[CML 005038] Re: 非戦つうしんミディア500ー1  

上野良治 ueno at godo-shuppan.co.jp
2010年 7月 22日 (木) 11:32:03 JST


前略
毛利先生

ご無沙汰いたしております。
ご健勝のことと存じます。

非戦通信のご配信ありがとうございます。

貴重な情報の配信、大変参考になります。

1)非戦の立場からの論考、情報の配信、貴重な営為、今後ともよろしくお願いいたします。
2)国内のモデル、海外の先進例の検討。反戦・反核、社会福祉、環境、教育、農林水産業などの領域で。

熱暑の時候、くれぐれもご自愛ください。

合同出版/上野良治



> ■500号記念読者アンケート■
> 2004年4月のイラク人質事件における、政府・メディア挙げての自己責任論
> の喧伝とこれを受けた世論「高揚」に危機感を持って
> http://www.lcv.ne.jp/~mourima/10.4.18yokusiryoku.pdf
> 始めた「非戦つうしん」が、
> 6年余り続いて500号となりました。
> これも、時々寄せられる「読んでますよ」「見てますよ」との励ましのおかげです。
> そこで、これを記念してアンケートを実施します。27日までにお願いします。
> 第1問  「非戦つうしん」へのご意見・ご感想
> 第2問  今の時代を前に進めるために最も大切と思われることを一つだけ
>       あげて下さい。
> どちらかだけでも結構です。今後ともよろしくお願いいたします。
>
>
> ■ラベンダー・レンゲツツジ・オオヤマレンゲ・アズマシャクナゲ
> http://www.tabinet-jp.com/weekly_phot/blog/
>
> ==================================================
> 毛利正道   mouri-m at joy.ocn.ne.jp
>                  http://www.lcv.ne.jp/~mourima/
> 〒394-0028岡谷市本町2-6-47 信州しらかば法律事務所
> tel0266-23-2270 fax0266-23-6642 携帯090-4096-7065
> ==================================================
> できましたら、このつうしんが届いた機会に、
> http://www.news-pj.net/
> をご覧下さい。特に、論評欄にご注目を。
> http://www.news-pj.net/comment/
> □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
> 奄美・徳之島にも、沖縄・辺野古にも、米軍基地をつくらせない
> 第2次アピール署名運動にご協力下さい!
>
>  奄美・徳之島にも、沖縄・辺野古にも、米軍基地をつくらせない市民の会
>      ブログのURL http://kitinosimin.cocolog-nifty.com/blog/
>
> ◆賛同の期限 2010年8月31日(火)
> http://list.jca.apc.org/public/cml/2010-July/004860.html
> ?
>
> □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
> 【辺野古でみ生息している新種?の海藻を発見!】
> 普天間「移設」で絶滅かも?
> http://atsukoba.seesaa.net/article/156690947.html
>
> ■辺野古「埋め立て」に回帰 「くい打ち桟橋」方式は断念
> http://www.asahi.com/special/futenma/TKY201007140577.html
>
> ?
>
> □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
> 日本軍「慰安婦」問題の立法解決を求める緊急120万人署名
> 最終締め切りは、8/15
>
> ネット署名
> http://www.jca.apc.org/ianfu_ketsugi/120.html
> 署名用紙
> http://www.jca.apc.org/ianfu_ketsugi/120.pdf
> ?
> □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
> 朝鮮戦争を終わらせるための全米発の国際署名運動
>
> 朝鮮戦争を終わらせるための全米キャンペーンは、朝鮮半島の恒久平和をもたらす
>   ような米韓政策を促進するために運動している数名の主導的な韓国系米国人、
>   退役軍人、人権団体が一緒になって取り組んでいる運動です。
>   我々の目的は、米国と北朝鮮の間の和平条約締結により、1950年-1953年の朝鮮戦争
>   を最終的に終了させることです。
> http://www.anatakara.com/petition/campaign-to-end-the-korean-war.html
> ?
> □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
> 死刑に関するNGO共同声明賛同署名募集 27日まで
>
> 無実を叫びながら死刑を執行された福岡事件や菊池事件、飯塚事件、
> さらに冤罪を主張しながら獄中死させられた帝銀事件や三崎事件など、死後再審
> の請求がいくつも申し立てられています。しかし、再審を申し立てている事件は
> ごく一部です。多くの冤罪の疑いのある死刑確定者が刑を執行され、あるいは現
> 在も死刑確定者として拘置されている可能性があります。今こそ死刑の執行停止
> を宣言し、死刑制度を含む日本の刑事司法制度の抜本的見直しを行うことが必要
> なのです。
> 昨年、全世界で死刑を執行した国は18カ国でした。死刑を行う国は減少を続け
> ており、世界の7割の国ぐにが死刑を廃止しています。
> http://list.jca.apc.org/public/cml/2010-July/004863.html 
>
> ?
> □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
> 米中央軍の新司令官: 「アラブ人を殺すのは快感」
>
>  アメリカのゲーツ国防長官は7月8日、ジェイムズ・マチス大将を米中央軍(セントコム、US Central
> Command, or CENTCOM)の新司令官に指名した。
>
> ゲーツはさっそく、2005年のカメラ取材について弁解せざるをえないハメになった。そのインタビューで
> は、マチスは次のように発言していたのだ。「実際のところ、戦うのはすごく面白い。まったく、喝采もの
> だ」。
>
>  「アフガニスタンに行ってみたまえ。そこには5年間も女をこづまわした奴らや、人間性のかけらもないヤツ
> がいるんだ。だからそんな連中を射殺するのは、すごい快感だ。」
> http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/20100708_afp.html
>
> ?
> □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
> アムネスティの北報告書は時代遅れ」WHOが批判
>
> 【ジュネーブ16日聯合ニュース】国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルが15日に公表した北朝
