[CML 005147] 緊急アピール:パレスチナ人民には生きる権利がある!(JPMAメルマガより転送)

Yasuaki Matsumoto y_matsu29 at ybb.ne.jp
2010年 7月 31日 (土) 01:28:06 JST


パ ┃レ┃ス┃チ┃ナ┃最┃新┃情┃報┃100730
 ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛JPMAメルマガ

---緊急アピールの紹介---

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■□パレスチナ人民には生きる権利がある!□■
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

フランス誌ディアローグ・レビュー編集長のJ.P.Barrois氏はじめ、世界でパレ
スチナの現状を何とかしたいという20人の人たちが発起人となって、緊急のア
ピールを出しました。
日本パレスチナ医療協会は、その趣旨に賛同し、奈良本英佑代表名で賛同のメー
ルを送りました。
以下にアピールの英文とその和訳を掲載します。

趣旨に賛同される方は、英文アピールをペーストして、J.P.Barrois氏
 j-p.barrois at wanadoo.fr
へその旨ご返送ください。


-----以下和訳(JPMA訳)-----

■□パレスチナ人民には生きる権利がある!□■

To All People of Conscience,
To All Supporters of Human Rights

良心ある友人の皆様へ
人権を擁護する皆様へ


悲惨な歴史の中にあって、パレスチナの人々は今も闇の時代を過ごしている。ガ
ザでは、イスラエルによる封鎖とエジプトのムバーラク大統領が築いた壁に取り
囲まれ、150万人以上の人々が、文字通り監獄に閉じ込められ、自由を奪われ
た囚人のような生活を強いられている。EUと米国も実は共犯者としてこれを支え
ている。

西岸では、あの恥ずべき壁の建設によって、さらなる土地が奪われている。壁は、
家族をばらばらにし、そこにあったあらゆるものを破壊していった。西岸では、
700カ所以上にものぼる軍事検問所、そしてパレスチナ人が通行を禁じられてい
る道路で満ちあふれ、パレスチナ人の通行は妨げられている。ガザと同様、住民
は壁で囲まれ閉じ込められ、失業と貧困が以前にも増して広がっている。何百世
帯ものパレスチナ人家族にとって、家の立ち退きは日常茶飯事だ。とくに、エル
サレムではなはだしい。これはすべて、新しい入植地建設のために起きているこ
となのだ。

西岸でも、ガザでも、警察と軍隊の襲撃で、パレスチナ人が逮捕され殺害されて
いる。また、イスラエル国内のパレスチナ人は、人種的・社会的な差別と隔離、
絶え間ない土地収用や民族浄化という恐ろしい脅威と向き合って生きている。
中東諸国やその他の世界に追放された離散パレスチナ人たちは、いつ帰還権が認
められるのか、まったく展望を持つことができない。
彼らは、あらゆるものを破壊され、土地を奪われ、国民となる(国家を持つ)権
利も、家族とともに尊厳を持って暮らすという基本的な権利も、当たり前の生活
を送る権利も奪われ続けている人たちだ。

数十年もの間に試みられた、あらゆる「和平構想」も「安全保障構想」も、パレ
スチナ人民がひとつになるという基本的な権利に背を向けたまま、結局、新たな
暴力を生み、彼らの民族統合をいっそう破壊しただけだった。
状況はますます緊迫している。世界に向け、声を大にしてはっきりと、次のこと
を訴えていくことが緊急に必要だ。

第一、パレスチナ人民の破壊をやめよ。

第二、パレスチナ人青年たちは、自由に息をし、生きていく権利を持っている。
彼らは未来に対する権利を持っているのだ。

民主主義を断固として支持し、すべての民族の尊厳ある生を生きる権利を確固と
して支持する私たちは、民主的な国際世論に訴える。私たちは、こんなことが起
こり続けることを許さないと。私たちは、人々が存在することさえも脅かされて
いるのに、何もせず何も言わずに、ただ見過ごすことはできない。このことは、
問題解決に関する私たち個別の意見がどのようなものであるかにかかわらず言え
ることだ。

パレスチナ人民が強いられた離散を告発するに加えて、私たちは、すべての地球
上の人民と同様、パレスチナ人民にも、尊重されるべき政治的・経済的・社会的
な諸権利があることを、ここにあらためて主張しなくてはならない。

