[CML 003915] Re: Re【改題】: 増本亨 追悼講演会〜あなたを忘れない 一周忌によせて

田口 hantenno at m10.alpha-net.ne.jp
2010年 5月 1日 (土) 11:29:38 JST


佐藤さん、お久しぶりです。
 反 玄海原発プルサーマル運動においては、互いに知り合いになって
横のつながりがじわじわと広がっています。それが希望です。
 原告になって頂けるとのこと、お気持ちありがとうございます。是非、
事務局に連帯と励ましのお言葉をかけてやって下さい。連絡先は次の
とおりです。
genkai at khe.biglobe.ne.jp

 4月29日で原告数は下記の通りです。少し増えました。
● 原告 104名
 佐賀県  59
 福岡県  30
 長崎県  9
 鹿児島県 4
 宮崎県  1
 大分県  1

 熊本県が空白です。1と0の比は、百万と一の比よりも大きゅうございます。
つまり宮崎県と大分県の一人というのは大きい。
 地球をリンゴとすると、300メートルと皮はどっちが厚いでしょうか。
皮は動かないけど大地は動いています。
 100万年も管理し続けねばならない燃えかす。日本列島は3万年前は
島になっておらず大陸とつながっていたんですよ。誰が管理しているのかな、
500年後。九州電力(株)がまだあるかな。管理費用はいくら? 誰が出すの?
 いま九州の仲間の間で忌野 清志郎さんのある歌が流行っています。
「暑い夏がそこまで来てる」で始まる『サマータイム・ブルース』という歌です。
下記で聴けます。歌詞の下の方にある画面の中の▽印をカチ(クリック)
すると歌と動画が出ます。  田口
http://protestsongs.michikusa.jp/japanese/summertime.htm

----- Original Message ----- 
> 山梨の佐藤袿子と申します。田口さんの、活動家はひとつのことに熱心でなかなか横 
> 
> の連携が上手くいってないのではないかとのメールを読み、確かにそういう面もある 
> 
> かもしれないけど、皆さんの努力で少しは回りに影響を与え横のつながりを作ってい 
> 
> るのではないでしょうか?
>
> 私もなかなかすべてのメールは読みきれないし、自分の理解できる範囲のことで精一 
> 
> 杯ですが、プルサーマル原子力発電所は、核兵器に変換可能で、将来核兵器を日本が 
> 
> 持つことも視野に無理やり稼動させようとしていると聞いたことがあります。
>
> どちらしても、人間の手に負えないものを扱っていることは同じです。地下300
> メートルに核廃棄物を埋めるとニュースで聞いたことがありますが、地下に埋めても 
> 
> 地球を支配できない人間ですから、自然の力にはかないません。
>
> とりあえずの便利さともうけのために制御不可能な物質を作り出すことはやめて、日 
> 
> 本でいえば、森を育てて間伐材を昔のように燃料にするようなやり方も採り入れない 
> 
> といけないと思います。
>
> 科学を発達させることは大切ですが、そこに人間の良心が入らないと思わぬ落とし穴 
> 
> に自らを追い込むことになるでしょう。佐賀県の知事が会わないとか信じられないこ 
> 
> とがいっぱいあるのですね。
>
> 今からでも、原告団の二次募集をするのであれば、九州地方在住ではありませんが、 
> 
> 日本全体の問題でもあるので、原告になりたいと思います。よろしくお願いします。 
> 
>
>    佐藤袿子
> ----- Original Message ----- 
> From: "田口" <hantenno at m10.alpha-net.ne.jp>
> To: "市民のML" <cml at list.jca.apc.org>
> Sent: Friday, March 26, 2010 2:44 PM
> Subject: [CML 003488] Re: Re【改題】: 増本亨 追悼講演会〜あなたを忘れない  
> 
> 一周忌によせて
>
>
>> 東本さん
>>
>>  唐津の人達が何かの加勢に行ったという話をちょろっと聞いたことが
>> ありましたが、そういう立体的つながりがあったのですね。
>>  社会活動家には、自分が取り組んでいる問題には一所懸命になるけど
>> 他の問題には関心を持たない人が多いように私は感じています。各問題の
>> 根っこは同じだから皆が手をつなげば効果テキメンだと思うのですが、
>> 人と人とはなかなか結びつきませんね。プルサーマル裁判ひとつとっても
>> 同様です。
>>  工学技術では名案がいろいろ出されて発展してきたのに人間社会
>> そのものは五濁悪世のままですよ。何か良い考えはありませんかねえ、
>> コロンブスの卵みたいな。アナキズムこと無支配主義に鍵がありそうな
>> 気はするのですが。
>>  囲碁だと、味方の石が全部連絡したらまず負けることはありません。
>> その時は平面に置いてあるはずの石のつながりが立体的に見えてきます。
>> 増本 亨さんの活動は立体的に感じられました。
>>  CMLにおける東本さんの御努力も私には立体的に見えます。なかなか
>> できることではありません。
>>  投稿にお返事を度々いただいて、問題が大きいからそのまま無沙汰して
>> しまいます。よく調べてからと思っているうちに時機を逸してしまうのです。
>> 頭の中に書きかけの投稿が埃をかぶっています。  不尽
>>
>> ----- Original Message ----- 
>> From: "higashimoto takashi" <taka.h77 at basil.ocn.ne.jp>
>> To: "市民のML" <cml at list.jca.apc.org>
>> Sent: Thursday, March 25, 2010 12:45 PM
>> Subject: [CML 003473] Re【改題】: 増本亨 追悼講演会〜あなたを忘れない 一
> 周忌によせて
>>
>>
>> > 田口さん
>> >
>> > 増本亨さん(当時、佐賀県議会議員)とは5年ほど前の大分県佐伯市にある大入 
>> > 
> 島埋立反対闘争の
>> > ときに現地でお会いしたことがあります。増本さんは三浦正之さん(当時、唐津 
>> > 
> 市議会議員)、阪本登
>> > さん(唐津市)、荒木龍昇さん(当時、福岡市議会議員)、足立力也さん(コス 
>> > 
> タリカ研究家)とともに
>> > ご一緒に来られて、同埋立反対闘争のために佐伯市議会議員選挙に出馬した大入 
>> > 
> 島在住の女性の
>> > 応援をしてくれました。増本さんはその後もおひとりでこの選挙期間中に3度ほ 
>> > 
> ど応援に駆けつけてく
>> > れました(このとき私は同選対の事務局長なるものを引き受けていました)。
>> >
>> > 私が増本さんの早すぎる死を知ったのはずっと後のことで、葬儀に出席すること 
>> > 
> はかないませんでし
>> > た。いささか私的にMLを流用しているきらいがある点についてはなにとぞご容 
>> > 
> 赦いただきたいので
>> > すが、このCMLの場をお借りして最後まで市民運動家として活動された増本亨 
>> > 
> さんの心からのご冥
>> > 福を祈らせていただきたいと存じます。
>> >
>> > 増本さんのお人柄を知る者のひとりとして。不一
>> >
>> >
>> > 東本高志@大分
>> > taka.h77 at basil.ocn.ne.jp
>>
>>
> 



CML メーリングリストの案内