[CML 006364] 日韓弁護士会共同シンポジウム 戦争と植民地支配下における被害者の救済に向けて

maeda akira maeda at zokei.ac.jp
2010年 11月 7日 (日) 11:45:46 JST


前田 朗です。

11月7日

転送です。

----------(以下転送歓迎)----------



日韓弁護士会共同シンポジウムのご案内



戦争と植民地支配下における被害者の救済に向けて

〜韓国併合100年を機に過去・現在・未来を語る〜



 韓国併合から100年を経た今,過去の歴史的事実の認識の共有に向けた努力を 







通じて,日韓両国・両国民の相互理解と相互信頼が深まることが,未来に向けて良 







好な日韓関係を築くための礎であると考えます。

 今回のシンポジウムでは,大韓弁協と日弁連の弁護士らがこの問題の解決の方向 







性と実現するための方策について検討します。



とき 2010年12月11日(土)

   10:00〜16:00(開場9:30)

ところ 東京国際交流館「プラザ平成」3階国際交流会議場

    東京都江東区青海2-2-1

     新交通ゆりかもめ「船の科学館」東口徒歩約3分

アクセス↓

http://www.tiec.jasso.go.jp/info/map.html



内容

 基調報告

 パネルディスカッション

  テーマ1 日本軍「慰安婦」問題

  テーマ2 強制連行問題

  テーマ3 その他の未解決な課題



参加費無料・申込不要



主催 日本弁護士連合会 大韓辯護士協會



お問い合わせ

日本弁護士連合会人権部人権第一課

TEL.03-3580-9815 FAX 03-3580-2896



CML メーリングリストの案内