[CML 006391] Re: 大山鳴動して鼠一匹の尖閣ビデオ(上)

hagitani ryo liangroo at yahoo.co.jp
2010年 11月 9日 (火) 19:40:02 JST


萩谷です。
T.Kazuさんの論考には、お礼を多々。
林田さんの論考にも逐一賛成です。

 フランスの月刊紙「ル・モンド・ディプロマティーク」が
 中国のレアアース供給削減問題とのからみで
 この事件を取り上げており、
 近日中に日本語版 が出ますが、その中に
「勇敢にも釣魚台の海域で操業していた中国漁船が
 日本の海保庁の巡視船に包囲され、
 逃げようとして体当たり」
 という言う意 味 の記述があります。
 完全に当たってはいないかもしれませんが、
 基本的視点は間違っていないようです。

 窮鼠猫をはむ。窮しないネズミが猫に飛びかかるはずがない。
 そんなネズミは、それこそ「カミカゼ」。
 この記事は常識でそう判断して書いたのだろうと思います。
 第三者が普通に考えればそういう推定になるでしょう。

 日本の一部の血迷った人と、その尻馬に乗る人たちには、
 人間同士のことは人間同士のこととして見てくれと言いたい。

 過去2000有余年の人類史は
 人が平等対等であることの学びにほかならないからです。
 
 中国漁船を非難しても「許される」のは、海保庁の上にたつ前原大臣だけで
しょう。
(こういう時の言動を見て、やはり小沢一郎は支持できないと思っています)
 
 それにしても、あの漁船の「体当たり」の仕方、
 体当たりっていうほど勇ましく見えるでしょうか?

 そのつもりなら、速度を上げて、もっと鋭くぶつかることだってできる。
 いかにも舵が切れなくて「接触」してしまったというふうではないでしょう か。
 それ以前に巡視船の進行コースが弧を描いて変化していますし。

 林田さんのおっしゃる通り、あのビデオを見た政治家は強がっているが
 内心は自信がない
 その意味で公開をはばかった民主党首脳は正直です
 
 ところが、野党というのは「なんでも反対」してればいい立場ですから
 ビデオの内容なんかほおかむりで政府をたたく

 なんで公開しないんだ、と言えば
 知る権利の錦の御旗があるから
 卑怯な連中の、ためにする屁理屈

 情けないのはこれに煽り同調するマスメディアと
 それにだまされる一部の国民です

 きょうも私の働く界隈には大勢の中国人がいます
 働くひと、遊びにくるひと、さまざまです
 彼らに会うのを楽しみにその界隈に仕事に行きます。
 なんで憎むものですか

 中国の反日デモ数千人と言うが、日本の10倍の人口でしょ
 10で割ったら数百人ですよ。
 それなら日本ほどでもない。
 日本で反中でも数千人はひどすぎる
 イラク戦争反対でもそれくらいだったというのに

 サッカー試合でいやがらせと言ったって、
 すぐに収まって、実害はない
 日本で中国人観光客に嫌がらせをしたことは
 それほどには取り上げられないが
 いったい、中国がいなかったら、日本の経済が成り立つかどうか
 考えたらよさそうなものです
 
 中国に言論の自由がないとあれほど蔑むやからが、
 さも、中国のチンケな反日デモが中国人の本音であるかのように
 非難し憎むのは、どう見たっておかしい




--------------------------------------
Get the new Internet Explorer 8 optimized for Yahoo! JAPAN
http://pr.mail.yahoo.co.jp/ie8/


CML メーリングリストの案内