[CML 003998] Fw: 辺野古浜通信

TERAO Terumi teraoter at mint.ocn.ne.jp
2010年 5月 7日 (金) 01:52:25 JST


寺尾です。

田場さんからの辺野古浜通信の転送です。

重複して受信された方には大変申し訳ありません。
お手数をお掛けしますが、削除してくださることでお許しください。

転送・転載歓迎。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 以下転送 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Subject: [appeal2005][03551] デニス・J・クシニッチ連邦
下院議員声明 (辺野古浜通信)
From: "SachikoTaba"
Date: 2010/05/08 0:16
To: <appeal2005 at yahoogroups.jp>

田場祥子です。

辺野古浜通信・・・CLOSE THE BASEより

デニス・J・クシニッチ連邦下院議員の素晴らしい
メッセージをご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日は、毎週金曜日のキャンプシュワブ・ゲート前座り込みです。
午前7時から8時まで座ります。
メッセージ・ボードを持って集まりましょう。
-----
この声明を紹介してくださったのは、ワシントン・ポストへの
広告でともに動いてくださった団体CLOSE THE BASEです。
原文はこちらの下のほうにリンクが有ります。
http://closethebase.org/
誠意に満ちた、人間と、自然を見つめ、認める一つ一つの
平易な言葉が、ただうれしい


デニス・J・クシニッチ連邦下院議員声明
『日本の人々への連帯メッセージ 在日米軍基地をめぐって』
2010年4月25日

沖縄の人々は長い間、在沖米軍基地再編に反対を表明して
きました。彼らのその強い意志は、本年初旬の稲嶺進氏を市長に
選出した選挙での圧倒的な票に明らかです。稲嶺氏は名護市に
米軍基地を建設しないとの公約で選挙運動した候補者です。

先週、私は米下院歳出委員会防衛小委員会の委員長に手紙を送り、
普天間基地に駐留する米軍海兵隊の名護市への移転計画についての
私の懸念を表明しました。海兵隊がその部隊を名護市へと
移そうとするに際し、その議論には地元住民の視点がまったく
存在していないのだ、と。

稲嶺市長の選出は、自分達の環境と暮らしを守ろうとする地元の
人々の勇敢なる闘いにおける重要で象徴的な勝利でした。沖縄の
人々の懸念が考慮されなければなりません。基地移転への彼らの
強い反対、そして新たな軍事基地建設から生じるであろう環境上、
経済上の損害を脇に押しやることはできません。その地の
海洋生物に自然の生息地を提供してきた脆弱な珊瑚礁は、地元
漁民の経済的基盤と共に脅かされています。

私は沖縄の人々の懸念が米国連邦議会の中に確実に伝わるよう
沖縄の人々の闘いを支援し、彼らの土地と環境の擁護する努力を
続けます。




CML メーリングリストの案内