[CML 004971] (再送2)7.23【東京】緊急企画学習会◆稲嶺市長を先頭に新基地建設を許さない闘いを続ける名護市政の現状

加賀谷いそみ QZF01055 at nifty.ne.jp
2010年 7月 17日 (土) 01:27:34 JST


(転送・転載歓迎)

【東京】緊急企画学習会

稲嶺市長を先頭に
新基地建設を許さない闘いを続ける
名護市政の現状
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
【日 時】7月23日(金)18:30〜
【場 所】中野区立商工会館・3階大会議室
東京都中野区新井一丁目9番1号 TEL03-3389-1181
JR・東京メトロ「中野駅」北口からサンモール商店街を直進、
早稲田通りに出たらそれを横断してちょっと右へ。駅から徒歩7分。
http://asp.netmap.jp/cgi-bin/browse.cgi?P=Ax4KYzEDOQoNP2BCFVYoBHo.
【講 師】仲村善幸さん(ヘリ基地反対協・事務局長、名護市議会議員)
【参加費】500円
【主 催】沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
TEL:090-3910-4140

◇9月の名護市議選を前に、6月定例議会では「辺野古促進決議」策動や久辺3
区でも錯綜した基地建設賛否の動きがあり、いずれも11月の県知事選に重大な
影響を与える様相を呈しています。
◇これは、5月28日の日米共同発表や8月と言われる「工法決定」がどうあろ
うと、この一角を崩せば辺野古基地建設が可能になると考えられているためです。
◇埋立権限は県知事にあります。世論を敵に回して埋立許認可をすることがない
ように、周到に基地建設へ持っていこうとしていることを意味します。仲村市議
はこのことを警戒しています。その実情を聞きましょう!

★案内チラシを印刷できます。
http://www.jca.apc.org/HHK/2010/10723bill.pdf 


CML メーリングリストの案内