一、 パレスチナ人民に対する封鎖は、解除されなければならない。

一、 パレスチナ人の移動の自由は、保障されなければならない。

一、 壁や有刺鉄線は、除去されなければならない。

一、 パレスチナ人の故郷への帰還権は、彼らにとって絶対的なものである。

一、 土地と国家に対する権利は譲り渡すことのできないものである。

私たちは民主的自由、人権、人類文明に対して揺るぎない信念を持つすべての
人々に対して本気で訴える。私たちとともに声を上げてほしい。「パレスチナ人
民には生きる権利があるのだ!」と。


発起人(Initial endorsers)


-ルイーザ・ハヌーネ (アルジェリア労働党書記長)
-ダニエル・グルックシュタイン(国際労働者人民連絡委員会、コーディネー
 ター)
-サラーハ・サラーハ(パレスチナ民族評議会議員)
-アブデルマジッド・シディ・サイード(アルジェリア総労働組合UGTA書記長)
-カネ・モフタール(モーリタニア自由労働組合連合書記長)
-ムハンマド・ベワーフ(新世代労働者組合書記長)
-デンバ・ディオップ(アフリカ労働組合機構副書記長)
-べラミネ・エヌギオジェ(セネガル民主労働組合)
-オシリス・オヴィエド・デ・ラ・トッセ(ジュネーブ世界労働組合連合代表)
-トーレ・サグノン(労働総連合書記長、ブルキナ)
-ムハンマド・ハリーファ(パレスチナ労働者総同盟副書記長、1967年占
 領地(パレスチナ)
-ジャン・ピエール・バロワ(ディアローグ・レビュー編集長)
-ジョー・マリノ(英国BFAWUパン職人食料労働者連合書記長)
-ロバート・イルミンガー(サンフランシスコ地域内陸船舶労働者連合/ILWU)
-モナデル・ヘルザッラー(アラブ・アメリカン連盟評議会)
-ジャック・ガーソン(オークランド教育協会 カリフォルニア)
-アラン・ベンジャミン(オーガナイザー編集長 カリフォルニア)
-フランチェスカ・ローサ(労働組合員 カリフォルニア)
-マーサ・マモセーレ・モソアング(レソト労働組合議会)
-セトンドシ・アヌーヌー・フロレンティン(ベニン 労働者連盟国民連合 
 UNSTB)

申し込み用紙

ジャン・ピエール・バロア(JP Barrois)まで返送してください。
     j-p.barrois at wanadoo.fr

Jean Pierre Barrois   87 rue du Faubourg-Saint-Denis 75010 Paris, France
 -


[ ]私はこの請願を支持します

名前
所属団体
住所
Eメール


-----以下英文アピール-----


**** The Palestinian People must live. ****


To All People of Conscience,
To All Supporters of Human Rights

Once again in the course of their tragic history, the Palestinian people
 are living dark times.

In Gaza, more than 1.5 million people are literally being held prisoner
jointly by the State of Israel's blockade and the wall built by Egyptian
 President Mubarak, with the complicity of the European Union and the
United States.

In the West Bank, a wall that is truly a wall of shame has confiscated
still more land, separating families and destroying everything in its
way. In this territory rife with over 700 military check-points and
roads forbidden to Palestinians, as in Gaza, the population is enclosed,
 and unemployment and poverty keep soaring. The evictions from their
homes of hundreds of Palestinian families (particularly in Jerusalem)
are on the daily agenda, and all this is taking place to allow for the
building of new settlements.

In Gaza, as in the West Bank, police incursions or military actions arre
st or kill Palestinians. Within Israel itself, racial and social segrega
tion, permanent threats of expropriation and ethnic cleansing rain down
on the Palestinian people.

The Palestinians who have been dispersed into exile in numerous states
throughout the region and all around the world are denied any perspective
 of enforcement of the right of return.

They are a people who are being destroyed, who are deprived of their
land, of their right to a nation, of the elementary right of the dignity of
 families, of the right to a normal life.

