[CML 004063] <最終広報>●「復帰」を問う5・14集会のお知らせ〔東京〕●

加賀谷いそみ QZF01055 at nifty.ne.jp
2010年 5月 12日 (水) 12:03:57 JST


(転送・転載歓迎)

●「復帰」を問う5・14集会のお知らせ〔東京〕●
 5月4日、鳩山首相が沖縄を訪問し、普天間基地移設についての自らの公約
「最低でも県外」を覆して沖縄県民に「県内移設」を一方的に通告したことは憤
激の渦を巻き起こしています。4月25日の9万人以上が参加した県内移設反対
県民大会について彼は「民意の一つの表われ」とのべましたが、その民意に応じ
る気はさらさらありません。首相は名護で稲嶺市長に「沖縄差別」を厳しく批判
されましたが、「沖縄の皆さんに引き続きご負担をお願いする」という発言をつ
いに撤回しませんでした。
  5月12日に明らかになった「普天間移転・政府原案」は「キャンプ・シュワ
ブ沿岸部のある名護市辺野古周辺に(くい打ち)桟橋方式により1600〜18
00メートルの滑走路を持つ」基地を建設することや、「普天間飛行場の基地機
能や訓練の一部について、鹿児島県・徳之島のほか全国の自衛隊基地へ移転を拡
充する」ことなどを明記しています。
 奄美の徳之島は沖縄にとって同じ琉球弧の兄弟島なのですが、鹿児島県だから
「県外」も負担を引き受けるのだ、だから「県内移設」を容認せよというのが鳩
山首相の「腹案」だったのです。

  今年は米国が日本に沖縄の施政権を返還してから38年になります。あの「復
帰」はいったい何だったのかが、普天間問題をめぐる緊迫した情勢の下で鋭く問
われています。
 沖縄・一坪反戦地主会関東ブロックは以下の要領で、〈沖縄の「日本復帰」を
問う5・14集会〉を開催します。どうか奮ってご参加下さい。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
◆沖縄の「日本復帰」を問う5・14集会◆
―反戦・反基地闘争の現在
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
「日本復帰」・「沖縄返還」(1972年5月15日)から38年
…普天間基地は消えるか?米軍基地は消せるか!?
<講 演>「在京記者が見た沖縄の基地問題」
<講 師>滝本 匠氏(『琉球新報』記者)
<日 時>2010年5月14日(金)18時30分開場、19時開始
<場 所>中野区立商工会館・3階大会議室
(中野区新井1丁目9番1号 電話;03-3389-1181)
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」駅北口8分
http://asp.netmap.jp/map/330100919490.html
<会場費>500円
<主 催>沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
http://www.jca.apc.org/HHK/
(電話090-3910-4140 Fax047-364-9632)

★案内チラシを印刷できます。
http://www.jca.apc.org/HHK/2010/10515_aseembly.pdf



CML メーリングリストの案内