[CML 006573] Re: 増田先生は * <秋の嵐>原宿事件

maeda akira maeda at zokei.ac.jp
2010年 11月 22日 (月) 12:06:41 JST


前田 朗です。
11月22日

伊達さん:

> 弾圧されることで自分が闘っていることの証明とするならば、かつて私は共産党から
>「ニセ左翼暴力集団」呼ばわりされた(ことがあると思う)「反天皇制全国個人共闘<秋
>の嵐>」絡みの裁判で、監置処分ということで15日間の拘置所暮らしをしたこともあり
>ますが?(この裁判は、前田 朗さんも御存知と思います) 
>

<秋の嵐>、懐かしいですね(笑)。

原宿事件で逮捕されたうちの1名は私のところの学生でしたから、多くの教職員
に協力してもらって保釈嘆願書を出したり、裁判でも弁護団に協力しました。

おかげで「被拘禁者奪取罪(刑法99条)」についての論文を2つ書きました。
いまだに被拘禁者奪取罪の刑事法学者による論文はほかにはありません。そんな
事件がおきないからです。おきたら、「大脱走」のような映画にできます。

原宿事件は冤罪、でっち上げです。警察官証言は滅茶苦茶でした。警察の言いな
りの東京地裁判事だったので、無理やり有罪判決。

神宮球場反天皇制ビラ配る前に逮捕事件もありました。カバンのなかにビラを
もっていて、配っていないのに逮捕ですから、とんでもない弾圧でした。こじつ
けで建造物侵入罪で立件。この時も弁護団に協力しました。後の立川テント村事
件東京高裁判決と同様、建造物侵入罪の解釈は異常な解釈で、結局、有罪に。神
宮球場の周囲の敷地を歩いただけで建造物侵入罪になるという、およそありえな
い判決でした。








CML メーリングリストの案内