[CML 004130] 「毎日新聞」にレイバーネットTVの紹介記事

Akira Matsubara mgg01231 at nifty.ne.jp
2010年 5月 17日 (月) 15:49:50 JST


松原です。複数のメーリングリストに投稿します。

「毎日新聞」夕刊に、本日20時より初放送の「レイバーネット 
TV」の記事が
大きく載りました。ぜひみなさん番組の視聴を、そしてツイッターでコ 
メントを。
http://www.labornetjp.org/tv

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●労働問題:17日ネット番組開始 市民グループが情報発信


 昔ガリ版、今ネット−−。労働に関する情報をインターネットで発信 
している市民グループ「レイバーネット日本」が17日夜、動画をオン 
ライン放映する「レイバーネットTV」をスタートする。参院選を前に 
政党のオンラインTVなども始まっているが、労働問題の専門番組は 
ネット上では初の企画ではという。質問に答えるコーナーの生中継も実 
施。ネットメディアをビラ代わりに「埋もれている情報に光を当てた 
い」と意気込んでいる。

 レイバーネット日本は、労働者の現状や労組の情報を共有しようと0 
1年に設立された。メンバーには労組員の他にビデオジャーナリストな 
ど映像に携わる人も多く、集会の様子などを録画した情報も発信してき 
た。

 初回となる17日の放映は、午後8時から1時間。大手メディアでは 
取り上げられることの少ない現場の情報を市民の視点で紹介するのがコ 
ンセプトだ。動画配信サイト「USTREAM(ユーストリーム)」を 
使って配信する。

 若手労働者から寄せられた質問に、古参の労組員が答える「教えて、 
おじさん」を生中継。残業代が支払われない、セクハラがひどいなど 
「不満自慢」 のコーナーでは、寄せられた情報を即興で川柳や 
替え歌にして激励するなどユニークな試みも行う。

 今後も月1回放映予定で、番組内で視聴者との双方向のやり取りを図 
る。レイバーネット日本の共同代表の松原明さんは「市民メディアなら 
ではの視点で情報発信したい。雇用情勢が厳しい中で、働き方を考える 
刺激になれば」と話している。問い合わせはレイバーネット日本(0 
3・3530・8588)へ。 番組の視聴はhttp:// 
www.labornetjp.org/tv。【東海林智】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


**************************
  松原 明  mgg01231 at nifty.ne.jp
  http://vpress.la.coocan.jp/ ビデオプレス
  http://www.labornetjp.org/ レイバーネット
**************************




CML メーリングリストの案内