[CML 006311] 在日コリアンとビルマ人難民

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2010年 11月 3日 (水) 12:43:28 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 尖閣諸島やロシア大統領「北方領土」視察で、日本人の排外的ナショナリズム
がすさまじくかき立てられています。日本全体が排外的ナショナリズムで「ム
キー!!!」となっているようです。
 
 そんな状況に戦いを挑むドラマが11月6日、NHK総合で放送されます。
 
 「放送を語る会」
 http://www.geocities.jp/hoso_katarukai/
 
 の掲示板で知りました。
 
 在日コリアン3世の青年と、「不法滞在」ビルマ人難民の女性の出会いと恋を
軸に、済州島4・3虐殺事件とビルマ軍事政権の弾圧を、大阪・鶴橋を舞台に描
きます。
 
 NHK総合
 
 「大阪ラブアンドソウル」
 http://www.nhk.or.jp/dodra/lovesoul/index.html
 
 11月6日、21時放送
 
 主人公はバンド活動に夢中な在日コリアン3世の青年、金田哲浩。彼はバイト
先の居酒屋で、日本に逃れたビルマ人難民のネイチーティンと出会います。彼女
は民主化運動に参加したため、軍事政権に追われています。難民認定を申請して
いますけれど、却下される可能性が大です。
 
 ネイチーティンの純粋さに一目惚れした哲浩は、父の還暦祝いパーティー席上
で、「ネイチーティンと結婚する」と言います。息子は同胞の女性と結婚し、苦
労して開いた焼き肉料理店を継ぐのが当然だと思っていた父は怒り狂います。
 
 「ビルマ人と結婚するだと!ふざけるな。貴様、民族の誇りを忘れたのか!」

と殴り合いのケンカになります。

 そこで哲浩は、父が済州島4・3虐殺事件に遭遇し、日本へ逃れた事を初めて
知ります。ショックを受けた哲浩は、事件の真相を知るために、父と一緒に済州
島へ里帰りします。「家族や友人を見捨てて自分一人だけが生き残った」と虐殺
の現場で慟哭する父の姿を見て哲浩は父の苦しみを知ると同時に、軍事政権に追
われたネイチーティンを思います。
 
 結婚の決意を固めた哲浩は日本に帰ると、ネイチーティンが入国管理局に収監
されたことを聞き、走ります・・・。
 
 これはおもしろうそうなドラマです。
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
  


CML メーリングリストの案内