For decades now, turning their backs on the recognition of the
elementary rights of the Palestinian people to the unity of all their
components, all the " peace " and " security " plans have only led to
renewed violence and a worsening of the breaking up of that unity.

The situation has become urgent. It is urgent that voices be raised
around the world to say loud and clear:

* Stop the destruction of the Palestinian people!

* Palestinian youth have a right to breathe and to live! They have a
right to a future!

We -- who remain staunch advocates of democracy and the right of all
peoples to live in dignity, no matter our respective opinions on the
solutions to be provided, -- call on international democratic opinion:
We can't allow this to go on happening. We can't let a people be
threatened in their existence whilst nothing is done, nothing is said.

Over and above the dispersion in which the Palestinian people find
themselves, we must reassert that, just as all peoples of the earth, the
 Palestinian people have political, economic and social rights that must
 be respected.

- the blockade against the Palestinian people must be lifted,

-free circulation for the Palestinians must be guaranteed,

- the walls and the barbed-wire must be taken down,

- the right of return for all Palestinians to their homes is indivisible,

- the right to the land and to the nation is inalienable!

We solemnly call on all those who hold firm to democratic freedoms,
human rights and human civilisation to unite with us and say:
The Palestinian people must live!

Initial endorsers

- Louisa Hanoune, General Secretary, Workers Party of Algeria,
- Daniel Gluckstein, Coordinator, International Liaison Committee of
 Workers and Peoples ,
- Salah Salah, Member Palestinian National Council
- Abdelmadjid Sidi Said, General Secretary, General Union of Algerian
 Workers (UGTA),
- Kane Mokhtar, General Secretary, Union of the Free Trade Unions of
 Mauritania,
- Mohamed Bewah, General Secretary, Union of the New Generation of
 Workers,
- Demba Diop, Deputy General Secretary, of the Organisation of African
 Trade Unions,
- Belamine N'gioje, Democratic Workers Union of Senegal,
- Osiris Oviedo de la Tosse, Representative, World Trade Union
 Federation in Geneva
- Tole Sagnon, General Secretary, General Confederation of Labour,
 Burkina.
- Mohamed Khalif, Deputy General Secretary, General Union of Palestinian
  Workers - 1967 occupied territories (Palestine),
-Jean Pierre Barrois, Editor, Dialogue Review
-Joe Marino General  Secretary Bakers and Foodworkers union BFAWU   UK
-Robert Irminger,  Vice Chair, San Francisco Region-Inlandboatmen's
 Union/ILWU
-Monadel Herzallah, Arab American Union Members Council
-Jack Gerson, Oakland Education Association, California USA
-Alan Benjamin, editor  The Organizer, California,USA
-Francesca Rosa, trade unionist California USA,
-Martha Mamosehle Mosoang,Lesotho trade union congress
-Setondsi Anounou Florentine, National Union of Workers Trade unions in
 Benin  (UNSTB)

ENDORSEMENT COUPON

To be returned to JP Barrois      j-p.barrois at wanadoo.fr

[ ] I endorse this appeal

Name
Union/Organisation
City
Country
Email

Jean Pierre Barrois   87 rue du Faubourg-Saint-Denis 75010 Paris, France -

......................................................

★このメルマガは無料です。メルマガ配信を希望される方、
 送信先を紹介してくださる方、不要な方、突然メルマガが途切れた方は、
 いずれもご遠慮なくjpma at keb.biglobe.ne.jp までお知らせください。

●このメルマガは自由にご転送ください。


***********************************************
日本パレスチナ医療協会
Japan Palestine Medical Association (JPMA)
発行人:奈良本英佑
編集人:奈良本英佑・長沢美沙子・森和信
E-mail : jpma at keb.biglobe.ne.jp
Home Page :  http://www7b.biglobe.ne.jp/~jpma/
TEL: 090-2167-4802
住所:〒272-0816 千葉県市川市本北方2−6−5
***********************************************
------------------------------------
パレスチナ連帯・札幌 代表 松元保昭
〒004-0841  札幌市清田区清田1-3-3-19
TEL/FAX : 011−882−0705
E-Mail : y_matsu29 at ybb.ne.jp
振込み口座:郵便振替 02700-8-75538 
------------------------------------ 


CML メーリングリストの案内