[CML 004508] Fw: 【緊急セミナー】ODA改革〜国会に市民社会の声を(6/16@衆議院議員第2議員会館)

TERAO Terumi teraoter at mint.ocn.ne.jp
2010年 6月 12日 (土) 21:17:48 JST


寺尾です。

以下、FoE(地球の友)からのメールを転送します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

件名:【緊急セミナー】ODA改革〜国会に市民社会の声を
(6/16@衆議院議員第2議員会館)
差出人:FoE Japan
送信日時:2010/06/12

皆様

FoE Japan/メコン・ウォッチの満田です。

ODAをめぐる一連の提言に、皆様からの連名を頂きまして
ありがとうございました。外務省は6月中旬に、
ODA見直しに関する方向性ペーパーを発表する予定で、
岡田大臣が打ち出したODA見直しは、
今山場を迎えようとしています。
一方で、日本企業支援のため、海外の鉱山や原発周辺の
インフラ事業にODAを積極的に活用すべきという
経済界や政界からの声は大きく、中進国向けODAも
拡大していく動きがあります。過去のODAが物語る
開発の負の側面は、なんら教訓化されていない状況です。
FoE Japan、メコン・ウォッチは、下記の緊急セミナーを
開催します。環境社会問題や汚職問題を生み、
全額返済されたタイのサムットプラカン汚水処理事業など
3事例を取り上げます。

東京近郊の皆様、ぜひ会場に足をお運びください。
国会に、市民社会からの声を届けましょう。

転載・転送歓迎です。
=================================================
【緊急セミナー】
ODA改革〜過去の検証を通じて未来へ
6月16日(水)17:20〜18:45@衆議院議員第2議員会館
=================================================

厳しい財政状況の中、また、途上国における乱開発の弊害が
加速する中、ODAはもはや「額」をつみあげる時代ではなく
「質」を追求する時代となりました。外務省は現在、
ODAの見直しを進めていますが、抜本的な改革のためには
過去のODAの検証およびそこからの教訓の反映が欠かせません。
このたびODA改革に向けた緊急セミナーを開催します。

■日時:2010年6月16日(水)17:20〜18:45
■場所:衆議院第2議員会館 第3会議室
住所:東京都千代田区永田町2−1−2
(最寄駅:東京メトロ  国会議事堂前駅 永田町駅)
 http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm
■プログラム
1.開会あいさつ〜新時代のODAに向けて
2.ODA見直しに向けた最新情報〜外務省による「見直し案」の検証
3.過去のODAを検証する

○事例1:タイ・サムットプラカン汚水処理事業
 〜全額返済に至った「環境」ODA
 環境ODAとして実施されたが、重金属を含む工業廃水を
  処理する能力のない設計や高額な運転費用、事業地選定に
  まつわる汚職が大きな社会問題に発展し、工事が中断。
  その後JBIC融資分全額が日本政府に返還された。

○事例2:フィリピン・ボホール灌漑事業〜活かされなかった教訓
 灌漑予定地に水が届かず、農民が借金を負う事態に発展。
  同一河川における一連の事業であったが、課題・教訓の把握が
  十分になされず、10年以上も未解決の問題、また、繰り返し
  起きている問題が見られる。事業仕分けにおいて、
  甘い評価体制が指摘された。

○事例3:マレーシア・パハンスランゴール導水事業
 〜中進国向けの巨額ODAと審査
 パハン州にあるケラウ川からセランゴール州及び首都の
  クアラルンプールに、1日に18.9億リットルもの水を
  導水トンネル45km・パイプライン8kmにより導水する大事業。
  中進国向けに820億4000万円という最大規模の借款が、
 優遇金利によって供与された。

4.ODA改革に向けた提言 
5.議論

■主催:国際環境NGO FoE Japan、メコン・ウォッチ、
「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、
日本国際ボランティアセンター、ODA改革ネットワーク(予定)
■入場無料
■問合せ先・申込先:
 一般参加者は下記までメールにて,柑疚勝↓△棺蠡亜
 O⇒軅TEL、は⇒軅E-mailをご連絡下さい。
衆議院第2議員会館1Fで参加証を配布します。遅れる場合は
申込時にご連絡下さい。
 E-mail:finance at foejapan.org
 国際環境NGO FoE Japan(清水)
                tel: 03-6907-7217  fax: 03-6907-7219




CML メーリングリストの案内