、仙石由人議員、野田佳彦議員、小宮山泰子議
> 員、岡本英子議員、
> > > 井戸まさえ議員、杉本かずみ議員、藤田一枝議員、和嶋未希議員、室井秀子
> 議員、郡和子議員、
> > > 西岡秀夫議員、川内博史議員
> > > 沖縄タイムズ、共同通信、朝日コム、ダイヤモンド編集部、週間金曜日
> > >
> > >
> > >
> > >
>
>
>
 		 	   		  


CML メーリングリストの案内