[CML 006671] 石垣さんに質問−Re: 服部様及びCML管理人様

伊達 純 jundandy at ms12.megaegg.ne.jp
2010年 11月 26日 (金) 18:24:08 JST


伊達 純です。

 石垣さん、混乱しておられますね(苦笑)。

 服部さんが石垣さん、増田さんを擁護しておられるのは、投稿をきちんと読めば誰にも
わかると思いますが?(苦笑)

 ところで私の問いかけに答えていただけませんか?

 1989年に結成された連合によって旧社会党は「右旋回」して行き、小選挙区制が成
立し、共産党のみならず旧社会党勢力も社民党・新社会党に分裂するなどして国会内から
議席が減少しました。連合護憲勢力総体が弱体化して行ったのです。

 石垣さんが護憲・反安保の立場を貫かれるのであれば、共産党、全労連、全教を非難す
る前に、旧社会党を「右旋回」させ、小選挙区制を成立させ、共産党のみならず旧社会党
勢力、すなわち護憲勢力総体を弱体化させてきた連合、そして日米安保体制の強化である
米軍再編を推し進めている民主党を支持する連合を組織の中から批判して行くのが筋では
ないでしょうか?

 また全労連に向かって連合、全教に向かって日教組に入るよう言う前に、特定政党へ
資金を提供しない、上意下達ではない、意思決定に際して組合員は対等・平等である、何
よりも共産党員、共産党の支持者を排除しない、そして政府や大資本にきちんともの申す、
闘うことの出来る組織に連合、日教組を変えることが筋ではないでしょうか?

 それから、ある若い世代の独立系労働組合の活動家が「連合に入る気はない。連合の方
が入るんだったら入れてやる」と言ったということがありましたが、石垣さんの論理に従
えば、こういった言動も「許されるものではない」ということになりますね? そして独
立系の労働組合も連合に入るべきだということになりますね? これは既に3回問いかけ
ていますが、未だに返事がありません。



CML メーリングリストの案内