[CML 006383] 11/27 (土)「チョン・テイル焼身闘争40年ー韓国の労働者はいま」(KAJA11講座)のご案内

skurbys at yahoo.co.jp skurbys at yahoo.co.jp
2010年 11月 8日 (月) 23:46:15 JST


    紅林進です。
   
  私も会員になっています、韓国・朝鮮の歴史・文化・社会を学びながら、
  日本との相互関係について理解を深め、市民交流を促進するために活動
  しているKAJA(Korea And Japan Alternative learning group 
  https://sites.google.com/site/kajalearninggroup/top )では、
  毎月、勉強会・講座を行っていますが、11月のKAJA講座のご案内を
  させていただきます。
   
  会員以外でも参加できますが、参加されます方は、必ず事前にメールで、
  groupkaja at yahoo.co.jp KAJA事務局までご連絡ください。
   
   

  (以下、転載)

   
  皆様
   
  遅くなりましたが、以下のように11月のKAJA講座が決まりましたので、
  お知らせします。
   
  今は美しい散策路となった清渓川や、不夜城のようにファッションビルが立ち
  並ぶ東大門市場。40年前の11月、ここで1人の青年が焼身自殺をしました。
  チョン・テイル(全泰壱)です。17歳で東大門の平和市場で零細な縫製工場
  労働者となり、その劣悪な労働条件や環境に対して、独学で労働法を学び、
  待遇改善を訴える運動を組織するのですが…。「俺たちは機械じゃない!」
  と叫びながらガソリンをかぶったチョン・テイルの命をかけた抗議が、その後
  の韓国労働運動に多大な影響を与えています。

今回のKAJA講座では、チョン・テイルと当時から現在までの韓国労働運動
  について映像を一部使って学び、韓国や中国に進出している日本企業との
  関わりも含め、現地での労働問題の一端に触れる機会にしたいと思います。

テーマ「チョン・テイル焼身闘争40年ー韓国の労働者はいま」
  
第1部「映像から見る韓国の労働問題」約1時間
  映像『美しい青年 チョン・テイル』から読み取る韓国の労働運動
                   解説:イ・ヨンチェさん(恵泉女学園大学)

  映像『私たちは風の中に立つー韓国・東一紡績労組1972-2006ー』から
  読み取る
      韓国の女性労働運動  解説:大江孝子さん(KAJA会員)

 第2部「韓国と中国における日本企業の現状」約1時間
  韓国における日系企業の労働争議   
             韓国JT精密(旧韓国シチズン精密)労組日本遠征闘争団
             解説:安田幸弘さん(闘争支援団)
   
    中国における日系企業の労働争議  
           解説:中島恵さん(KAJA会員、ジャーナリスト)
   
   日時  11月27日(土)午後2時〜5時(開場1時30分) 資料代:500円
   場所:大阪経済法科大学麻布台セミナーハウス 第2会議室(2F)
〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-5 東京麻布台セミナーハウス
(TEL:03-5545-7789 FAX:03-5545-7788) 
  http://www.keiho-u.ac.jp/research/asia-pacific/access.html
地下鉄日比谷線神谷町駅1番出口を出て左へ、吉野家・オランダヒルズ森タワー
  を過ぎて約5分
  
参加希望の方は申し込みをお願いします。groupkaja at yahoo.co.jp
 以上転載OK
 

 
---------------------------------
Get the new Internet Explorer 8 optimized for Yahoo! JAPAN


CML メーリングリストの案内