[CML 004229] インパクション 174 号・特集 雑色のペスト─現代排外主義批判

impact impact at jca.apc.org
2010年 5月 24日 (月) 22:44:53 JST


インパクション174号、5/18配本いたしました。
全国書店、大学生協、新宿・模索舎などで購入できます。
店頭にない場合は書店にてご注文いただくか
小社までご連絡ください。ホームページからも注文できます。
http://www.jca.apc.org/~impact/
よろしくお願いいたします。

 ↓

インパクション IMPACTION

最新174号 ● 雑色のペスト─現代排外主義批判  1400円+税

「雑色のペスト」現代排外主義批判の思想=運動的課題 ◎ 鵜飼哲
外国人差別制度・「在特会」・ファシズム ◎ 豊福誠二・永井美由紀・山根実 
紀・冨山一郎・鵜飼哲(司会)
人種主義(レイシズム)の歴史のなかの日本 ◎ 李孝徳
エスニック・マイノリティの不可視化と排除に抗するために ◎ 細木 一十稔 
ラルフ・高谷幸(移住労働者と連帯する全国ネットワーク)
日本ナショナリズムの現在 ─ 現在進行形の植民地主義 ◎  村上力
浮遊するシニシズム ─ インターネットにおける排外主義とカウンターの可 
能性 ◎黒い彗星Che★Gewalt
『産経新聞』にみるジェンダーバックラッシュの発想と論理 ◎ 和田悠・井上惠美子
「朝鮮強占」一〇〇年と日本の植民地責任 ─ 植民地戦争の視座から ◎ 愼蒼宇
自称「笹川日仏財団」により提訴されたカロリーヌ・ポステルーヴィネー氏 
への支援の呼びかけ ◎ クリスティーヌ・レヴィ
戦後沖縄社会と「国民主義」─米軍占領期における参政権拡大問題を読む ◎ 土井智義
「シャモ」への固執 ─小林よしのりとアイヌをめぐる現代排外主義 ◎ マー 
ク・ウィンチェスター
美しき被告たちの村─李明博政権下における韓国在住移住労働者 ◎ 申知瑛
フランスにおけるもう一つのレイシズム ─「効率性」と「普遍性」による 
暗黙の了解 ◎ 森千香子
ドイツ・新たな民族主義 ◎ 平野洋
現代アメリカ社会における暴力と言語を考える ◎ 中村寛

-- 
***********************************************************
インパクト出版会   113-0033 東京都文京区本郷2-5-11 
  tel 03-3818-7576  fax 03-3818-8676
  impact at jca.apc.org   http://www.jca.apc.org/~impact/


CML メーリングリストの案内