[CML 004100] 日本希望製作所のNPO法人化記念イベント( 5/15 大阪、 5/16 東京 ) のご案内 ( 転載)

skurbys at yahoo.co.jp skurbys at yahoo.co.jp
2010年 5月 15日 (土) 01:16:13 JST


紅林進です。
   
  韓国に、「韓国社会の未来を新たにデザインする,創造力あふれる民間の研究所」
  を目指し,「誰もが研究者でありSocial Designerである」 ということを標榜してつくられた
  「希望製作所」という市民参加型のシンクタンクがあります。
  そして「独立,オルタナティブ,地域,現場,実用,参与,統合」を活動の理念として掲げ,
オルタナティブを提案する組織としてユニークな取り組みを行っています。 
   
    その,韓国の「希望製作所」の取り組みに共感し,その活動を日本に知らせることを
  通じて、日本の市民社会にオルタナティブを提案すべく「日本希望製作所」が設立
  されました。(「日本希望製作所」HPより)
そして,日本のまちづくりをめぐる取り組みの調査・研究を始めとして,日韓の「地域
  と地域,現場と現場を繋げる」 持続的な交流を推進していこうとしています。 
   
  その「日本希望製作所」がこの度NPO法人化したそうです。
  その法人化記念イベントを大阪と東京で開催するそうです。
  以下、日本希望製作所のメールマガジンよりその案内を転載させていただきます。
   

   
  【東京】
「希望ある市民社会の創り方 〜日韓交流から学び、協働から高めあう〜」
 日時:2010 年5月16日(日) 13:30〜16:30
 会場:在日本韓国YMCAスペースワイホール(東京・水道橋)
 案内・申込み http://japan.makehope.org/113

【大阪】
「韓国併合100年と日韓市民の新たなパートナーシップ」
 日時:2010年5月15日(土) 13:30〜16:30
 会場:PLP会館(大阪・天満)
 案内・申込み http://japan.makehope.org/112

───────────────────────────────
───────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ NPO法人化記念イベント、ぜひご参加を ■■■
────────────────────────────

日本希望製作所のNPO法人化記念イベントが、
いよいよ今週末に近づいてまりました。本当に数多くの方から参加の
申込み、ご連絡をいただき、大変ありがとうございます。
当日は複数の新聞社の取材が入るなど、各方面からの注目、応援も
いただいております!

メルマガ読者の方々にも、日本希望製作所の取り組みと目指すことを
ぜひ体感していただければと考えております。


日本と韓国は、地方の衰退、貧困の克服、若者の就労難、福祉の充実、
人としての権利など共通の社会テーマを多く持っています。
そして社会的企業、コミュニティ・ビジネスなど市民活動の自立への
模索も共通した挑戦です。

日本と韓国が交流・連携することは、一方が一方から学ぶだけでなく、
協働を通して、お互いに高めあえるパートナーになっていける可能性が
大いにあります。その可能性を実現していくためにどうしたらいいか?
今回の記念イベントは、それを多くの皆様と対話する場にしたいと
考えております。


当日は、韓国より朴元淳(パク・ウォンスン)希望製作所常任理事が
訪日し、特別講演を行います。

朴常任理事は、市民が日常の不満や疎外を希望の種に変えていける活動を
地域に広げることを目指し、市民参加型シンクタンク「希望製作所」を
2006年に創設しました。
また、韓国に寄付文化を広げ、年間15億円の寄付をコーディネートする
「美しい財団」、リサイクル文化を広げたと言われ、今では年間20億円を
売上る社会的企業「美しい店」のプロデュースなど、
韓国を代表する社会起業家、ソーシャル・デザイナーとしてアジア、
世界で著名な人物です。

今年、朴常任理事はイギリスに長期滞在し、社会的企業を始め、様々な
社会システムの研究に取り組んでいます。当日は、そこで湧き出た最新の
アイデアをお話しいただけると思います。

また、グリーンツーリズムの第一人者 青木辰司先生(東洋大学教授)、
アート・ワークショップのパイオニアである及部克人さんら、
各分野から多彩な方々に、ご参加いただき、ご自身の体験した
新しい日韓交流の可能性についてもご紹介いただきます。

※朴元淳氏、当日参加者については下記もご参照ください。
http://japan.makehope.org/115


今、日本にある最大の格差は、希望の格差だと言われることがあります。

多くの人が希望を持てる市民社会を創るには、どうすべきか?
そのために、これからの日韓のパートナーシップはどうあるべきか?

