[CML 004074] Fwd: [muennews:00154] 無煙ニュース

peace-st at jca.apc.org peace-st at jca.apc.org
2010年 5月 13日 (木) 06:31:19 JST


野村修身です。

無煙ニュース154号を転送します。
転載を歓迎します。ダブって見ていられる方には申し訳ありません。

警察の取調室を禁煙にする動きが広がっているとのことです。取調室の実態は
どのようになっているのでしょうか?特に、弁護士さんなど経験者の報告があ
れば幸いです。
                   _________________________________________________
                   NOMURA; Osami, Dr. Eng. : peace-st at jca.apc.org
                   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Forwarded by NOMURA; Osami <peace-st at jca.apc.org>
----------------------- Original Message -----------------------
From: 土森 武友  <tsuchi_tk at ybb.ne.jp>
To: muennews at tsuchi-ml.net, uen at nosmoke.jp
Date: Tue, 11 May 2010 17:17:45 +0900
Subject: [muennews:00154] 無煙ニュース
Cc:  
---
取調室禁煙 消えゆく「1本吸うか」…15都道府県警実施
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100510-00000014-maip-soci
 「刑事さん、1本吸わせてくれよ」「悪いな、禁煙なんだ」。取調
室を禁煙にする動きが各地の警察で広がっている。警察庁によると、
これまでに15の都道府県警が取調室を禁煙にした。公共スペースの
禁煙の動きが取調室にまで波及した形だ。4月には警察庁が取調室の
禁煙の検討を全国の都道府県警に通達で要請した。だが「容疑者を落
とす小道具としてたばこは必需品」などと、捜査への支障を心配する
声は現場に根強い。果たして取調室の禁煙は全国に広がるのか−−。
【合田月美】
 07年4月、愛知県警が、本部庁舎の建て替えをきっかけに取調室
を全面的に禁煙にした。これを皮切りに禁煙化が各地で進む。警察庁
によると、現在、警視庁と岩手、福島、富山、石川、福井、神奈川、
岐阜、三重、滋賀、大阪、山口、沖縄、北海道の各道府県警に及んで
いる。
 警察に逮捕された容疑者は「刑事収容施設及び被収容者等の処遇に
関する法律」に基づき、自費で購入したたばこを留置場の決められた
場所で吸うことができる。喫煙時間や本数は警察署長の権限で制限さ
れ、留置場管理を担当する警察官が監視する。03年に「健康増進法」
が施行され、不特定多数が出入りする公共スペースの禁煙化が進んだ。
警察施設も例外ではないが、取調室は不特定多数が出入りする場所で
はなく、「聖域」となっていた。
 警察庁は昨年11月、全国の都道府県警の留置場管理部門と刑事部
門を対象に取調室禁煙化の賛否を問うアンケートを実施。留置場管理
部門は全都道府県警が賛成する一方、刑事部門は一部の「態度保留」
を除いて賛否が半々に分かれた。刑事部門に残る抵抗感が浮かんだ結
果だが、警察庁総務課は「社会的な流れもあり、捜査優先だけを理由
に取調室を聖域化するのはどうか」と話す。
 09年8月に禁煙にした石川県警は「捜査員も『心配したほどの支
障はなかった』と話している。取り調べの適正化も一層進む」と話す。
未実施の山梨県警は「禁煙が、法令で定められている容疑者の権利を
侵すことにならないかを含めて検討中」という。千葉県警のあるベテ
ラン捜査員は「たばこは容疑者の緊張をほぐすのに欠かせない。禁煙
にすると取り調べがやりにくくなる」と言う。一方、警察庁のある幹
部は「取調室の禁煙に反対するのは、捜査員自身が吸いたいという実
情もあるのではないか」と話している。
 ◇取調室◇
 国家公安委員会規則で、容疑者の逃走や自殺の防止、換気や防音の
ための適切な設備を整えるよう定められている。机をはさんで調べ官
と容疑者が向き合って座り、調べ官には補助者がつく。「取り調べの
適正化」に取り組む警察庁は、09年度に約3億6000万円を投じ、
机の下に遮へい板を取り付けたり、机の脚を床に固定する措置を講じ
た。調べ官の足が容疑者に当たったり、机が激しく動くのを防止する
のが目的だ。


