[CML 003952] 鳩山さん、辺野古沿岸に桟橋滑走路を? 幾らなんでもそれはないでしょう。

TERAO Terumi teraoter at mint.ocn.ne.jp
2010年 5月 4日 (火) 14:56:59 JST


寺尾です。

今日初めて沖縄を訪問した鳩山さんが仲井真知事と会い、
全て県外へは現実的に困難、徳之島への基地機能の一部移転と
現行修正案(辺野古沖桟橋案)に協力を求めました。
( http://www.nhk.or.jp/news/ )

一方、日本側の移設案について、日米の外務・防衛実務者による
協議が防衛省で行われているとのことです。
( http://www.nhk.or.jp/news/html/20100504/t10014233011000.html )

これは許されないことです。日米合意を先にして、沖縄にその結果を
押し付ける、これが鳩山さんの本音なのでしょうか。

鳩山さんのこれまでの公約を認めるとして、
先ず鳩山さんが行うべきことは、沖縄県以外に普天間基地移設を
受け入れる県を探すことです。そのうえで、受け入れる県が
どうしてもないのであれば、国外移設をアメリカに求めること、
さらに、それでもアメリカが沖縄や日本国内に固執するのであれば、
日米安全保障条約の解消をアメリカに伝えるべきです。
この条約の第十条後段には「いずれの締約国も、他方の締約国に対し
この条約を終了させる意思を通告することができ、その場合には、
この条約は、そのような通告が行なわれた後一年で終了する」
とあります。

以下に、抗議の意思を伝えましょう。

首相官邸
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
民主党 電話:03-3595-9988(代表)
https://form.dpj.or.jp/contact/
民主党本部「国民の声」係り:<FAX> 03-3595-9961

私たちの意思を、行動で示しましょう。以下「辺野古への基地建設を
許さない実行委員会」からの要請です。私も参加します。

◆普天間基地の沖縄県内移設を許さないため、
5・7首相官邸前行動にご参加下さい!!
         辺野古への基地建設を許さない実行委員会

 5月4日、鳩山首相が沖縄を訪問します。4月25日の
沖縄県民大会が9万人以上の参加で大成功し、「県内移設反対」の
民意があれほど鮮明に表明されたにもかかわらず、彼は自らの
「最低でも県外」の公約をかなぐり捨てて、何が何でも普天間基地を
名護市辺野古に移転しようとしています。今回の沖縄訪問が
仲井真県知事に「県内移設」の容認を迫るためであることは
明らかです。
  鳩山首相が強要しようとしている計画は、2006年に日米間で
合意したキャンプ・シュワブ沿岸域案の「修正案」ですが、それは
辺野古沖の浅瀬に数千本の杭(くい)を打ち込んで桟橋を作り、
その上に1800メートルの滑走路を建設するというものです。
建設が強行されれば、杭の打ち込みでサンゴ礁生態系が破壊され、
陽光の遮断によって海草(うみくさ)藻場が消滅してジュゴンの
食料が絶たれます。「くい打ち桟橋工法」は埋め立てと変わらない
深刻な海の破壊をもたらします。

 5月7日(金)、以下の要領で鳩山首相に「沖縄の民意に応えよ」
と要求する首相官邸前行動を行ないます。どうかふるって
ご参加下さい。心から訴えます。

【行動予定】 ● 5月7日(金)午後6時半から 
             ● 集合場所 国会記者会館前
 交通アクセス 地下鉄:丸の内線・千代田線「国会議事堂前駅」
            下車すぐ
※ この日は、鳩山首相に沖縄の民意に応えることを求める
緊急署名の提出も行ないます。

 辺野古への基地建設を許さない実行委員会
    ・連絡先 090・3910・4140
URL: http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/NNBJ.html




CML メーリングリストの案内