[CML 004169] 【あさって5/22】生存権の保障――ベーシック・インカムの可能性

ピープルズ・プラン研究所 muto at jca.apc.org
2010年 5月 20日 (木) 14:27:08 JST


【転送・転載歓迎、重複ご容赦】

ピープルズ・プラン研究所の山口です。

直前になりましたので、オルタキャンパス「OPEN」<多様な生を保障する「連帯
社会」のために>シリーズ第5回目のご案内を再度お送りします。『ベーシッ
ク・インカム入門』(光文社新書)著者の山森亮さんが関西からわざわざ東京ま
でいらっしゃいます。首都圏ではめったにない機会だと思いますので、ぜひ!

★ピープルズ・プラン研究所:オルタキャンパス「OPEN」★
<多様な生を保障する「連帯社会」のために>

 2010年のピープルズ・プラン研究所のオルタキャンパス「OPEN」は、新春ス
タート。月に一度のゆっくりペースで「連帯社会」について考えます。動き始め
た政治の中で、いままでつながっていなかった人びととつながり、顔の見えない
遠くの人びととも実はつながっていることを確かめ、グローバル化の中で格差が
広がるこの社会を、誰にとっても、少しでも住みやすいものにするための「連
帯」です。民主党政権で緒についた政策を具体的かつ建設的に批判しながら、そ
れをちょっとだけ超える社会の、人間関係についてのアイディアを、一緒に育て
ていきませんか?

******************************************************
第5回:2010年5月22日(土)
生存権の保障――ベーシック・インカムの可能性
******************************************************

<発言者>山森亮(同志社大学教員、『ベーシック・インカム入門』著者)
     白川真澄(『季刊ピープルズ・プラン』編集長)

◆日時:5月22日(土)14時〜17時 ※終了後、簡単な交流会あり。
◆場所:ピープルズ・プラン研究所
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd1/index.php?id=5

◆参加費(事前申込み不要)
会員1000円/非会員1200円/貧乏人(自己申告)800円

◆連絡先
ピープルズ・プラン研究所(PP研)
住所: 〒112-0014 東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル2F
電話: 03-6424-5748  FAX: 03-6424-5749
URL: http://www.peoples-plan.org/jp
E-mail: ppsg at jca.apc.org

□■━━━━━━━━━━━━■□
  6回目(最終回)のご案内
□■━━━━━━━━━━━━■□

■第6回:7月3日(土)
 環境という問題――経済・文明・ライフスタイル
  <発言者>古沢広祐(國學院大学教員、「環境・持続社会」研究センター
〔JACSES〕代表理事)
       辻信一(明治学院大学教員、ナマケモノ倶楽部)

 「エコ」という言葉を聞かない日もないし、「エコ」という名がつかない商品
も珍しい。「エコ」で経済成長を続けようという発想が主流になっている。どこ
か、おかしい。脱成長の経済とは? 新しい自然観と文明のパラダイムとは? 望
ましいライフスタイルとは? 環境という問題をいくつかの切り口からラディカ
ルに問い直す。

※全体のご案内はこちらにもあります。
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/open/index.php?content_id=2


CML メーリングリストの案内