[CML 006655] 日本軍「慰安婦」問題の立法解決を求める国際署名‏、院内集会等の簡単報告

masuda miyako masuda_miyako1 at hotmail.com
2010年 11月 25日 (木) 23:07:36 JST


皆様
 こんばんは。犯罪都教委&3悪都議と断固、闘う増田です。これはBCCでお送りしています。重複、長文、ご容赦を。

 たくさんの方からの呼び掛けのありました件名集会は、定員300名の衆議院第1議員会館大会議室が満員となり、遅れて来て立ちっぱなしの人も出る370名の参加でした。後ほど主催者から、詳細な報告があると思いますので、私は、簡単な…といってもけっこう長い(なにしろ、全部で4時間!)…印象報告!? をさせていただきます。

 かなり、ゆとりをもって家を出たつもりだったのですが電車が止まってしまい…前の電車が「異常音を感じて点検」とかで…国会議事堂前駅に着いたのは11:45(ギリギリで会議室の椅子に座れました)。地上に出ると気持ちの悪いガナリ声が響いてきます。やっぱり、大きな日の丸が林立し、「主権回復を目指す会」なのか「在特会」なのか…会員はほとんど同じ顔だと思いますが…警官が周りにズラ~っと並んでいるので、全体像は見えないのですが、30~40名といったところでしょうか。

 大きな「日の丸」の下、本当に、何度聞いても品性下劣で聞くに堪えない「日本軍性奴隷」被害者への罵詈雑言…マイクは高性能らしく、よく聞こえるのです…彼らこそ「日本の恥」、彼らこそ「国辱」ではないでしょうか? 愛国心の持ち主である私(笑)ですから、「日の丸」に対して恥ずかしくないのか? と、一瞬言ってやりたい衝動に駆られました。でも、考えてみると、この「日の丸」の下で、他国の人々、他国の女性たちを極限まで踏みにじったのですから、相応しいのかも…

 被害者ハルモニたちにだけは聞かれたくない、彼ら日本人の醜悪な姿を見せたくないと思ったのですけど、在日の宋神道さんも韓国から来られたハルモニ達6人の方たちは、彼らを見ながら、彼らの声を聞きながら、議員会館に入ってこられたのでした…恥ずかしい…


●集まった署名は60万5245筆
 発表によれば、日本で約16万筆、韓国で約41万筆、フィリピンで約1万5百筆、アメリカ・ドイツ・カナダ・オーストラリアなどの国際署名が約5500筆で、合計60万5245筆を内閣官房秘書官(確か大森さんでしたか)に渡したそうです。秘書官は、ハルモニ達の話を聞き「確かに(仙石官房長官に)伝えます」と言われたそうです。

 心に響いたのは署名のほかに「慶南道民嘆願はがき書き運動」のはがきが20885枚あったことです。女子高校生たちも加わって、一人ひとりが日本の国会議員名を漢字で書き…ハングルしか知らない世代には記号のようだったようです…一人ひとりが自分の言葉で訴えるはがきを書いたのです。20885人の人々が!

 最後のスタンディングデモで「60万の署名は60万の魂です。」と言われた方がいましたが、本当に60万という魂の声を、ぜひ、日本政府は受け止めてほしいものです。


●韓国の国会議員の李美卿(イ・ミギョン)さんのお話…もう一人参加予定だった朴宣映(パク・ソニョン)さんは北朝鮮の砲撃事件の影響で来られなくなったそうです…では、「日本軍『慰安婦』問題解決を求める(韓国)国会議員の会」として「(日本国会での)立法による解決」を求める署名は超党派・与野党議員177筆が集まったそうです。

 ウィキによれば韓国の国会議員定数は299とか…177名には前ハンナラ党代表のパク・クネさんやチョン・モンジュンさんたちはじめハンナラ党議員もたくさん入っているということです。ところが…、なんと…

 李議員らが「日本政府(※つまり、菅首相でしょうね)に、これを直接、手渡したい」と言われたのに、この集会の時点では「それはできない」と言われたとか…その後の民主党の国会議員の方たち(藤田一枝議員、石毛瑛子議員、工藤ひとみ議員らが発言されました)との話し合いで何とかなっているかもしれませんけど…

 韓国の国民から選ばられた「韓国の国会議員の署名」を直接、受け取ることができない日本政府=菅首相って?


●被害者ハルモニ6人のうち、3人の方は日本に初めて来られました。最高齢の金福得(キム・ボットク)さんは92歳で、車いすでした。でも、しっかりと話されました。「私の町では、4人いた被害者のうち、生きているのは私だけです…」

 もう、本当に被害者たちには時間がないのです…敗戦後65年たっても、このまま、侵略と植民地支配の清算を済まさずにいて、どうして日本が「国際社会おいて名誉ある地位を
占め」(日本国憲法前文)ることができるでしょうか? 米軍には支払う義務は全くない日本国民の血税を湯水のように「思いやり」と称して差し出していながら…

「日米地位協定上も日本に負担義務のない在日米軍「思いやり」予算のうち1979年度から始まった基地建設費(提供施設整備=FIP)が2008年度までの30年間で約2兆1283億円に達することが判明しました。」とか(2009年6月23日(火)「しんぶん赤旗」http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-06-23/2009062301_01_1.html)…ハァ~(ため息)ですねぇ…

 大日本帝国の侵略と植民地支配の被害者たちに、もし、現在、日本政府による公的謝罪=倍賞を行うとして、こんな額になるでしょうか?…ま、本当に被害相当額を全額支払えばこんなものではすみませんけども…日本政府が支払うべきものはきちんと支払って清算を済ませなくて「東アジア共同体」などは考えられないでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 さて、余談ですが、私の明日の予定。

 朝9時に家を出て、私の所属する東京都学校ユニオンも入っている全学労組(日教組にも全教にも属さない各地の独立教員組合)の文部科学省交渉に参加、午後は、参議院会館での全学労連(同じく独立系公立学校事務職員の組合)との共同集会の後、社文前からの共同デモ。このシュプレヒコールのウグイスなどを引き受けてしまって…頼まれると断れない気の弱い私(笑)…

 そして、夜は杉並近現代史講座…んーーー重なるときは、こんなものですが…無事、我が家に生還できるかなぁ?(笑)






 

  		 	   		  


CML メーリングリストの案内