[CML 006619] Re: ● 組合の分裂問題(続)

hagitani ryo liangroo at yahoo.co.jp
2010年 11月 24日 (水) 20:12:41 JST


萩谷です。横合いから失礼。

(2010/11/24 16:24), motoei wrote:
> 伊達純さん
> あなたは全く理解していませんね。
> 私はどちらの組合が良いとか悪いとか、言っているのではありません。
> 分裂は経営者・資本家を喜ばせるだけで、許されるものではない、
> と言っているのですよ。(石垣)
>

 石垣さんは繰り返しこう言っています
 しかし、分裂はなぜ生まれるのですか?
 既成の組合ではよくないと思う人がいなかったら、分裂は生まれません。 

 私はこれを、すなわち既成の組合はだめだということだ、という意味で言うの
ではありません。
 既成の組合が悪いと言いながら、じつは新規に作った組合のほうが悪かったり
することもありうるからです。
 
 つまり、分裂を否定することは、既成の組合がいいか、新しい組合がいいかと
いう選択を前提にしているのですよ。どちらがいいか悪いかを言わない という
石垣さんの繰り返す言葉は、うわべだけの美辞麗句です。
 そんなことを言うより、石垣さんなりに明確に理由を述べて、全労連はだめ
だ、とおっしゃるほうが、ましではないでしょうか。どっちみち石垣さん が共
産党に反発する立場であることは明らかですから、石垣さんは石垣さんであるこ
とによって、すでに、どちらがよく、どちらが悪いかを言ってし まっているの
ですよ。

 上記のような論理的な理由により、伊達さんが、連合と全労連のどちらが労働
者にとっていいかを語るのは、必然的なことだし、正しいのです。労働 者自身
の利益にならない労組があったら、やめたほうがいいわけですから。
 それを強いて分裂だけは回避しようというのは、長い目で見れば、それこそ資
本家の喜ぶことですね。



--------------------------------------
Yahoo! Toolbar  -  For your Internet Safety
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar2/


CML メーリングリストの案内