釧路で禁煙フォーラム/たばこの健康被害考える/
http://www.news-kushiro.jp/news/20100509/201005096.html
  世界禁煙デー(5月31日)を前に、専門家と市民がたばこによ
る健康被害について考える「釧路禁煙市民フォーラム」(釧路保健所、
釧路市医師会など共催)が8日釧路市内で開かれた。日向クリニック
の日向正明院長が座長を務め、2人の専門家が講演。釧路保健所の山
口昌子主任技師が喫煙者の歯周病にかかる率が非喫煙者に比べ高いこ
とを紹介。東京都済生会中央病院糖尿病・内分泌内科の村田千里医師
が最近は若い女性の喫煙率が増加傾向にあることを紹介し、「乳幼児
の突然死、知能発達の遅れの原因となる」と指摘。最後に「禁煙日、
禁煙方法を決め、パッチやガムは禁煙外来や薬剤師とよく相談して使
用してほしい」と締めくくった。 
 

ポイ捨て、路上喫煙やめて 若松南海岸地区 地元住民ら90人が活動
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/170500
 北九州市の「迷惑行為防止活動推進地区」に指定された若松区の若
松南海岸地区で9日、地元住民ら約90人がごみ拾いをして、通行人
に路上喫煙やごみのポイ捨ての自粛を呼び掛けた。
 久岐の浜一帯の同地区は旧古川工業若松ビルなど大正時代の建造物
が残り、石炭景気に沸いた若松のにぎわいをしのばせる風光明媚(め
いび)な観光スポット。
 若松渡船場からJR若松駅までの海岸線一帯が3月31日、同地区
に指定され、地域団体による迷惑行為防止活動を市が側面から支援す
ることになった。
 活動団体に指定されているのは、同区第1、第5、第6の各自治会
と久岐の浜クリーングループ。同区第6区自治会の川本和二三(かず
ふみ)会長(82)は「潮風に吹かれながら散歩をするには最高の場
所です。活動を続けて、さらに美しく快適な街を目指したい」と話し
ている。

【写真】海岸沿いのごみ拾いをする参加者

=2010/05/10付 西日本新聞朝刊=


肺の問題、500人学ぶ 広島で健康集会
http://www.chugoku-np.co.jp/Health/An201005100209.html
 息切れなど中高年の肺のトラブルをテーマにした「中国新聞健康フ
ォーラム」が9日、広島市中区の広島国際会議場であった。肺の生活
習慣病である慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)について専
門家が講演し、約500人が聞き入った。
 COPDには慢性気管支炎や肺気腫があり、たばこや排ガスなどが
原因で肺胞が壊れて息を吐く機能が下がる症状を指す。
 広島大病院(南区)の服部登准教授は、COPDが世界死亡原因の
6位(1990年)から2020年には3位になるとの世界保健機関
(WHO)の予測を紹介し「早期発見のため検査を」と呼び掛けた。
 同大大学院保健学研究科の関川清一准教授は予防のため、呼吸する
筋力を鍛える体操を実演し「禁煙し適度な運動を」と訴えた。
 両氏と、プロ野球解説者の達川光男氏たちを加えた計5人によるパ
ネル討議もあった。(東海右佐衛門直柄)


兵庫・加西市が勤務中全面禁煙へ 庁舎の内外問わず
http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010051101000398.html
 兵庫県加西市は6月から職員の勤務時間帯の喫煙を全面的に禁止す
ることを決定。今月6日から試行を始めた。
 勤務時間帯の喫煙自体を全面的に禁止する自治体は珍しく、日本禁
煙学会(東京都)理事長の作田学杏林大客員教授(62)は「西日本
の市町村では初めてではないか」としている。
 全面禁煙は、昼休みを除き、午前8時半の始業から午後5時15分
の終業までで、庁舎の内外を問わない。同市は2003年4月に、公
共施設内を全面禁煙化した。市役所は庁舎外にだけ喫煙所を設けたが、
職員の健康増進を図るため、全面禁止に踏み切った。喫煙する加西市
職員からは「終業時間が待ち遠しくなる」との声が漏れているという。
 全面禁煙は大阪府が08年5月から実施。兵庫県内では、宝塚市が
ことし4月から勤務時間のうち午前中の喫煙を禁止し、6月から午後
も含め禁止する。


