[CML 004933] 新刊 永田浩三『NHK、鉄の沈黙はだれのために――番組改変事件10年目の告白』

maeda akira maeda at zokei.ac.jp
2010年 7月 14日 (水) 10:41:11 JST


前田 朗です。

7月14日

サイテーな奴と思っていたら、東京高裁でキッチリ証言した永田さんが、当時の
出来事や背景を含めて詳細にあきらかにしてくれました。

ざっと読みましたが、当事者でなければ知らないこと、TVディレクタ・プロ
デューサーでなければわからないことを、とてもわかりやすくきちんと説明して
います。当時の関係者の「人間模様」も。そして、ご本人の猛省と涙も。よくぞ
書いてくれました。

*
*************************************

永田浩三『NHK、鉄の沈黙はだれのために ――番組改変事件10年目の告白』
(柏書房)

http://www.kashiwashobo.co.jp/

政治家たちの圧力によって、従軍慰安婦問題を正面からとり上げた特集番組の内
容が改ざんされた「NHK番組改変事件」。発生から10年の月日が流れたい
ま、事件の核心を知るプロデューサーが事件の真相を告白。

永田浩三(元NHK チーフ・プロデューサー)
1954 年大阪市生まれ。東北大学教育学部教育心理学科卒。日本放送協会(NHK)
入局後、ドキュメンタリー・教養・情報番組のディレクター・プロデューサーと
して番組制作に従事。2006 年、NHK アーカイブスエグゼクティブ・ディレク
ター。2009 年に退職、現在は武蔵大学社会学部教授。



CML メーリングリストの案内