みなさまと共に考えたいと思います。ぜひご参加下さい。


【東京】
「希望ある市民社会の創り方 〜日韓交流から学び、協働から高めあう〜」
 日時:2010 年5月16日(日) 13:30〜16:30
 会場:在日本韓国YMCAスペースワイホール(東京・水道橋)
 http://japan.makehope.org/113
 案内・申込み  https://pro.form-mailer.jp/fms/0cdcb4d28343

【大阪】
「韓国併合100年と日韓市民の新たなパートナーシップ」
 日時:2010年5月15日(土) 13:30〜16:30
 会場:PLP会館(大阪・天満)
 http://japan.makehope.org/112
 案内・申込み  https://pro.form-mailer.jp/fms/bcc64d3d8345


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 参加申込みの方からの声! ■■■
────────────────────────────

参加予定の皆様から、こんなご期待の声をいただいております。
今回のイベントは、日韓交流に経験があり新しい可能性をお考えの
方にはもちろん、今まで日韓交流に経験はないが、地域や社会を
考える新しいヒントを探している方にも、ぜひお越しいただきたい
と考えております。
ぜひ、身近な方にもご案内いただければ幸いです。

・韓国と日本の距離がどんどん縮まっていくのを肌で実感して
 います。より多くの方へ、新しい視点を伝えてくださることを
 願っています。
・個人が生き生きと生きていける社会のあり方について、
 率直に意見交換できる場であることを期待しています。
・これまでの停滞を変えて行くにはどうすればいいのかを
 学びたいと思います。
・日韓交流・協働の経験はありませんが、
 今後、地元のまちづくりの中で活かしたいと考えています。
・東アジア市民という考え方、行動の仕方が大切だよ思っています。
・大学で高麗大学との提携講義を受講し、ディスカッションを通して
 意見交換を行っておりました。その経験から隣国・韓国から多くのこと
 を学び、以降韓国語の学習を始め交流を深めてきました。
 今後どのように今までの経験を活かしていくかを考えるため、
 参加させていただきたいと思っております。
・世界は、そして日本は21世紀を乗り切ることが出来るのか。
 それは日韓が連帯できるかどうかにかかっていないだろうか。
・ 今まで日韓関係について深く考えたことはありませんでした。
 しかし、留学経験を通して私自身が日本人であるということを
 意識しはじめました。
 日本は韓国に何をしてきたのか。そして韓国と日本の関係を
 一から学びたいと考えております。"
・アジアとの共存が、これからの私たちの行動原理です。
・1990年に韓国に語学留学後、95年阪神大震災時韓国語通訳翻訳
 ボランティア、その後韓国語講師をしています。
 最近では滋賀で地方ならではの都市&農村、日韓交流に関わっています。
・「社会的起業の実践」や「日韓交流の在り方」を直接自分の目で
 確かめたいため、申込をしました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3■ブックレット
「Hope Report 新しい市民社会の創り方
 〜 日本希望製作所 3年間の歩み 」発刊 ■■■
◇ 東京イベント会場参加者の方に配布します ◇
────────────────────────────

日本希望製作所がNPO法人化するのを記念し、
3年間の活動の記録をまとめたブックレット
「Hope Report 新しい市民社会の創り方
〜日本希望製作所 3年間の歩み」を発刊いたします。

3年間の活動日誌、約50件の視察のコーディネート実績の中から
印象的な視察の紹介、韓国の美しい店、美しい財団などの紹介、
希望の種を探そうの報告など、活動のごく一部でしかありませんが、
日本希望製作所の取り組みの日々の一コマを多くの皆様に
感じていただければと考えて作成した小冊子です。

また、希望叢書「ろうそくデモを越えて」に掲載されている
朴元淳希望製作所常任理事のインタビューを関係者のご厚意により
掲載します。
韓国の社会デザイナーとして市民社会をリードしてきた朴弁護士が
どのような思いで参与連帯、美しい財団、美しい店、希望製作所と
いったユニークな団体を設立してきたのか、その思いが詳しくわかる
インタビューです。

東京の5月16日のイベントで、会場参加者の方に配布いたします。
また、大阪会場での販売、イベントに参加いただけない方のためへの
販売も承ります。(1部500円)

お読みいただければ幸いです。


※郵送での販売をご希望の方は、
hopemaker at hopemaker.org 宛に電子メールでご連絡下さい。
・メール件名:Hope Report送付希望
・お名前、ご住所、ご所属、電話番号、部数をご記入下さい。
・お申し込み後、冊子をお送りします。
 同封する請求書に従い、1部500円+郵送料をお振込み下さい。
(なお恐れ入りますが、冊子送付は5月24日以降を予定しております)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特定非営利活動法人 日本希望製作所
WEBサイト: http://japan.makehope.org/
事務局ブログ: http://hopemaker.blog40.fc2.com/
住所:〒102-0072 千代田区飯田橋1-8-9
   ニューシティハイツ飯田橋401号
TEL:03-6272-6041

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 
---------------------------------
2010 FIFA World Cup News [Yahoo!Sports/sportsnavi]


CML メーリングリストの案内