[CML 004004] アフガニスタン・カブール報告会、アフガン女性の現状と闘い、大阪

maeda akira maeda at zokei.ac.jp
2010年 5月 7日 (金) 14:04:47 JST


前田 朗です。

5月7日

転送歓迎

RAWAと連帯する会・関西の大阪報告会です。

アフガニスタン女性の闘いを日本人男性である私が「代弁」することはできませ
ん。しかし、RAWAの女性たちからは、「代弁でも何でもいいから私たちのこ
とを伝えてほしい」といわれています。

****************************

アフガニスタン、闘う女性たち

爆撃、誘拐、誤爆、自爆攻撃、アフガニスタンに関するニュースはつらいものば
かりです。そんな中、今回は国連アフガニスタン支援団最新報告書などをもと
に、現在のアフガン女性の現状、そして厳しい現実に立ち向かう元国会議員のマ
ラライ・ジョヤや、彼女を育てたRAWA(アフガニスタン女性革命協会)の闘
いについて、前田朗がお話しします。また、RAWAと連帯する会もこの3月に
アフガニスタン・カブールを訪れ、RAWAやほかの人権問題、社会問題にとり
くむ人たちと出会うこととができました。その報告もあわせて行います。ぜひと
もご参加ください。

5月15日(土)午後1時30分〜4時30分(開場1時15分)

西区民センター3階 第4会議室

  大阪市西区北堀江4−2−7

  06−6531−1400

  地下鉄千日前線「西長堀」駅7番出口

参加費:1000円(学生500円)

1部:カブール訪問報告(国際女性デー、孤児院、緊急病院・・・)

2部:講演「アフガン女性の現状と闘い――マラライ・ジョヤとRAWA」

            前田 朗

<RAWAと連帯する会とは>

 世界でもっとも貧しく、戦乱と飢餓にあえいできたアフガニスタンで、女性の
権利を求め、自由と平和を求める毅然とした闘いを続けているRAWAは、私た
ちにこの世界で生きることの本当の意味を教えてくれます。私たちはRAWAと
連帯する活動をとおして、困難に立ち向かう勇気と明日を信じる力を受け継ぎ、
アフガニスタンと日本、場所も粂件も違う中で、私たち白身を取り巻く社会を、
少しでもよくしていきたいと2004年に「RAWAと連帯する会」を結成しました。

主催:RAWAと連帯する会・関西

rawa-jp at hotmail.co.jp



CML メーリングリストの案内