[CML 006519] ■関西のスト情報第13弾

まっぺん mappen at red-mole.net
2010年 11月 18日 (木) 09:55:30 JST


■関西のスト情報第13弾【転載・転送歓迎】
まっぺんです。複数のMLに流します。重複ご容赦下さい。
私の掲示板『四トロ同窓会二次会』に投稿された生コンスト情報です。
http://6305.teacup.com/mappen/bbs
----------------------------------------------------------------------------
関西のスト情報第13弾  投稿者:生コン  投稿日:2010年11月17日(水)18時54分57
秒     返信・引用 編集済

      <スト体制は解除された> 関西のスト情報第13弾・11月17日

 本日(11月17日)10時より、3労組(生コン産業政策協議会/生コン産労・
全港湾大阪支部・関西地区生コン支部))と大阪兵庫生コン経営者会は、10春闘の
解決をめぐって、第10回集団交渉を持った。
 焦点であった生コン価格の値上の達成や賃上げなどをめぐって、大筋の合意が確認
され、最終的には、11月末日までに代表交渉や小委員会で細目を詰め解決すること
が決まった。

 よって、生コンのストライキは明日以降解除される。具体的には、労使で作る検証
委員会(生コン価格の値上を認めた物件だけ出荷させる委員会)が本日付けで解散す
る。全面ストライキから選別出荷、検証委員会、現場対応などの多彩なスト展開を通
して、生コン価格の値上も賃上げも勝ち取った。歴史的な取組であり大きな成果を得
た闘いであった。細目の詰めを残すが、労資の信頼関係を再構築する上においても、
一旦ストは解除し、月末までに誠意ある代表交渉などで最終合意に入る。7月2日ス
ト突入から139日目である。

 同じく、本日12時より、同3労組と近畿バラセメント輸送協同組合交渉団との代
表交渉が開催された。バラセメント輸送運賃の値上の達成や賃上げなどをめぐって、
大筋の合意が確認され、12月前半までに代表交渉や集団交渉で細目を詰め解決する
ことが決まった。生コン同様、細目の詰めを残すが、労資の信頼関係を再構築する上
においても、一旦ストは解除し、12月前半までに誠意ある代表交渉などで最終合意
に入る。
 よって、バラセメントのストライキは明日以降解除される。具体的には、ストによ
るSS(セメントのサービス・ステーション。バラセメントを積み込む基地)の監視
をはじめ、選別出荷などのバラ輸送の規制はなくなる。7月6日スト突入から135
日目である。また、
 ポンプ圧送についても、明日、11月18日10時より、労資代表交渉が持たれる。
詳細は引き続き報告する。

 この長期ストの評価については、いずれかの地点で発表する。闘いの歴史的な意義
については、高く評価される内容を有すると信じている。しかし、めざしたものと達
成できたことについては落差がある。確かに独占資本の産業支配はほころびて始めて
いる。だが、全国を支配するゼネコンとセメントメーカーにとって、この長期ストは
近畿地方の局地戦であり、一歩後退しながら二歩前進する力を持つ。闘う側は、かつ
てない主体的力量を示したが、すでに闘いで勝ち取った地平を切り崩す執拗な反撃は
始まっている。

 さて、闘いの途上であるとの認識は変わりませんが、この長期ストは解除されまし
た。
 この間、この通信を呼んで下さり、事態を宣伝していただいた方々、また、当方か
らお願いしました<関西生コン関連ストライキを支援する「緊急共同アッピール」>
に呼びかけ人や賛同人になっていただいた個人・団体の方々に、あらためまして厚く
御礼申し上げます。まだ、集約し切れていませんが、現在でおおよそ750人100
団体にご協力いただきました。この闘いが大きな成果を示し得たとしたら、独占資本
に対する大きな社会的包囲網を形成して下さった皆様の力の賜物と確信しております。
 闘いは続き、総括と今後の展望も明らかにしていきます。ありがとうございました。
----------------------------------------------------------------------------
転送内容は以上です。(まっぺん)



CML メーリングリストの案内