[CML 004064] ●変革のアソシエ「安保・沖縄特別講座」のご案内

konishi makoto shakai at mail3.alpha-net.ne.jp
2010年 5月 12日 (水) 15:12:25 JST


米兵・自衛官人権ホットラインの小西です。
下記のように、「変革のアソシエ」の特別講座を開始しますので、ぜひ
ご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●変革のアソシエ「安保・沖縄特別講座」PART 

  *日米安保体制の現在と新たな反安保論の形成に向って
     ――米軍普天間飛行場移設の根本問題とはなにか?

★第1回 5月22日(土) 1500〜1700
  ―冷戦後の日米安保体制を検証する―
    テキスト:小西誠著『日米安保再編と沖縄』(社会批評社、2010年4月刊)

 ●講師 小西 誠
   (軍事問題研究家・米兵自衛官人権ホットライン事務局長)
    著書:『自衛隊そのトランスフォーメーション』『日米安保再編と沖縄』
    (社会批評社)ほか。

 ●場所 東京中野・協働センター・アソシエ (地図を参照)
   東京都中野区中野2−23−1 ニューグリ−ンビル309号 
   中野駅南改札口1分  
   電話 03−5342−1395 ファックス 03−6382−6538 

●その他の2010年の予定
[1](5月22日)  冷戦後の日米安保体制を検証する
[2](6月12日) 日米安保再編と自衛隊の沖縄重視戦略
[3](7月10日) 日米安保体制の再編と沖縄海兵隊
[4](9月18日) アメリカのアジア太平洋戦略と日米安保体制
[5](10月16日)新たな反安保論の形成に向かって
―――――――――――――――――――――――――――――
◎ 5月22日土曜日15:00−17:00 開講 ◎受講生募集◎
――――――――――――――――――――――――――――――
【募集要項概要】                           

【受講料】
 講座は、全5回 5000円。各回の当日参加は、1回1,000円、非正規
 労働者や学生などは講座で決めます(1回ごとの参加も可)。

【申込方法】 
講座名、郵便番号・住所・氏名・電話・FAX番号・電子メールアドレス(必須)
を明記し、ゆうちょ銀行の「払込取扱票」またはFAX、葉書、電子メールアド
レスにて、にお申し込みください(当日の申込可)。

【支払方法】
 ゆうちょ銀行の払込取扱票「口座番号:00120―3―567753」、
「加入者名:アソシエ(略称)」にて受講料を一括でお支払いください。
「払込取扱票」に講座名・申込者氏名・連絡先住所・電話番号・FAX番号・電
子メールアドレス(必須)などの必要事項を記載してください。当日支払いも可。
詳細は、下記のサイトで。
http://homepage3.nifty.com/associe-for-change/study2009/study.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鳩山民主党政権は、この間、米軍普天間飛行場移設問題に対して、沖縄民衆の意志を実現する方向へと向わずに、「移設先探し」という政治の技術論に終始してきた。
しかし、普天間移設問題で問われているのは、「沖縄の米海兵隊をどうするのか」、「米軍基地をどうするのか」、「冷戦後の日米安保をどうするのか」というこ
とである。
つまり、根本にあるのは、「今日のアジア情勢の中で沖縄の米海兵隊は本当に
必要なのか」、「日米安保体制はこのままでいいのか」ということ、すなわち、日
米安保体制の今日の在り方について、根本的な見直しが問われている。

本講座は、米軍普天間飛行場移設問題を手掛かりに、沖縄米海兵隊の存在の
是非を論じ、日米安保体制の今日の在り方とその存在の是非をめぐる問題を根本的に議論する。そして、新たな反安保論の構築を模索する。
なお、各回の講義予定は、変更する場合がある。 








CML メーリングリストの案内