365アンケート「大幅値上げでたばこが一気に400円台、あなた
はどうしますか?」集計結果
http://www.hokkaido-365.com/news/2010/05/post-995.html


公共施設で全面禁煙=来年から中国
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100510-00000219-jij-int
 【北京時事】中国衛生省は10日、2011年1月から、学校や官公庁など
公共施設を全面禁煙にすると発表した。中国の喫煙人口は3億人を超え、
世界最多とされる。
 中国新聞社電によると、同省は陳竺衛生相をトップとする「無煙庁
舎指導チーム」を発足。1年間の禁煙に成功した同省職員に500元(約
6800円)の奨励金を支給する方針という。 


中国、2011年から全面禁煙 全国の公共施設で
http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010051001000436.html
 【北京共同】中国衛生省は10日、2011年1月から、学校や行
政庁舎など全国のあらゆる公共施設や、公共交通機関を全面禁煙にす
ると発表した。
 31日の世界禁煙デーを前に、全面禁煙の目標を掲げることで取り
組みを加速させ、禁煙意識の醸成も図る狙い。同省は省内の意識改革
から始めるとして、1年間の禁煙に成功した職員に500元(約68
00円)の奨励金を出すなどの対策を進めるという。
 同省によると、中国の喫煙人口は3億数千万人。昨年から全国の医
療機関などを11年までに全面禁煙にする取り組みに着手している。
万博開催地の上海市では今年3月から市内の公共施設を全面禁煙にす
る罰則付き条例を施行した。


中国が「完全禁煙」…屋内公共スペースは11年1月、屋外も推進 
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0510&f=national_0510_024.shtml 
  中国は2011年1月1日から、飲食店や仕事場など屋内の公共スペー
スにおける喫煙を、全面禁止する。同政府・衛生部は10日、医療機関
なども全面禁煙化すると発表した。
  政府衛生部門や医療機関では、2010年内に施設の50%で全面禁煙
を実現し、11年には100%禁煙とする。飲食店や交通機関内、仕事場の
禁煙も同様に禁煙化を進める。屋外の公共スペースでも、完全禁煙を
推進する考えという。(編集担当:如月隼人)
 

禁煙成功者にはボーナス=来年1月から公共空間の完全禁煙規定導入へ―中国衛生部
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100511-00000005-rcdc-cn
2010年5月10日、中国衛生部は定例記者会見を開催、来年1月から公共
空間での完全禁煙を実施することを発表した。西安晩報が伝えた。
対象となるのは公共空間、室内の職場、公共交通機関。可能な場合に
は室外の職場も含まれる。喫煙者が多い中国だが、世界保健機関(WHO)
の「タバコ規制枠組条約」に加盟しており、これまでもレストランで
の分煙規定など対策を進めてきた。
衛生部の発表を受け、タバコ企業の株価は大きく下落。香溢融通は6.
27%、陝西金葉は1.53%下げている。一方、取材に対しては各企業
ともノーコメントを貫いた。ある匿名希望のタバコ企業関係者は「も
しコメントを発表すれば、厳しく批判される可能性もあるので」とそ
の理由を話している。
なお模範を示すべく、衛生部は10日から職員の禁煙活動を開始した。
衛生部ビル内部ではタバコを他人に勧めること、勧められたタバコを
受け取ることを禁止するほか、1年間の禁煙に成功した従業員には500
元(約6830円)の奨励金が与えられるという。(翻訳・編集/KT)



--------------------- Original Message Ends --------------------



CML メーリングリストの案内