[CML 005100] 朝鮮学校の「高校無償化」問題を考える学習討論集会

李 杏理 haengri at hotmail.co.jp
2010年 7月 27日 (火) 22:30:54 JST


みなさまこんにちは
8月3日午後6時より一橋大学にて
「朝鮮学校の「高校無償化」問題を考える学習討論集会」を開催します。
今、みなさまの声と活発な議論が求められています。
どうぞご参加下さい。

 
朝鮮学校の「高校無償化」問題を考える学習討論集会

日時 8月3日(火)午後6時より
場所 一橋大学東キャンパス東1号館1201教室
主催 「高校無償化」措置を朝鮮学校に適用することを求める大
学教員の会
入場無料(資料代300円)

本年4月1日、「公立高等学校に関わる授業料の不徴収及び高等学
校等就学支援金の支給に関する法律」が施行されました。4月30
日には施行規則に基づきこの法律が適用される外国人学校のリスト
が告示されましたが、朝鮮学校はこのリストから依然除外されたま
まです。3月18日、私たちは「高校無償化」措置の朝鮮学校への
適用を求める要請書を、1000名にのぼる大学関係者の署名とと
もに文部科学省に提出しました。内閣が変わり、参議院議員選挙を
経て、文部科学省内の「専門家会議」で朝鮮学校の処遇が決定され
る時が迫るなか、私たちは再度、朝鮮学校の「無償化」措置からの
排除に反対し、「国際人権規約」「子どもの権利条約」に明記され
た民族教育の権利、すべての子どもの学ぶ権利の平等性を保証しう
る教育支援制度の確立を求めて声を挙げていきたいと思います。本
集会では、植民地支配からの解放を希求した在日朝鮮人民族教育の
歴史を学び、「高校無償化」に関する法律の諸問題について理解を
深め、初等から高等にいたる全教育体系の真の国際化と多民族共生
社会の実現のため、私たちが今後取り組むべき課題をめぐって学習
と討論を深めていくことを目指します。急なご案内で恐縮ですが、
多くの方々にご参集いただければさいわいです。

第一部   講演

   「歴史克服・在日状況・そして民族教育」 高演義(朝鮮大学校
 客員教授)

第二部   報告

「高校無償化」法の構造と問題点 米田俊彦(お茶の水女子
大学教授)

第三部 発言と討論
 		 	   		  
_________________________________________________________________
Hotmailがサクサク動く! フィッシング詐欺も怖くない
http://o.jp.msn.com/ie8/


CML メーリングリストの案内