> 鮮の医療現況報告書について、世界保健機関(WHO)が「科学的根拠もなく時代遅れの主張」だと批判してい
> る。WHOのガーウッド報道官は16日の記者懇談会で、アムネスティの報告書は北朝鮮を離れた脱北者の証言
> に基づいており、2001年以前の状況を伝えたもので非科学的だと指摘した。
>
>  WHOがこうした敏感な反応を見せるのは、報告書の内容が4月末に北朝鮮の医療施設を視察したマーガレッ
> ト・チャン事務局長の評価とまったく異なるため。チャン事務局長は訪朝後の4月末、スイスでの記者団との電
> 話会見で「北朝鮮の医療状況が大きく改善していたことが印象的だった」と評価した。北朝鮮住民のワクチン接
> 種率上昇、病院内感染率の下落などを挙げながら、「北朝鮮の医療状況が2001年以降良くなかったのは事実
> だが、ここ数年間で非常に良くなった。北朝鮮は医師や看護師など医療陣が多く、他の開発途上国もうらやんで
> いる」と説明していた。
> http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2010/07/16/ 
> 0300000000AJP20100716003700882.HTML
>
> ?
> □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
> イランを攻撃するためにアメリは準備しつつある(修正版)
>
> アメリカはイランを攻撃するために今色々準備しているようです。
> 例えば、387本のバンカーバスター(地中貫通爆弾)をインド洋にある
> ディエゴガルシア島に設置しました。
> オバマ政権はどんどんディエゴガルシア島にある兵器を増やしています。
> もしイランで戦争があった場合は、イスラエルも
> 戦争に貢献出来るように準備しています。
> http://list.jca.apc.org/public/cml/2010-July/004920.html
> ?
> □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
> 政府は、アフリカ・ソマリア沖での海上自衛隊による海賊対処活動に補給艦を新たに派遣し、外国艦船への洋上
> 給油を行うことの検討を始めた。
>
> 北沢防衛相は、政府が海賊対処行動の1年延長を決定した16日の記者会見で、「補給艦についてはいろんな要
> 請を承っている。法整備等もあるから、研究を進めていきたい」と述べた。
> http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/world/asia/20100720-567- 
> OYT1T00606.html
>
> ?
> □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
> 前進する中南米
>
> エクアドル:債務返済の鎖を裁ち切り 新しい持続的な社会へ向けて
> ●開発のための融資は本当に役に立ったのか
> ●債務支払いのための石油開発から
>  持続的開発のためのヤスニ提案へ
> http://cade.cocolog-nifty.com/ao/2010/06/post-8522.html
>
> 共産主義者が首都市長に就任:ウルグアイ(100709)
> http://la-news.cocolog-nifty.com/lanews/2010/07/5246100709-b48b.html
>
> パナマ:バナナ労働者の大規模ストライキに対する弾圧
>  パナマ西部、ボカス・デル・トロ県のチャンギノーラで4000人以上のバナナ農園労働者によって、7月2日から
> 大規模なストライキが行われた。
> http://cade.cocolog-nifty.com/ao/2010/07/post-a744.html
> ゼネストには、六つの労働組合全国センターがすべて参加。労働運動の強い建設業では労働者の95%が職場を
> 放棄しました。公立学校では教員の90%がストに参加したとされています。
> http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-07-15/2010071507_02_1.html
>
> 中南米地域会議が各国に要請
> 女性の地位向上 緊急に
> http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-07-18/2010071801_03_1.html
>
> 「米国援助の新基地反対」
> 平和団体「覇権意図明白だ」
> ホンジュラス
> http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-07-20/2010072007_02_1.html
>
> ?
> □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
> ボリビア政情不安についての但し書き
>
>  2009年4月、米国のオバマ大統領は中南米の大統領を前に、「平和を増進するには歴史の教訓から学ぶべき
> だ」と表明した。だが、先のホンジュラスのクーデタのときに米国政府が示した態度からすると、中南米への介
> 入の時代はまだ閉じられていない。しかも、それは時として予想外の形で現れる。
>
> 南方の近隣諸国の自立解放志向を抑え付けるために、米国は経済という「アメ」と軍事介入という「太いムチ」
> を使ってきた(このムチはホンジュラスのクーデタの際に思いがけず新調された)。だが、それだけにはとどま
> らない。これらの諸国では、進歩派政府の進める再分配政策によって「アイデンティティ」を脅かされていると
> する地方エリート層が、独立を要求する動きが見られる。そうした要求を支持することが、米国の手法の一つを
> なす。この戦略は1980年代初頭にニカラグアで(1)、最近ではボリビアで使われている。
> http://www.diplo.jp/articles10/1006-2.html
> ?
> □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
> 中国から見た日本「失われた20年、不景気と政治不信の悪循環」
>
> 中国網日本語版(チャイナネット)は13日、「中国から見た日本『失われた20年、不景気と政治不信の悪循
> 環』」とする記事を掲載した。
>
> 日本はこの先、短期間に景気が回復する可能性は大きくない。そのため国民は政治不信に陥り、この2、3年で日
> 本の政治が安定に向かう可能性は少ない。要するに最初は経済レベルの問題だったが、政治レベルの問題にな
> り、そして社会問題に変わった。社会問題はさらに不景気や政治不信、内向的社会、落ち込みを招く。
> http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi? 
> y=2010&d=0715&f=politics_0715_001.shtml
>
> ■酷評ばかりではありません 日本の低炭素戦略成功の秘密
> http://japanese.beijingreview.com.cn/ztjl/txt/2010-07/15/ 
> content_285029.htm
>
> ?
> □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
>
>
>



CML メーリングリストの案内