[CML 004375] 神戸・南京をむすぶ会訪中ご案内

hida yuichi hida at ksyc.jp
2010年 6月 3日 (木) 10:22:02 JST


神戸学生青年センターの飛田です。複数のメーリングリストに投稿します。重複
して受け取られる方には申し訳ありません。
案内は、http://ksyc.jp/nankin/201008houtyuu.pdf
申込用紙は、http://ksyc.jp/nankin/201008mousikomi.pdf
でもごらんいただけます。
今年は、上海万博もあり飛行機の手配に早く名簿が必要です。
できるだけ早く申し込みをお願いします。

==============================================================================
神戸・南京をむすぶ会&兵庫在日外国人教育研究協議会主催
南京・延吉、「尹東柱」、龍井、白頭山フィールドワークご案内

第14次訪中団/2010年/(A)8月13日〜20日(7泊8日)/(B)8月13日〜17日(4泊5日)
------------------------------------------------------------------------------
●Aグループ
。厳遑隠各(金)10:20関空Gカウンター前集合、関空MU534便12:20→南京13:40<泊>南京
■厳遑隠監(土)南京フィールドワーク<泊>南京
8月15日(日)南京追悼集会、<泊>南京
ぃ厳遑隠尭(月)南京⇒北京 CA1584便 15:00/16:55
         北京⇒延吉 CA1613便 20:05/21:50 <泊>延吉
ィ厳遑隠憩(火)フィールドワーク(一松亭、龍井、明東村、尹東柱の墓、延辺大学、延辺市内ほか)<泊>延吉
Γ厳遑隠呼(水)延吉→白頭山登山(山頂近くまで車でいくことができます)→延吉 <泊>延吉
В厳遑隠稿(木)フィールドワーク(延吉→図們→琿春→延吉)
延吉⇒北京 CA1616便 17:50/19:55<泊>北京
┌厳遑横案(金)北京MU525便09:55→関空15:45
●Bグループ
。厳遑隠各(金)10:20関空Gカウンター前集合、関空MU534便12:20→南京13:40<泊>南京
■厳遑隠監(土)南京フィールドワーク<泊>南京
8月15日(日)南京追悼集会、<泊>南京
ぃ厳遑隠尭(月)上海フィールドワーク<泊>南京
ィ厳遑隠憩(火)南京から関空
旅行代金(A)201,000円(大学生 171,000円、高校生141,000円、含空港税・燃油費)
    (B)138,000円(大学生 123,000円、高校生108,000円、含空港税・燃油費)
    旅行保険4000円の加入をお勧めします。
    一人部屋希望者は(A)30,000円、(B)20,000円追加です。
    ※東京発着もできるようにする予定です。追加料金等については、お問い合わせください。
旅行手配  蠖生猷變旅行社 兵庫県知事登録旅行業第3-408号  TEL 078-391-5185 FAX 332-4458
締 切 日  2010年7月12日(月)裏面の申込み用紙をFAXまたは郵便でお送り下さい。
     合わせてパスポートの関連事項記述部分のコピーもお送りください。
※	大学生の特別枠、大学生・高校生の参加費を軽減するために募金を募っています。ご協力をよろしくお願いします。
       送金先<00930-6-310874 神戸・南京をむすぶ会>
主  催 神戸・南京をむすぶ会&兵庫在日外国人教育研究協議会
申込み先 神戸・南京をむすぶ会 〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1 神戸学生青年センター内
      ホームページ http://ksyc.jp/nankin/ e-mail hida@ksyc.jp
TEL 078-851-2760 FAX 821-5878 http://www.ksyc.jp/nankin/ e-mail hida@ksyc.jp

<呼びかけ文>
 今夏、第14回目の訪中をいたします。神戸・南京をむすぶ会は、97年、南京・淮南、98年、南京・撫順、99年、南京・太原・大同・北京、00年、南京・ハルビン、01年、南京・蘇州・杭州、02年、南京・重慶、03年はSARSの関係で訪中できませんでしたが、04年、南京、大連、旅順、05年、南京・済南・青島、06年、南京・無錫・石家荘・天津、07年には8月に南京・武漢、12月には記念館リニューアルオープンの南京、08年は、南京・瀋陽・長春、昨年(09年)は南京、牡丹江、虎頭、虎林をたずねました。いずれも日本がかつて侵略したところですが、そこで侵略の跡地を歩き幸存者(中国では日本軍の被害にあいながらも幸いにも生き残った人々をこう呼んでいます)や研究者からお話を伺いました。
 05年より、神戸・南京をむすぶ会と兵庫在日外国人教育研究協議会の共催プログラムとして実施しています。日程は2グループあり、全日程参加のグループ(A)は7泊8日、南京中心のグループ(B)は4泊5日です。今年は、関空から南京直行便で行くことにしました。成田発着をご希望の方は、ご相談ください。
 南京では、南京大虐殺の跡地をフィールドワークします。そして中国の人々と侵華日軍南京大虐殺遇難同胞紀念館での恒例の8・15集会に参加し、幸存者の証言を聞きます。
 Aグループの訪問する延吉は延辺朝鮮族自治州の中心地です。抗日運動の地であり尹東柱の生地でもあります。ロシア、北朝鮮の国境地帯もフィールドワークします。Bグループは、今年は南京でのフィールドワークに集中します。
(今年は、大学生2名を特別枠(参加費5万円のみ)でご招待します。参加した
い気持ちを書いた作文をお送りください。むすぶ会事務局で選考して2名を選び
ます。基本的に全日程のコースです。締め切りは7月5日、ふるって応募くださ
い。)

---------------------------------------------
飛田雄一  HIDA Yuichi    神戸学生青年センター 
http://www.ksyc.jp  hida@ksyc.jp
Kobe Student Youth Center
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
3-1-1Yamada-cho, Nada-ku, Kobe ,657-0064 JAPAN
TEL +81-78-851-2760 FAX +81-78-821-5878
hidablog  http://blog.goo.ne.jp/hidayuichi/



CML メーリングリストの案内