[CML 003985] Re: 【2−1】「沖縄県民は鳩山打倒に動かなければ嘘だ」〜天木直人氏の認識と見解に全面的に賛同します

T.Uehara spilliaert at jcom.home.ne.jp
2010年 5月 6日 (木) 14:51:58 JST


市民運動などしない普通の一市民としてコメントします。

> ■沖縄県民は鳩山打倒に動かなければ嘘だ(天木直人のブログ 2010年5月4日)
> http://www.amakiblog.com/archives/2010/05/04/#001617

普天間基地代替地を抑止力を理由に沖縄に固定する鳩山首相と、岡田大臣、北沢
防衛大臣などその周囲の民主党政治家は、正しい情報の取得と冷静な判断のでき
ない大馬鹿者だと思います。

しかしそれ以前の自民党政治家は、対米従属を根底方針にすえ、県外移設の検討
などこの問題をまともに考えた節もなく、より悪いと思います。

ですので市民運動をしている人、あるいは日本人全体に言いたい。

少なくとも、この普天間問題で今必要なのは、誰々を倒せではなく、比較的まと
もで市民の声を比較的受け入れやすい鳩山政権に方針転換をさせる事ではないのか?

1沖縄の人は普天間代替基地を拒否している
2本土の人も代替基地を拒否している
3アメリカは米軍再編で沖縄海兵隊基地をグァムへ移す計画をもっている
4それでは国外で可能かアメリカと協議しよう

という論理的思考を行うように圧力をかけることではないでしょうか?鳩山首相
もその言葉の来歴から見れば本来的には自分の方針としては普天間基地を国外に
移したいはずです。しかし鳩山首相は「勉強した結果抑止力の点で沖縄」と述べ
ました、それは防衛官僚など今までの対米従属体制の中で権利を保ってきた人た
ちから海兵隊=抑止力という誤った考え方を「吹きこまれた」という事でしょう。
 鳩山首相は本来的には正しい、しかし今は誤った考え方を吹きこまれた結果
「誤った情報と偽の安全保障の固定観念」に染まっていると見るべきでしょう。


であれば国民の立場から「正しい情報の取得と冷静な判断」を鳩山首相に求める
以外ないのではないでしょうか?


T.Uehara(CMLの一読者)


CML メーリングリストの案内